2008年11月

2008年11月17日

まえばし自転車フェスタ その2

ロングライドのイベントに参加して感じたことを幾つか。

先ずは、これはおいらにだって覚えのあることだから仕方のないことだけど、スタート時に走り方の確認がされることがなかった。
手信号、左通行、併走不可。家族連れもいたことであるわけで、走りなれていない人もいるのであるから、どうせなら安全走行のプレゼンがあっても良いんじゃないかと思った。

いよいよスタート。
さらに会場からスタート地点の端の上までみんな押して歩き、グループごと順番に出発。おいおいおいおい、いきなり橋の歩道を颯爽と走リ出した。偽善者として言わせてもらえば、これって速すぎない?(*_*)

すぐに4車線道路を渡る交差点の信号。
あらら点滅して変わちゃった。っておい、いくらグループのケツから追うように後発していたのがはぐれそうだからって、こどもたちが順番に信号待ちしている前をスタッフが信号無視して走っていくなー。

信号も渡り終え、いよいよ走行開始。
いくつか橋をくぐるため下ったり上ったり。やばいハンドサイクルの欠点が如実に現れ、ちびっ子うに抜かされる。(^^;)

ようやく平坦な道のり。
しかし、途中小さな丸い砂利を固めた路面が登場。おいらこの舗装、大っ嫌い。漕げなくなるし、ブレーキも利かない。雨でさらに滑る。こけろと言わんばかりの嫌な舗装だけど、何事もなく通過。

しかしさっきから、き、気になる。スタッフとちびっ子のお父さんが楽しそうに"道いっぱい併走"してる・・・。それを見てか自然にか、こどもたちもいつの間にか2列に道を塞ぐようにジグザグ走り出した。
ダ、ダメだ。衝動が抑えられない。「ごめんねーちょっと抜くねー」とちびっ子を抜き、スタッフと親の間に入り込んで言ってしまった。「やっぱり、こんなイベントなんだし併走はよくないと思うんですけど。」ヘタレが正論を説いてしまった。

その後、本当は元のグループだったはずの前グループに追いつくようにペースを上げたら、ホールから異音がしてくるし、さらに、おいらがぶら下げていたキーの束を落としてしまい、それを追いついてきたちびっ子にとってもらったりして、結局ちびっ子たちと同じ元に位置に戻ったのであった。(^^;)

引き返し地点でしばしの休憩。
それから復路へ、今度は上り気味の道のり。やばい、たち漕ぎのちびっ子たちに置いていかれるっ。ここまで来るともう必死。

徐々に離され、少し間があて居たはずなのにみんなが止まってる。やべー待たせたのかな?とか思い込んだら、ちびっ子2人と大人一人がこけたとの事。
大丈夫かよーと、思えばここはあの心配していた舗装のところ。たぶん見栄えよく蛇行させていたせいで、そこを曲がりきれずにハイサイド起したのであろう。

おとうさんの前輪のVブレーキの具合が悪くなったとのこと。むむむ、スタッフと一緒になって対処してみると、ニップルが錆び腐ってこけた拍子にスポークが抜けてしまっていたのであった。よくよく見ると”J”の自転車だった。昨日、疋田氏の本で読んだばっかり。本当にこうなるんだ、と実感。

なんとかみんな復旧して、再スタート。その後もどんどん離され(笑)最後尾でマイペースに走り、元の橋に。車道から颯爽と、と思ってもガードレールに切れ目がない。仕方なく歩道を。おいらの決めで歩道は急いでいても10km/h。伴走してくれたスタッフは口にはしなかったけど「さっきまであんなに飛ばしていたのに」って不思議だったろうな。

ホール直前の広場に入るスロープ。
公園とかによくある石敷きの下り。やばい、3輪とも滑るーーーっと、ぎりぎりレンガ面に乗り、助かった。(*_*)

でも、こんな路面。重大な欠陥だと思う。雨が降るから滑りやすい?なんで歩行者が通りそうな道に限ってこう滑りやすい造りなんだ?
いやいや、整備した道なんだから、雨が降っても滑らない”安心安全な道”であるべきだと思う。降雨の災害時にだってここ使うんだろうに。いいのか?これで。

さらに、最後尾で走ったことで新たな発見。
ちびっ子たちは大人(親)の走り方を良いも悪いも含めて、それが最適なのだろうと全て合わせて付いていくということを。これが彼・彼女達の視界幅なんだろうな。
親が右によって走ればちびっ子も右に、親が立ち漕ぎすれば同じタイミングでちびっ子も立ち漕ぎし、親がケツを浮かせばやっぱり真似して決を浮かす。
ずっとそれを見ていたら、いとおし過ぎてたまらなくなった。

それを見ていて思った。なぜ子供たちは正義の味方が好きなのか。そしてやっぱり一番身近に居るヒーロー・ヒロインは無条件に”親”がその役割を果たしているのだな。ということを。
そんなことわざわざ言葉にすることはないし、親でもないおいらがよそ様の子に対してそんな事言える立場ではないけど。

でも、コト自転車に対してだけであれば、安全運転教室だなんて子供たちだけに教育ということでルール・マナーを押し付けるのは無責任だと思う。ヘルメットにしたってそうだと思うし。
先ずは大人が見本として教育を受け子供たちを安全に導き、そして子供も教育を受け場合によっては大人もその姿から安全とは何かということを学ぶべきだと思う。

