2016年11月12日

携帯型コンプレッサー

もう、先週のこととなりますがサイクルモードに行きましたです。

イベントとしてはいつものとおり疋田氏のプレゼンを観るのを目当てにしてました。
今年の話題の中心は「電動アシスト」。やっぱり乗って使っているからこそ出てくる言葉があり、不思議とハンドバイクとでも共感できたのが自分としては嬉しかった。

で、講演が終わり、これといった目当てもなくグルグル散策。ぐるぐるぐるぐる

一つ気になった商品が。
2016-11-04-21-43-12
商品となぜかチョコをくれた。(^^)

聞けばコンプレッサー。
小型で、USB充電式、 音も静か、指定空気圧で停止する。
といったもの。
2016-11-08-06-38-19

2016-11-08-06-39-04

継続時間としてはマウンテンバイクのタイヤを3本入れることができるとのこと。

ただし、ロードバイクに使用される空気圧までの出力が出せないそうで、それは来年春以降の予定らしい。
ちなみにweb紹介記事はこちら>サンスポ cyclist
Facebookなどのコメントでも、どうだろうかといった懐疑的なものが目立つ。

でもね、これがまた車いすに使いやすい。
ここがフロアポンプを使える(体重をかけられる)健常者感覚との差であり、電動アシストと同様、身体機能を補うことにニーズが発生すると考えてくれないのかな?とサイクルモードと福祉機器展の間にある溝を感じてしまうのである。

コンセントにつながなくていいのはストレスが低いし、モバイルバッテリーでも充電できるのはまさにケータイ感覚。充電後も6ヶ月も持つそうな。

記事にもあるようにイベント会場ではなんと4割引。
久しぶりに良い買い物ができた感覚が嬉しかった。

tetchin01 at 11:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

2016年11月02日

パラクリテリウム in NARITA

明日、いよいよ第1回が開催されますね。
42

(出典元:(株)テレウスUD http://www.terreus.co.jp/index.html
(画像元:http://www.terreus.co.jp/02_event_news/eventdetails/narita2016.html


エントリーは閉め切っていますが、見て回るだけでも十分な発見があると思います。

スタート時間など詳しくは下記リンクから。(再掲)
http://www.terreus.co.jp/02_event_news/eventdetails/narita2016.html


今年は車いすレーサーとも走るとか楽しみ半面、ジャパンパラサイクリングカップが他所で行われる、残念な展開。

近い将来、融合できることを期待したいです。


とはいえ、どちらも、がんばってください!(^^)/





(自分は体調不良でどちらも行けないノデ。(T-T))

tetchin01 at 06:28|PermalinkComments(2)TrackBack(0) ハンドバイクのある風景 

2016年09月24日

交通

image


気になって、このイベントに行きました。

基本姿勢は、歩行者+公共交通 vs 自家用車。

会の最後にシニアカーからパーソナルコミュニティについてのコメントが出たものの・・・
徒歩で歩く街づくりと、公共交通期間を「つなぐもの」が”何か”なのかを直視しできなければ進展は無いだろう、と感じた。

それは自転車だろうし、シニアカーだろうし、たぶんハンドバイクまで抽象のレベルは下がってくるはずだろう。

ハンドバイクなんて知らなかった、フル電動(和名、改良型ハンドル型電動車いす)があるだなんて知らなかった。では済まない時代がもう目の前、いや、空港の水際までくらいは来ていることを認知しなければならないだろう。

非障害者(=健常者)の考えだけではどうにもならないところに来ていることを早く認知して欲しい。

ちなみにこのイベント、車いすは自分一人。これが現実の比率なのだろう、か。

タイヤ、ホイール、車輪これらを使うことは進化であり、何かの代替をさせている表れである。
代替されて手に入ったものは付加価値であり、
移動という時間だったり、
苦労という労力だったり、
移動という空間だったり、
移動が目的として考えてしまうと解が違うであろうと思われる。

横浜で言えば、水陸両用バスを採用したことが移動だけでなく、観光を目的にしていることがそれを証明している。

横浜の地域性としての丘陵地帯(いわゆるイルカ丘陵)としての南部地域を捉え、究極の目標としての自動運転を考える前に、何を自動させることを必要としているか?

できないことをできるようにする。

この解を求めて、初めて交通を考えることができるのではないか?そのように感じてならなかった。

tetchin01 at 22:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

2016年09月19日

勉強会

「平成28年度自転車ネットワーク形成に向けた勉強会」
主催:金沢自転車ネットワーク協議会
平成28年9月17日

たまたま見たコミュニティでの書き込みで知ったイベント。
そしてたまたまホテルも取れ、新幹線も取れてしまった。
これは行かなくては、ハンドバイクで現地を走らなくては。
DSC_0119


事前に見た資料によれば整備を進めているのは新幹線を挟んで金沢駅より東側。
ではまず反対側の西側を行こうとクランクを回すと。

あら?

IMGP0003


お?

IMGP0001


予想に反して、自歩道の自転車レーン、それも相互通行、視覚分離のみ。
あれれ?金沢市って自転車フレンドリーじゃない?

