2011年10月

2011年10月06日

3輪の科学・6<可能性>

はじめに、これは自転車好きが個人的な思考をもとに書く、非専門的な自由研究である。

<今までの記事>
3輪の科学・1<転倒>
http://blog.livedoor.jp/tetchin01/archives/50647877.html
3輪の科学・2<転倒動画>
http://blog.livedoor.jp/tetchin01/archives/50653042.html
3輪の科学・3<リハビリと日常と競技と>
http://blog.livedoor.jp/tetchin01/archives/50664765.html
3輪の科学・4<駐輪>
http://blog.livedoor.jp/tetchin01/archives/50666104.html
3輪の科学・5<自転車の普通>
http://blog.livedoor.jp/tetchin01/archives/50666339.html

ーーーーーーーーーー

前回はひがみモードで書き暗いままなので、今度は建設的な内容で。

今のところ、ここという日本国産のハンドバイクのメーカーは存在せず、継続して販売しているのは外国産の機体を輸入販売している代理店ばかりなのが実情である。

(株)テレウス
http://www.terreus.co.jp/

チャリラボ
https://sites.google.com/site/charilabo/

(株)ARE
http://www.are-jpn.com/products/handcycle/top/top.html



また、個人的に参考にしている海外サイト

stricker
http://www.stricker-handbikes.de/home_dt/home_dt.html

bike-on.com
http://bike-on.com/

前回のブレーキの話題。特に昨今のピストに至っては後ろブレーキの有無のみが語られているところだが、これらハンドバイクにはほぼ”後ろブレーキは無い”!

だから違反?違反だから不可?
それでは自転車が持つ可能性は摘まれてしまう。



話はそれてピストに関して諸説諸々あるところだが、問題となるところは後ろブレーキの有無が最重要なのではなく、固定ハブに対してそれを補うはずの後ろブレーキが無い、とその組み合わせを問うことなのではないかと思う。

確かに道交法上、自転車(道路交通法第2条11項の2)の決めがあり、前後ブレーキが必要(同第63条9項)との決めがあるため、それだけをつつけば、それこそが交通問題の根源のような捉え方をしてしまうのであろう。


話は元に戻り、ハンドバイクについて。

日本 :ハンドバイクメーカー無し、バイクレーンの計画ー小
諸外国:ハンドバイクメーカー有り、バイクレーンの計画ー大

この比例具合、見逃すわけにはいかない。
ひょっとしたらの仮説として、この後ろブレーキが関係しているのではないか?と考えてしまう。



現状、私は代理店の説明のもと、アダプタタイプの自転車で公道(車道)を満喫している訳だが、最近思うこと「もしかしたら、道交法に抵触しそうだけど、障がい者がやっていることだしお目こぼし程度のことなのか?」ということ。

そこで、屁理屈として、現行のアダプタタイプのハンドバイクが抵触しないことを説いてみる。
ーーー
アダプタの起源でもあるアダプタとは、クランク駆動部のバイク部と、日常生活の車いすとの接合部のことである。

機能面だけで見ると、前輪駆動のクランク部が車いすを”牽引”している格好である。

クランク部が自転車として機能しているが1輪しか無いため前後という捉え方ができないため、駆動する1輪のみのブレーキを備えていることで要件を具備している。

とはいえ、社会通念上、緊急時の対応としてハブへのブレーキ(ディスクブレーキ)とリムへのブレーキ(Vブレーキ)の2重構造で制動機能を二重化している。

IMGP035020100923(002)

ーーー

とはいえ、道交法上の自転車は「2輪又は3輪」なので今のままでは、
●後ろブレーキ無しか、
●2輪もしくは3輪ではないので、
道交法上の自転車としての要件に抵触する。

その輪距の関係上、普通自転車の部類からは外れる訳だが、このままでは自転車でもなくなってしまうのではないかと不安が募る・・・。

もっともその回避方法として、車いす自体を介護用のブレーキを備えた機種にしてしまえばその要件を備えることができるが、ブレーキケーブルの処理、総重量について、本当にそれが日常仕様の車いすと言えるのであろうか?と疑問も残る。

そしてもう一つ。重要な仮説。ハンドバイクなどの3輪車に於いて「後輪ブレーキは転倒の危険があるのではないか」、ということ。

ただし、個人ではデータの取りようがないのでそれを証明できない。

車いすとは関係ないがもう一つ気になることが。
日本を代表するシマノ。なぜ日本にだけコースターブレーキの仕様が無いのだろうか?
これもハンドバイクの分布と重なってしまうのがなんとも・・・。



希望として、ハンドバイクが主体となり、それに見合った日常でも使いやすい車いす、もしくは車いすオプションが増えることを望みたい。

そのためにはその欠点である特性をより具体的に見つけることが必要だと思うし、そのためにも、もっと活用できる場が増えることが法規の上でも場所の上でも増やさなくてはならない。