一応、これがおいらの”大人の宿題”の答え。
でも、この答えは一つではないし、終わりもない。将来の子供たちのため、ずっと考え続ける必要もある、と思ったのであった。

でわでわ

tetchin01 at 21:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Hand Bike | 日記

まえばし自転車フェスタ5

11月16日群馬県前橋市で行われた「まえばし自転車フェスタ」へ行ってきました。開会式とそこで行われた疋田氏の公演の風景を、ちょこっとだけですがどうぞ。

前橋開会式【開会式】のあいさつ。








前橋スタート【ロングライド】この後、おいらはロングライドへと出発したのであった・・・が、16インチハンドサイクルなんてトロいので参加したため、皆に遅れまいと漕ぎまくることで精一杯で写真が取れなかった。(^^;)





前橋塾長公演ロングライドからホールへ帰還後、疋田さんの講演会場へ。
話も終盤を迎えてしまっていて、いつながらの畳み掛けるようなスライドの展開。(笑)





前橋こどもかいぎ【じてんしゃこども会議】
先ずは自己紹介から。
この後、ロングライドから来た空腹感から隣で売っていたチャーシュー丼に心奪われ、その場から離れてしまった事に後悔。みんなの発言を聞けばよかった。(;_;)



前橋こども会議2発表が終わり、前橋市へ渡すべくみんなのスケッチブックを収集。







前橋こども会議3そのスケッチブックたちを渡しました。
これ、題して「大人への宿題」。何が書き綴られているのでしょうね。







前橋こども会議4最後に記念撮影。
後ろの大人は複雑そうな面持ちに見えるのは・・・気のせい。







前橋市会談14市の【自転車先進都市会議】への準備中。
パネリスト皆、コメントを整理中のよう。







前橋パネル会議の脇に展示されていた、前橋市内の自転車走行空間を写したパネルたち。







とまぁこのような雰囲気で進んだわけで、さらに疋田氏は最後の抽選会までされてました。
まるで自転車学の出張講座のような、それも特別ゲスト参加。そんな雰囲気で参加できたおいらも見ごたえアリで楽しかったです。

tetchin01 at 20:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Hand Bike | 日記

2008年11月09日

キペックス試しました5

先日購入したキペックス。今日はそれをつけて一回り。

キペックスそのものが何なのかに触れたほうがいのかな?
これは車椅子後輪シャフトに装着することにより、車輪を6+6=12cm外側に付ける事ができるようになるアジャスターのこと。

心配していた駆動輪(前輪)の空転はほとんど無かった。
その代わり、ハンドサイクルから離脱したときキャスターが上がりやすくて気を抜くと危ない。(^^;)

タイヤが横に広がったせいで体重が掛かったときに自然にキャンバーができるようになる。だから体重制限もあるのね。脱メタボのおかげでその利用範囲内になった。(笑)
で、当初キペックスそのものが固定されておらず、グルグル回ってしまうのは如何なものかと思っていたけど、この回ってしまうことにより、キャンバーの角度がちょうど力点に来るという機能も持っているのかと感心。
ただまぁ、目線がかなり下がるので違和感があるのと、車幅間隔がまだ掴めず、ハンドリムをガリガリ擦っちゃったのには参ったけど。

とは言え、安定感は抜群。
フェンスに手を掛け片輪を持ち上げようとしても持ち上がらない。その感覚から横傾斜でも不安が無い。コーナーリングでも片輪持ち上がることもなくなるばかりか、キャンバーが生まれたことにより小回りも利くし、結果、走行性能が上がった。
勿論、車道でも転倒の危険が下がったので不安なく走れる。自動車との干渉は増えたけど。

キペックス自体、ホイールシャフトと同じ機構だから取り外しもすぐできる。これなら遠征しても問題ない。輪行にはウッテツケのパーツである。
もっと早く買っておけばよかったな。(^^)

でわでわ

tetchin01 at 14:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0) HandBike改造日記 | City KID(改)

2008年11月08日

ハンドサイクルパーツ購入5

ある意味衝動買い。

◎シティコンパクトのヘッド(マウンテンドライブつき)
◎キペックス

LOMOを改造して車に入れっぱなしにできる車体を作ろうかと、シティコンパクトのヘッドを購入。
思っていたより手の込んだ造り。メーカー側にもコンパクト思考が受け入れられて切磋琢磨している証拠だと感じた。
コンパクトヘッド1
これが全体。






bb1e16e6.JPG
フォークへの取り付けはアヘッド機構にしたようだ。





コンパクトヘッド4
抜き取るとこんな。






コンパクトヘッド2
ヘッドの最上部。
このロゴが泣かせる。さらに、この溶接の肉盛り。なんかもう、ムラムラするね。






コンパクトヘッド3
折りたたみ部。
真ん中にあるのがリリース用のボッチ。レバーを緩めるだけでなく、ここを押さないと折れない。






コンパクトヘッド5
内パイプに印字されているスケール。
芸が細かい。






キペックス1
キペックス。
これで横倒しの確率が下がるかもしれない。ただし、幅が70cmになってしまったので、正確にはもう普通自転車範囲は超えてしまった。けど、これは法改正を求めたい。
着脱式のシャフトなので、思いついたときに付けることができる。






キペックス2
キペックス装着時。
シャフト位置が上がり、車高が一本分下がる。空回りが心配。






と、今回は紹介まで。
オリジナルのコンパクトはこれからホイールを組まないといけないため、いつ出来上がるか分からない。(^^;)

でわでわ

tetchin01 at 22:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) HandBike改造日記 | City KID(改)