2016年06月03日

自転車学校

先日、TCF(Tokyo Cycling Federetion)の主催するインストラクター講習会に参加しました。

DSC_0656


行われたのはまさに学校の跡地であり、懐かしい机が並んでいます。

さて、インストラクターというのも、非障害者の特にお子さんたちが自転車に乗れるようにする、と言う内容のもので、それを見るのが目的です。

以前、傍聴してきた横浜市自転車総合計画のなかでも、自活研でも、子どもの教育が言われます。
では、何をどうすることが教育なのか?それを知りたいと思っていました。
午前の座学でその答えがわかります。

ほめる教育。

もしかしたら一番苦手なのかもしれません。
ほめるよりもダメと言うことの方が多くなり過ぎたのかもしれない、そのように感じました。

それでも、大人たちがどのようにほめるか、声を出すか、誘導するか、それを四苦八苦しているうちに目には見えない一体感を感じられてきます。

その結果、笑いに変わり、楽しいと感じるのが不思議です。
その、楽しいを伝えることができることこそが自転車教室に必要なのだと感じました。
いや、他のスポーツでも同じなのかなと。

DSC_0659


DSC_0661


DSC_0667


スラローム、一本橋、急制動、内輪差とメニューが進みます。
実際に受講者となり、受講者目線での体験をしたり、指導者として役割や、補助の仕方を確認します。

結局スラローム以外のメニューは全部見学としてしまいましたが、パイロンの置き方の工夫なども体験として学べたことがよかったです。

そして、これらのメニューをハンドバイクに落とし込むにはどの様にすることができるのか?
見学だけで済ませてしまったということは適応性が低いのだと判断したことな訳で、、、、。

行おうとしているイメージは「乗れない自転車を乗れるようにする」です。
言い換えれば「できないことをできるようにする」。
ならば「ハンドバイクでできないことは何か」これが答えでしょう。

そして、座学で学んだことを当てはめるとイメージができました。
「危険をあらかじめ知らせる」です。

ハンドバイクが走れなくなり、危険につながること。

例えを考えます。

(1)最小回転距離が長い → 小回りが利かないことを知る。
  ●スラローム、8の字、コーナーリング

(2)止まっても倒れない → 倒れそうになったら起き上がれないことを知る。
(3)同上        → 慣性による転倒を知る。
  ●停止位置での補助されながら模擬の転倒

(4)同上        → ブレーキの制動距離が長いことを知る。
  ●急制動(フルブレーキング)

(5)空転を停められない → 登り坂の限界を知る。
  ●急坂の体験

スキルを学ぶといったところでは、こんなところでしょうか。
なんとなく走れてしまう、というのが逆に問題なのかも知れません。

もし、ハンドバイクで今回受講したような乗り方教室があった場合、その成果とは何か?

そのことに関係できるのか不明ですが、最近見た動画で、レッドインパルスなるものがありました。



これはもしからたら、速く走ること以外の新たなハンドバイクの愉しみ方になるのではないか、そんなふうに感じます。

tetchin01 at 05:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ハンドバイクのある風景 | 日記

2016年05月24日

ガードレール

ひととき、

ガードレールなんてモノがあるのは日本だけ。

という言葉を聞き、それがバイクレーンを見て体験しなくては自分の意見として言うことはできない、ということで海外まで出掛けたことを思い出す。

しかし。

イギリスの動画。



車道から分離されたバイクレーンが整備されつつあるよう。

これが全域になるのか、重点区域だけになるのかはわからない。

それでも、バイクレーンには歩行者を寄せ付けないようにする柵がある。

結局、こういうことなのか。
ハンドバイクじゃ走りにくそう。

ロンドンじゃさすがにハンドバイクはいないのか?
障害学にもアメリカ的考え方と、イギリス的考え方があるらしい。

ハンドバイク的視点。
もしや世界をひっくり返すことができるのかもしれない。

しかし、まだそこまで学習の手が回っていないのが歯がゆい。

tetchin01 at 12:02|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 車いす補助車等(仮称) | ハンドバイクのある風景

共存

オランダの動画。

ぱちぱちぱち、と自転車イベントのセレモニーの模様。



へぇ、車いすの人もいるんだ、と。
やっぱハンドバイク?と思いつつ

43


あらあら、すごいカーゴバイク。
と、その裏で
02


やはり。
それもフル電動、フレームからBATECのものと思われる。

20




あちらでは既に共存した社会になっている!?