まさに、卵が先か鶏が先かの話になってしまうかも知れないが、注目すべき防災と絡めても良いのではないかと思うのだ。


ちなみにハンドバイクについて、こんな記事がある。
ドイツ・シュトリッカー社の思いとして、“誰でも、どんな車いすでも走れる”という概念がある。このことはとてもすばらしことだと思う。
(株)テレウスの説明ページ:
http://www.terreus.co.jp/02handcycle/quality/5point.htm

さらにこの内容とは関係ないが、下記も参考に。
ハンドサイクルの歴史:
http://www.terreus.co.jp/02handcycle/geschichite/geschichte.htm

ハンドサイクルからハンドバイクへ:
http://www.terreus.co.jp/01top/handbike/handbike.htm

制御装置は、他者を守るためでもあり、自分を守るためでもある装置。
他者は歩行者が最優先であり、自車の速度を抑えつつ、自動車との接触もまた防ぐ必要がある。

歩行者との接触を避けるためにバイクレーンを望み、
自分を守るために自転車についての知識をよく学び、
自動車も含め道路でも秩序を再確認する。

もしかしたら、日本以外のハンドバイクが作られた国はこれらが行われたために後ろブレーキへのこだわりという作業をしないでも、その自転車の持つ可能性を追い続けることができたのかも知れない。

こんなことは夢物語か?なんて。
bike rute0220110109(003)


3輪の科学・5<自転車の普通>

はじめに、これは自転車好きが個人的な思考をもとに書く、非専門的な自由研究である。

<今までの記事>
3輪の科学・1<転倒>
http://blog.livedoor.jp/tetchin01/archives/50647877.html
3輪の科学・2<転倒動画>
http://blog.livedoor.jp/tetchin01/archives/50653042.html
3輪の科学・3<リハビリと日常と競技と>
http://blog.livedoor.jp/tetchin01/archives/50664765.html
3輪の科学・4<駐輪>
http://blog.livedoor.jp/tetchin01/archives/50666104.html

ーーーーーーーーーー

最近のブレーキ問題。
正確には大抵のハンドバイクは輸入品であるところからか、後輪ブレーキがないのである。
フリーハブであることを抜けばピストと肩を並べているのである。

そもそも自転車って?

●自転車(道路交通法第2条11項の2)
 → 前後ブレーキが必要(同第63条9項)
 |
  → ●普通自転車(道路交通法施行規則第9条2項)
     → 大きさに規定あり
    ↑
    ↓
    ●特殊自転車(造語?)
     → (?)

となると、厳密には輸入品でブレーキが足らなければ自転車ではない(!?)

そこでネガティブに神経質に”普通自転車”について考えたい。
素人ながら法律を眺めれば、普通自転車の対局に特殊な自転車があるのではなく、特殊な自転車を含む自転車全体の中の一部に普通自転車が含まれている。

3輪の科学5_1



そもそも普通とは何か?
主観的にハンドバイク乗りからの視点で見てみるとこんな感じかと
3輪の科学5

特殊なものしか選択肢がにのにもかかわらず、それは普通ではない。
ゆえに社会との関わりも特殊にならざるを得ない。

のか?

細かく見れば違反しているであろう、アダプタ式ハンドバイクならば街を流し、フツーに交通社会に参加している。
そんな風に週末、街中を見渡してみても、車いすの方とすれ違うことはほとんどなく、ハンドバイクに出会うことはまず無い。

毎週”普通じゃない”自転車に乗らずにはいられない自分からすると・・・フツーってなんだろうと・・・。
リハビリでもなく、レースでもなく、フツーに乗りたいだけなのに、その普通が結構めんどうなのかも知れない。

だからこそ、その先の”何か”を見てみたい欲求が抑えられない!なんて。



余談。
よく言われる道交法。ただし、各都道府県にはその細則というものもあり、これらも見ておく必要もある。
ライトに関するこれらはすぐに取りかかることができるし、重要なことでもあるので引用する。