IMGP0006 2


幹線道路に出てもこんな幅員。
バスやトラックが来ると肩身が狭い。

気を取り直して反対方向、ホテルへ向かう。
やっと出ました道路標示。これを見てやっとホッとした。
DSC_0122



2日目。
勉強会開始。
DSC_0137


DSC_0138


質疑応答の時間。

挙手の場で質問した。
これらの整備に対して自転車横断帯は今後どの様になって行くのか、と。
でも、これが有ると無いとでは管理する方も利用する方も方向性が曖昧になるだろうと思う。
あまりに多い自転車横断帯、やはりこれは走らないとわからなかった。
会議や勉強会、講演の時にできるだけハンドバイクを持ってくる意味はここにある。
そして答えは「住民等の意見を伺いながら決めて行く」とのこと。

私見では首都圏の1周前かな?と感じた。


次に事前意見への答えとして、「3輪自転車」についての質問を取り上げた。
実はこれも自分が送った質問を他の質問と組み合わせて取り上げてもらえた。
その答え「普通自転車にこだわらず今後考えていきたい」

心の中で小さくガッツポーズ。

これのため、これがために、ここまで来た。
やはりそれが伝わった。

ただ、金沢市も右往左往しているようで、上の自歩道や今回の法定外表示もあれば、次のような表示もあった。
DSC_0147

これはちょっと2段階右折はやりづらい。

DSC_0150

自歩道の法則に真っ向から矛盾する車いすマーク。



ただ、今回見てきた法定外表示。聞けば幹線道路ではなく、細街路(住宅地などの細い道路)を中心に整備を進めている、とのこと。そこだけ聞けば京都市と同じだ。
DSC_0155


ただ、開けて日曜に走ってみてわかった。
幹線道路は動かない。観光客、バス、買い物客。
全く動かない。

これはを細街路に抜けると、あれ、走れる。
表示がある。
自動車がクラクションしない。

そうか、これが目的であり、結果なのか。
後は地下道のような表示があればうれしいが、ネックは「景観」らしい。

「景観」になりうる「誘導表示」が生まれることを願いたい。

最後はお愉しみ。
DSC_0135
DSC_0146
DSC_0153
2016-09-19-11-43-20


追記、雨のパンク。これは悲しい。
DSC_0151


tetchin01 at 19:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ハンドバイクのある風景 

小さな交通

小さい交通で始めるマチづくり ネクストモビリティ・バザール2016 in かるいざわ
主催:ネクストモビリティ・コミュニティ

平成28年9月3・4日 軽井沢町 風越公園総合体育館で行われたイベントにお邪魔しました。

DSC_0106


IMG_0129


IMG_0120


これは乗用車以上を「大きな交通」と捉え、それ未満の機械をどのように利用していくのかを考えるコミュニティです。

続きを読む

tetchin01 at 19:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ハンドバイクのある風景 

最近の出来事

なかなか書けませんでした。

まぁね、パラリンピックも閉幕したことですし、更新しないと。
ということで。(無関係)

自分にとってはモビリティと自転車に関係する2つのイベントに参加させていただき、ほんの2歩分だけ前進できたのかなと感じています。

一つ目、
 小さい交通で始めるマチづくり ネクストモビリティ・バザール2016 in かるいざわ
 主催:ネクストモビリティ・コミュニティ
 平成28年9月3・4日

二つ目、
 「平成28年度自転車ネットワーク形成に向けた勉強会」
 主催:金沢自転車ネットワーク協議会
 平成28年9月17日

次号以降。

tetchin01 at 19:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

2016年09月07日

合理的配慮

image
(出典元:BIKE TOKYO 大会概要


image
(出典元:SPORTS ENTRY 東京夢舞いポタリング)

この対局は興味深い。
スタート、ゴールが同じ。
かたやハンドバイク(サイクル)が不可、かたやハンドバイク可。

主催者側の最大の目的は無事にイベントを終了させること。

すなわち、安全。

続きを読む

tetchin01 at 21:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 | ハンドバイクのある風景

2016年08月11日

【事務連絡】

残念ですが諸般の事情により、今年のシマノロードのハンドバイクエキシビジョンの参加を見送ります。
参加される皆様につきましてはイベントの成功を祈っております。
でわでわ

tetchin01 at 22:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

2016年06月27日

後輪

このレースのハンドバイクは、なぜ後輪が20インチの小さめの機体しか出ないのだろう?

惰性、旋回性、その他。

何が違うのだろう?



tetchin01 at 22:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

2016年06月21日

ネクスト・モビリティ・コミュニティ 第1回勉強会

タイトルのイベントに参加しました。

(配布資料から引用)
13497808_1231824140193433_5416364625665474120_o(2)

注目はここ、

「シニアカー」「電動アシスト」「自転車」
これらを足した延長線、【将来可能性のある領域】と。

これは何のことはない、ハンドバイクそのものだ。

では、そのカギを握っているは誰かといえば、
ハンドバイクユーザー、そのものだ。

むかしに似たのを描いたのを思い出した。
2011年のことだったのか、年取ったわけだ。w
(再掲)
歩行者と車両


(元記事>歩道通行 http://hbj.blog.jp/archives/50676399.html

ぜひ、ガラパゴスではないパラダイスが訪れて欲しいものだ。

tetchin01 at 01:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 車いす補助車等(仮称) | 日記