まだまだできること、しなくてはならないことが沢山ある。
ということだろう。

tetchin01 at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ハンドバイクのある風景 

2016年05月22日

シンボルマーク

自転車を袋に入れて公共交通期間を使うことを輪行と言う。
どうやら日本だけの分からしい。

ならばその文化に対するシンボルマークを作る事ができれば立派な輸出できる資源となりうるだろう。
漫画やイラストを描く人の自転車乗りが多いのだから手を取って取り組んだらおもしろいだろうに、そう思う。
いやはやもったいない。

天城越え路線、自転車持ち込みOK サイクリング人気で /静岡
http://mainichi.jp/articles/20160520/ddl/k22/040/075000c

54


記事で「車椅子利用者いる場合を除く」とあるしそう状況もわかる。

けど、何かが引っかかる。

どうせ滅多に車椅子利用者なんていないし、なんてつぶやきが聞こえる気がしてならない。
事実、そうだと思う。

たぶんこの魚の骨が刺さった感覚は、シンボルマークの表示と同等の表示がされないまま、自転車が積載されている絵から受ける、感情的な印象だろう。

車いすトイレに掃除道具が並んでいる。

昔よく見た風景が重なって見えた。
これが常識化してしまうと、シンボルマークの意味が陳腐化してしまい、非障害者が持つ意味が変わっていくと思う。

ヒステリック?

でも、この記事から受ける印象として、同等の権利が感じられない、これがモヤモヤしている気持ちだと思う。
ちょうど障害学のことを調べていたからか、真逆な印象を受けた。

自転車のことを考え、ひと席分だけ潰してつり革を増やしたけど、はみ出してしまうため、除外の項目を入れた。
まずは自転車の積載もできる事を表示した。
たったこんな対応があれば、「どーぞどーぞ」と見守る気持ちにもなれるのだけど。

タイヤの上にイスがある。
むしろ、同じ事なんだと当事者目線で思ってもらえたと。
そしてなにより、ハンドバイクをつけた車いすが利用できる、ここまでで同等なはず。

危惧するのは、じゃあ車いすマークのところは便利そうだからちゃっちゃと使っちゃえー、とばかりにたがが外れてしまうこと。かも

路線バスに車いすマークがついたその歴史を知ったとき、どう感じるのだろうか。

医療モデル、施設モデルから、社会モデルへ。
変わるためるには変えなくてはならないだろう。







tetchin01 at 08:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ハンドバイクのある風景 

ハンドバイクと障害学と

image

関連する本、3冊目。
この春の差別禁止法に関連して調べるうちに障害学の言葉に触れ、調べるも、まだ自分の中で消化しきれていない。

それでも、この中に自分が求めている答えも眠っているだろうはずで、その答えに行き着きたくて気が急いでいる。

だからと言っても小説を読むように流す事も調べる意味がなくなりそうで、やっと1章。

今までの自分の人生のほとんどを占めていた「障害福祉」を逆から捉え直し、「社会モデル」の思考から捉える。

人に障害があるから、生活しにくい、
から
社会に障害を感じるから、生活しにくい。

考え方の根底はそれであるけど、自分では腑に落ちても果たしてそれが社会全体のことなのか?

白人の脊髄損傷、無意識の理想像も存在し得る。

ハンドバイクを含めた
パラサイクルができる事、
パラサイクルにしかできない事、
パラサイクルでもできない事。

1) 交通社会の中の自転車、
2) 自転車の中のパラサイクル、
3) パラサイクルを利用できるかできないか。

障害学を調べることは、あくまで、ハンドバイクを中心にして、社会と障害の間にあるモヤモヤしたものを手に掴むようにできる道具になるかもしれない。

当事者が、

この後に続く言葉が後の章にあるのだろう。

tetchin01 at 01:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ハンドバイクと障害学と 

2016年05月05日

ラインを超えて

イイネ

なんでこうかっこ良くみえる(聞こえる)のだろう。

言語の理解不足のせいか。
何かが脳内変換されているのか。

tetchin01 at 22:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 動画でどーだ 

弦駆動



その名も lightweight string drive.
どうせなら回転クランク型にしてくれたら、もう少し運動性能が上に見えると思う。

車いすとの組みつけはSWISS TRACKと同じようだ。

一つの道具として楽しそう。

とりあえず、2輪版はこんな。


また、エンドの形状が特殊なこととBB周りの構造も特殊な加工も必要そう。
その半面、ストリングの色を選んだり、予備を用意したり、また別な楽しみも広がる。

要は物欲。

tetchin01 at 22:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 動画でどーだ 

2016年04月27日

工場見学



わかる人にはわかる、萌え具合。

連休前に心の栄養。

tetchin01 at 05:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年03月27日

障害学

2016-03-27-00-49-04

生き方が、学問になっているとは知らなかった。
今は昔、障害者になりかけていた時は医学書しかなかったから、生活と同期しなかった。

Nothing about us without us

ADAとか権利条約とか、頭の奥に溜まっていたドロドロしていたものが言語に変換されて吐き出されていく感覚。

まだまだ読み始めたばかり。
知る知らせるのその次に学ぶ。
それこそ、当事者だからこそ学べることがある。

tetchin01 at 00:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

交換

2016-03-21-10-13-50

キャスター交換。
なかなか、よろしい。

去年の福祉機器展で見たやつ。
ただ、高さが足りない。
全部の地上高を下げる調整した。

それでもこれは多分にスタンダードになる。
あとはオシャレさが欲しいかな。

tetchin01 at 00:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記