ポイントとしては、
前照灯はホワイトかイエロー。
後ろにはレッドのリフレクターか、テールランプをつける。
たとえハンドバイクでも、だ。

(神奈川県法規集から道路交通法施行細則)
第2章の4 軽車両の灯火
(軽車両の灯火)
第6条 政令第18条第1項第5号に規定する軽車両(牛馬を除く。以下この条において同じ。)がつけなければならない公安委員会が定める灯火は、前照灯及び尾灯とする。
2 自転車が、道路交通法施行規則(昭和35年総理府令第60号。以下「府令」という。)第9条の4の基準に適合する反射器材を備えているときは、前項の規定にかかわらず、尾灯をつけることを要しない。
3 自転車以外の軽車両が、前項の基準に準じた反射器材を当該軽車両の後部の両側に備えているときは、第1項の規定にかかわらず、尾灯をつけることを要しない。
(前照灯の灯火の基準)
第7条 前条第1項の前照灯の灯火は、次に掲げる基準に適合するものでなければならない。
(1) 白色又は淡黄色であること。
(2) 夜間において前方5メートルの距離にある交通上の障害物を確認できる光度を有すること。
(3) 発電装置のものにあつては、照射方向が下向きで、かつ、その主光軸の地面における照射点が前方5メートルをこえてはならないこと。
(尾灯の灯火等の基準)
第8条 第6条第1項の尾灯の灯火は、次に掲げる基準に適合するものでなければならない。
(1) 赤色であること。
(2) 夜間において後方100メートルの距離から点灯を容易に確認できる光度を有するものであること。

2011年10月04日

3輪の科学・4<駐輪>

はじめに、これは自転車好きが個人的な思考をもとに書く、非専門的な自由研究である。

<今までの記事>
3輪の科学・1<転倒>
http://blog.livedoor.jp/tetchin01/archives/50647877.html
3輪の科学・2<転倒動画>
http://blog.livedoor.jp/tetchin01/archives/50653042.html
3輪の科学・3<リハビリと日常と競技と>
http://blog.livedoor.jp/tetchin01/archives/50664765.html

ーーーーーーーーーー



自転車が風船みたいにプカプカ浮いていたら便利だろうな、なんて。



家から出てそのまま家に帰る訳はなく、何かしらの寄り道で止まれば物として置いておかなくてはならない。
で、問題となるのは駐輪場。

一般的に多いのは2階や地下など、”地上とつながっていない空間”。
エレベータなどある訳なく、階段があるのみ。スロープすら2輪のタイヤが転がるところだけ。

ならば3輪はどうする?歩行が全くできなければどうする?

と、こんな自治体が。
「歩行困難な身体障がい者が使用する自転車の取り扱いについて」
http://www.city.fukuoka.lg.jp/doro-gesuido/rosei/shisei/syougaisyasiyoujitennsya.html

(上記サイトから引用)
<(前略)身体に障がいがあり、駐輪場から目的地までの歩行が困難な方が、やむを得ず目的地付近の路上等にとめている自転車については、障がい者の方の自立した日常生活や社会活動を支援するために、条例に基づく撤去の対象から除外します。>
(引用終わり)

これこれ!
自動車だって駐禁除外がある。(首都圏では思うように使えないが)
自転車にだってってもいい。


しかし・・・フレームから作ってしまったため、シリアルナンバーがない(~o~;;)
これでは防犯登録もできない。
今のうちに解決しておかなくてわ。
(もっとも盗難といっても使い方がわかる人がいるのかの方が疑問w)

ちなみに幾つかのところで採用されている駐輪料金の減免制度。
しかし、立地条件とは必ずマッチングするという訳でもない。
例えば機械式。これではハンドバイクは難しい。

3輪なんて認知度も利用頻度も少ないからこそ起る現象ではあるけれど、その扱いの差の明確さをもって逆に撤去対象から除外されることが当たり前となれば、また違った常識が出来上がると思う。

(タイトルだけ変更)

2011年10月02日

フリクション

270b12c4.jpg
先日付けたマルチコントロールレバー。
なぜかフロントディレーラーの引きが重くて仕方なかったので、苦肉の策でバーコンに入れ替えてみた。

角度を試すと親指が使える角度が具合が良い。

20年以上ぶりのフリクション。このすな砂糖な感じがなかなか良い。(^^)

あわせてスプロケットも12−36Tへ。

来週の夢舞いには間に合った。(^^)


2011年10月01日

自転車が人にできること

行ってきました。

IMGP0511






おのぼりさん。久しぶりだぁひとまず記念に。

IMGP0509
こっちが本題。科学技術館に行ってきました。
http://www.cycle-info.bpaj.or.jp/japanese/event/2011event/10/kikakuten.htm

な、なぜにハンドバイクがない〜!
今後の課題である。ま、その辺は置いといて見学内容。


IMGP0510
<番外編>
入り口の歩道

IMGP0507

やはり気にせざるを得ない車いす関係。
WCVよろしく車いす乗車のまま”移動してもらえる”自転車。ハンドバイク乗りとしては解せないところもあるが、車いす全体としてみればこれもアリだと思う。
利点の一つは特別な器具を必要としないところ。本当の意味で老若男女。

写真を取りそこなったが、紀洋工業の「風よ〜」も展示があった。
こちらは自転車よりの構造で、車いす側に接合部の構造を付け加える必要がある。根底はカーゴバイク。

IMGP0508

どちら側か微妙なところだが、オーエックさんもいらした。またサイクルモードでもハンドバイクを出さないのだろうか?
結局、車いす造成技術のフィードバックから出来上がった技術でもあるだろうし、なぜ傘下の自社製ハンドバイクを出さないのかが意味不明。社内での意識に2輪と3輪との間にバリアが有るとしか、もう思えない。

