2012年04月

2012年04月30日

ぽたりんぐ

12インチタイヤの内装5段への改造は間もなく完成する。
P4301480

前に失敗したスポークを残しておいて良かった。今回はまったくスポーク切りをしないでことが進んだから、すぐに試乗までこぎ着けた。ギアのセッティングがまだしっくりこないのは内装の醍醐味ということで。

試乗してみて、おー加速するする。これはヘルメット必須である。後はフォークが伸びれば完璧。
さらに、タイヤがバースト寸前だったということをホールを外してみて気がついた。危ない危ない。ベビーカー用のタイヤの割によく走れたものだ。

しかし、本当は昨日までにするつもりだったのだが、どうもやる気が起きなく、昨日も結局よけいに時間を使ったような。
さらに、実は昨日道を間違え更にカンで走ったために軽くサマヨイ、大幅に遅刻した。(^^;)
んがしかし、結構、見ようと思える場所があることがわかった。以外に写真撮りながらのポタリングができるかも知れない。

問題は、自分は歴史に興味がないこと。ぉぃ

P4291422P4291423P4291446P4291426P4291429P4291435P4291465P4291450P4291462

おみやげで買った鮒の甘露煮はうまい!

そして地元で
P4291470P4291475
そしてルアー用に王冠をもらう。まだ行けていないけど。

tetchin01 at 18:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Hand Bike | HandBike改造日記

ハンドバイクのある風景

先日は谷中湖に行き、次週行われるモテギに出場する人たちのハンドバイク練習風景を見にお邪魔させてもらいました。
というより、最近始めたカメラをぶら下げて、取材キドリです。

いやいや、いくらカメラは良くても使う者が凡人ではどうしようもありませんね。色々と勉強が必要です。
【お願い】ということで、お許し乞うのをお伝え忘れましたのでモノクロ加工しましたが、もし掲載不可の場合はその旨お伝えくださると幸いです。

でも、こういうのも武骨で結構オツかと。

とはいえ、今まではハンドバイクに対して自己満足のために”どう乗るこう乗る”ことを中心にしてきましたが、それも一段落。
非レース指向の私としては、他の人が楽しんでいる姿を伝えられるようなことをするのもまた、楽しいかなと思いました。
全てとは行かなくても、これならばイベントには積極的に行ってみたいと考えもあらたに。

細かく動ければと思って12インチで向かいましたが・・・さすがに遠い(^^)ゞ
ま、渋谷駅のエレベータが小さく、20インチでは身動きできなくなるので、これも致し方ない。

P4291041P4291047P4291056P4291071P4291095P4291113P4291116P4291125P4291128P4291134P4291137P4291143P4291149P4291173P4291176P4291194P4291206P4291218P4291227P4291239P4291251P4291260P4291266P4291278P4291287P4291296P4291299P4291311P4291320P4291338P4291341P4291356P4291365P4291377P4291386P4291392P4291401P4291404P4291407P4291413

tetchin01 at 10:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ハンドバイクのある風景 

2012年04月28日

竹製



先日、竹製自転車のニュースがありましたが、どうやらその話には続きがあったようです。

なんと購入資金が途上国への支援、それも竹製ハンドバイクの寄付へと繋がっている模様。
(FBから拝借)

http://www.facebook.com/TruMobility

557855_273730999377192_247611535322472_612743_1883755060_n

http://www.dellchallenge.org/projects/boogood-bicycles

竹製であることと、汎用性を高くするための構造から、完成度としてはどうしても鉄製のもの比べて見てしまう向きはあると思う。

しかし、そこから始まる可能性は、とてつもなく高い。



そしてこの記事から確信したこと。
やはり「ハンドバイクは車いすの進化形である」ということ。

tetchin01 at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 動画でどーだ | Hand Bike

2012年04月21日

オフロード

なかなか興味深い。
http://www.usacycling.org/off-road-para-cycling-events-to-be-held-at-mtb-xc-national-champs.htm

(以下、抜粋)

Off-road para-cycling events to be held at MTB XC National Champs

USA Cycling and Sun Valley Adaptive Sports (SVAS) are pleased to announce two off-road para-cycling events will be held at this summer’s USA Cycling Mountain Bike Cross-Country National Championships for the first time. The off-road hand cycle and off-road two-wheeled competitions will be held on Thursday, July 5, 2012 at Sun Valley Resort in Ketchum, Idaho.

(以下、直訳)
MTB XCナショナルチャンピオンシップで開催されるオフロードパラサイクリングイベント

米国サイクリングとサンバレーアダプティブスポーツ(SVAS)は、2つのオフロードのパラサイクリングのイベントが最初にこの夏の米国サイクリングマウンテンバイククロスカントリー選手権で開催される発表に満足している。オフロードハンドサイクルとオフロードは、二輪競技会は、ケッチャム、アイダホ州のサンバレーリゾートで2012年7月5日(木曜日)に開催されます。

(抜粋終わり)

遂に来ました!オフロードのハンドバイクレース!!
さて、どのようなバイクが並ぶのか?
そして、どのようなレースが展開されるのか?

さあさあ、どうやら日本は2週遅れにまでなったようですね。
とほほほ・・・。

tetchin01 at 20:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Hand Bike | 日記

2012年04月04日

Dream Bike

(ビア)バイクバーでその名を知ったDream Bikeが遂にハンドバイクを作ったよう。


http://www.dreambike.com.br/paginas/adaptados.htm


あらまぁ、どこかで見覚えのある機体。
”シマノの”コースターブレーキに内装3段。
そのスピードで小回りしても倒れにくい幅員とキャンバー角。
このシートならば脊損のおケツでも対応できそう。
フットレストがもう少し別な位置にくれば、かっこ良くなると思われる。

ブラジルも気候と同様に熱いぞ。

レバーが使えない = コースターブレーキ。
しかし、この図式を日本ももっと利用すればいいのに。

あえて言おう、コースターブレーキが有る国は
「チカラが普通ではない場合にはどうするか」
を考えているのだと思われる。

すなわち、普通自転車の逆説、多様性があるといえる。
とは少々強引か。

tetchin01 at 23:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 動画でどーだ | Hand Bike