2005年08月

2005年08月22日

理想的な走破性4

時期遅れての夏休み。
ちょっとした旅行ということで、福島まで行ってまいりました。
渓流探しに里山にでも入ろうかとも思っていたのですが、釣果が欲しく管理釣り場いわゆる釣堀にいきました。

白河フォレストスプリングってところですが、ここに限らず管理釣り場はたいていは砂利びきです。
今まではそれでも何とかこなしてましたが、今回からは新兵器LOMO-Bikeの登場。それはもう、快適快適。

場内の移動は草の生えてる野原でも、砂利道でも、感覚的にはアスファルトとなんら変わらないです。
土手の坂を上るのにえいやっと助走をつけて、なんて考え方できるのはまさにならではって感じでした。

今まではこういう砂利の駐車場までのたいしたことない距離でも往復は一度だけと考えて、あまり移動せずに窮屈に思うことが多かったのですが、LOMOがあると、つける動作は一段階あるけど、休憩として車やその他の場所を歩き回われるので、より楽しめました。

要はバギー化ですね。JW-IIと組み合わせられれば最強ですね。
これからは帰れないような所まで行かないように気をつけなければ。(笑)

tetchin01 at 22:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0) LOMO-Bike