今回の展示の中で目についたのが、ロッドによる操舵の構造が多かったこと。
IMGP0506


IMGP0493


IMGP0480


IMGP0479

結局、ハンドリングと前輪との間に付加価値を付けるために距離を設けた結果、この構造になったものと思われる。
問題はそれによるデメリットから来る損失と、付加価値から来るメリットの天秤かと。

そして負荷が大きい場合、現れるのが電動。
IMGP0505


おもしろかったのはこれ。もとにあるフォーウィールバイクにモーターを組み合わせたもの。
今まで、そのアシスト性能が組み付け前に基準以内でないといけないのかと思っていたけど、結局、走行性能としての結果、実装の上でその規制内であれば良いというのは目からウロコ。
なんだかわからないって?むむむ。

既製品としてそのハブが基準値以内のアシスト性能のままで出荷されるということは、元から出来上がったたった一つの大きさでしかあり得ないことになるが、もし他の大きさに応用しようとした場合、実装実験の結果、基準内のアシスト性能になれば言い訳で、足の力が加わったことに対する反応にトルクセンサー、スピードに対してはスピードセンサーで電源のON/OFFを行えば十分アシストの基準内でできてしまうのだということだ。厳密にそれが合法かは多少の不安もあるけど、本当に必要とする場面がどこかと考えれば、”ハンドバイクに応用されてしかるべき”と考える。

以下、目についたものをどどーんと。

IMGP0504

カーゴバイクの後ろ荷台版。ほんと日本は後ろに荷台があるのが好きのよう。欧米が前に置くのと比べてその差が気になる。

IMGP0478

逆に前荷台。先に出したように、ハンドルポストがかごより前に来ている。その利点は・・・なに?

IMGP0476


IMGP0475

トレーラーですね。すでに販売されているらしい。組み立て式とのことで、以外にツーリングに使えてしまうのではと、興味津々。

IMGP0500


IMGP0501


IMGP0502

自転車そのものが荷物として運ぶもの。レースの回収車は普通、自動車だけど、こんなのがあっても面白い。
最近流行りのコミュニティサイクルでの回収に使えば宣伝効果にもなり得るかと。

荷物といえば、
IMGP0503

ポリタンクが股間に。安定するということなのでしょう。このサイズのサイドバッグが掛けられればまた使い道が増えるかと。

IMGP0477

絶対的な荷物運搬用。ハンドバイクの構造が加われば就労場所も増えるのではないかと期待する。

IMGP0497


IMGP0498

奥にあった戦後の自転車。なんとステアリングダンパーが取り入れられている!

IMGP0499


仕事系といえば、浄水器。見てみたかったのだ。
IMGP0488



IMGP0490








IMGP0489








IMGP0491









仕事系以外。
IMGP0483ツーリングバイクディレーラーがハンドメイドで独特。







IMGP0484









IMGP0485
変わったハブ。車いす用にあっても面白いかと。







IMGP0486
一見してどういう意味があるのかわからなかった。







IMGP0487
後付けサスペンションですって!
既製品のシティサイクルから何でもござれ、もしかするとハンドバイクにも応用できるかも!?







IMGP0492
和製4輪バイク。細部を見ると・・・もっと何かできそう。







IMGP0493
このクランクだけ見るとハンドバイクに転向しやすそう。







IMGP0494







IMGP0495







IMGP0496








さて、これらを見てきた感想。

全体的に手探りな感じが否めない。

イメージとしてこれまでの取り組みからこんなふうに受け取った。
3輪の科学4






もうすこし、何かが足りないと思えたなら、それは利用者側の目線が足りないこと。
使いたくても使えない、それでは作る側との考えと立ち位置に差が出てしまっている。
使いたいという欲求と、使ったという実績から、改良という欲求もまた産まれてくると思う。


人にできることは無限大。
作り手は”理想と現実”の間にあるギャプを機械構造という武器であり敵であるものを駆使し、そのギャプを解消する。

問題は解消方法が無限大ではないこと。
もう一つギャップとなるのは”理想と法規”との差。
これはものでは解消できない。解消できたのは規制内に抑えたということ。
言い換えれば、自由という可能性を抑えたに過ぎない。
それを変える取り組みもまた、必要となることだと思う。





この様なイベントにしつこく顔を出すにつれて、知り合いになれた人が増えてきた。^^
昔だれか言っていたっけ。

問題を解決するのは、何かを知っているより、誰かを知っているかガ重要である。

この歳になって、その意味を噛みしえている。

tetchin01 at 22:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記