2011年09月

2011年09月13日

押しチャリ

前回の”華麗なる双輪主義”を見てみたいと思ったのも訳がある。

ここ最近、自転車関連ニュースなどで耳にした「押しチャリ」という言葉。
その行為自体は賛成。でも・・・チャリという言葉を行政側が使うことに反対。

一つは前にも書いた(ひとりごと)とおり、幼稚な言葉を多用することに疑問が湧き、もう一つは、自信を持って言うことができない語源がはっきりしない言葉を一般名詞として使用して良いのかという疑問。

ある時検索してみると、この書籍の記事を紹介している記事に出会った。

(華麗なる双輪主義、P23から引用)
<(前半省略)最近の日本では「チャリンコ」という単語をよく聞くがあれは絶対に止めて欲しい。私は明確に覚えているのだが、1970年代までは、この語には「かっぱらい」とか「盗む」という意味しかなかった。(以下省略)>
(引用終わり。追加分を追記へ記す)

さらに上記を使って言い換えてみると、「押しカッパライ」「押し盗み」。あらららら。
曖昧さから曖昧さを含み、今やカワイイ言葉になってしまった。

この記事を出版物として手にしてみたかったのが購入目的。
その後、「ちゃり」のみを辞書検索してみると本当によくでてくる言葉だったのにショックを受けた。

奇しくもどうやら多くの自転車関係者が言わんとする、道交法の改正とこれまた時期が一緒なのが気味が悪い。

ここまで来ると自分の人生が否定されているような、そんな気分にすらなってくる。

とはいえ、今ではそれを愛称とし、良い方向に活動を進めている団体の方も存じている。
そこで、苦し紛れにもう一つ語源を今さら追加してみる。

chariot = チャリオット : 馬引きの横2輪戦車のことらしい

ハンドバイクの語源にするには”まさにうってつけ”の語源!
後付けだけど。


ということで結びとして、やはりこの言葉はリッパな大人になるためにそろそろ卒業する必要があるのではないか。と、ブーブな人たちには伝えたい。:-)続きを読む

tetchin01 at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

提案を妄想する

最近購入した本
華麗なる双輪主義 スタイルのある自転車生活
華麗なる双輪主義 スタイルのある自転車生活
クチコミを見る


まず手にして、この厚さからこの値段は高い、と思った。
けど、ペラッとめくってみてこの画像の多さから「むむ」と。
そして、読み進むにつれて「なかなか」という感想に変わった。
なかなか良いです。

いきなりですがその最後の方に紹介されていたサイクルフィギアとサイクルサッカー。

サイクルフィギアに関しては車学で見聞きしていて、正直、ハンドバイクとは別世界の楽しみ方だなと、頭から離れていた。


けど、もう一つのサイクルサッカー。知っているようで知らなかった。


この華麗さはいい!

そして、車いすサッカーも電動車いすの物は前に聞いたことがあったので、ついでにと探してみると手動車いすの物があった。







むむむ。
足の代わりに手で移動し、手でボールを操作する。
目的は同じなのになぜ華やかさがない?

そこで、ただ走るだけではないハンドバイクの遊びを提案してみる。
そう、ハンドバイクサッカー。

機体はアダプタ式。
タイヤは16インチから20インチ。
ギアは固定ハブかバック機能ハブブレーキ付き内装フリーハブ。
スプロケットも小さい物を規定する。
人数はサイクルサッカーにあわせ2人もしくは3人。
なんて感じで。

シュートが打ち辛いとか、転倒するとか、問題もあるかも知れない。
けど、室内ででき、少人数ででき、道具へのこだわりも持て、走り続けることができる。
ひょっとしたらこちらもチョロチョロとボールが転がるだけで華やかさにかけるかも知れないけど、動きが鈍い分シュートチャンスもあるかも知れない。

イメージで感じ取っただけだし、本場ドイツにもない物なのだから成立しないのかもなぁ。

ちょっと空想で遊んでみました。

tetchin01 at 20:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Hand Bike | 日記

2011年09月12日

レースなんてとんでもない

今週末行われる、テレウスカップ。いちおう、行きますけど、目的はその雰囲気。

先日、勘違いで買ってしまった20インチタイヤ。リムサイズを気にしていなかった。(^^;)
どうせならと探していたらリム発見!なんとか組み上げ走る時間も機会もあったのが幸運。

さらに、前に26インチにこだわっていた時にかったVブレーキのコンバータが使える!
iso405からiso451へ。
NEC_0044


なかなか良い感じ。

そして日覆いて、こんなことも。
NEC_0073

NEC_0075

NEC_0074


ワイヤを触覚のような上回しではなく、下からネコのひげのように引いてみた。
弱点はシフトの左右が入れ替わったこと。左レバーでリアディレーラー、右でフロント。
レバーも当初バーコンを考えていたけれど、ここはとデュアルコントロールレバー。しかし、ブレーキワイヤは片方しか使う機会がない。
さらに無理矢理ワイヤーを回したせいか、もの凄くレバーが重い。指が折れそうときたもんだ。

パーキングレバーとかライトバッテリとかを多少ずらしてワイヤを引っかからなくした。
うん、それなりにクランクを回せる。

正直、デメリットの方が多いような気もするけど、輪行の時けっこう邪魔なこともあり、トライクを見たときからずっとやってみたかった。
こんな線が何本か視界から消えただけで相当すっきり。こじんまりしたかのような気もするも不思議。
今回はこの装備で行ってみることとする。


2011年09月01日

活字

夢に見ること幾年月。

”ハンドバイク”を活字にできることになりました。
とはいえ1ヶ月間。とある地域の広報誌で。

この画像ではどこにそれがあるのかわからないほど小さいフォントだけど、その分本体をこれでもかと。
NEC_0020


本誌の次ページは自転車のルールについての記事です。^^

ハンドバイクもルールも、ほんの少しでもこれで一般化できたら・・・そんな想いが文字に乗ってくれればと願わずにいられない。

活きる字と書いて”活字”。ピチピチです。

tetchin01 at 22:14|PermalinkComments(2)TrackBack(0)日記 | Hand Bike