2012年10月

2012年10月21日

電アシ

むむむ。これ欲しい。Sunstar ibike



メーカーもドイツだし、もしかしたらもしかするか!?



組み立ても一般車に付けられるところを見ると、ハンドバイクにも応用可能とみた!

クランクに組み込むということはトルクセンサー対応も対応済みとなるか!?
ただ、ハンドバイクの場合、クランクはすなわちヘッドな訳で、重心が高くなることが懸念要因である。
残すは出力パーセントのみか。

ホイールモーターは回生ブレーキとそれによる充電が魅力的だが、それが為に機構が複雑になってはモトモコモナイのである。

さてはて。

tetchin01 at 23:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) HandBike2.0 

中速の中のハンドバイク(その3)

3)目的と手段

では、ヒトは足を使い何をしているかな?と考えてみる。
  ○歩く
  ○走る
  ○登る
  ○蹴る
  ○泳ぐ
といった具合だろうか。
ただし、泳ぐことは手でも可能であり交通ではないので省略する。

では、それを手段に置き換えてみる。
  ○道を歩く
  ○道を走る
  ○道を階段を登る→電車バスに乗る
  ○自転車に乗る
  ○自動車に乗る
といった具合に考えられるだろう。

今一度、下図について考えてみると
b3歩行手段の代用


  ○歩く    ー 車いす
  ○走る    ー 車いす
  ○自転車   ー ハンドバイク
  ○オートバイ ー WCV
  ○自動車   ー ハンドコントロール
  ○電車    ー バリアフリー、ユニバーサルデザイン
  ○バス    ー 同上

この様な置き換えを考えることができる。

では、健常者における交通手段とは何なのだろうか?という疑問が出る。
単なる選択肢なのだとすれば、早い・便利ということで時間が短い自動車だけを考える”自動車脳”が生まれることは想像しやすい。

その延長に障がい者を当てはめれば、自動車での移動は多くても、電車や歩道など街中を移動する車いすが少ない印象を受ける図式も当てはまる。

しかし、障がい者は障がい者という人種なのではなく、健常者と隣り合わせなのをお忘れなのではないかと、いやあえて忘れるようにしてきたと感じるのが私の個人的な想いである。

生まれたときから、人生の途中で、老いていく中で、どこでも大小さまざまな障がいを背負う機会はあり、健常者はたまたまその難を逃れていると考える事もできる訳であるが、加齢による障がいはいわば、門前の虎である訳で、ポックリ逝くことは希望的観測と考える。それが高齢化たるユエンなのだろう。

隣合わせ感を図化すると、以下のようになると考える。
a歩行手段の代用

これだけの層があるのに、なぜ今から、それも高齢者向けということで「超小型車」が取り上げられるのかに憤りを感じてやまない。
健常者が高齢化するのはもっともだが、障がい者も高齢化するのだ。
ならば、最初から障がい者向けの交通手段を考え抜いていれば、いずれ高齢者向けになることは想像にたやすい。

と考えれば、健常者の代替手段が何なのか、それを活用するためには何をするのが有効か、環境整備は?機材整備は?身体能力は?
石けりがサッカーになるように、かけっこがマラソンになるように、自転車がレースになるように。
ハンンドバイクレースがあるのであればハンドバイクのある生活があってもおかしくはない。こんな逆説もあり得ると考える。
そのハンドバイクが無いのは、元に戻り「共存性」に欠けているのではないか、と考えるのである。

今や市民権を得ているであろう言葉に「障がい者スポーツ」があると思う。電車で輪行すればよく言われる言葉に「レースですか?」がある。おバカな話だが、個人的にレースと聞くと何か歯が浮くような気持ちがする。理由はわかっている。レース等の「勝ち負け」という結果だけがなぜか社会との唯一の窓口、接点である世界があることへの不満なのではないか、とトラウマになっている。

今になってなぜそれが嫌なのか、ようやくわかった。結果を目的とすることによって、そこまでの手段が特別な方法であっても最終的な結果を社会と共有することができるのである。
どこか別な世界で行われていることであっても、勝ち負けという表面だけをとらえることはし易い。と言い換えるコトもできるかも知れない。

いや、レース文化をバカにするつもりは毛頭ない。むしろ、パラリンピックは燃えた。嫌なのは健常者と共有できない別世界だけで行われるような世界があることだ。
そこで別世界であることが嫌だという想いから、交通とレースとの関係をあえて図化してみた。
b歩行手段の代用


しかし、政策的にはレースを下支えする方がことが運び易いだろう。それは、逆説的に勝つという目的に対し、今すべき問題が明確にし易く、そのための解決方法も見つけ易い。その考え方は健常者も障がい者も同じであると言え、その問題解決の過程を共有化し易いからこそレース文化に注目する、ということだろうと考える。
c歩行手段の代用


ちなみに「b−3、移動手段としての分類」のずであるが、ワガママさを表す図化として下記のものを考えたところ、似たような図があることがわかった。
e歩行手段の代用


松浦晋也の「モビリティ・ビジョン」内の下記の記事。
http://archive.wiredvision.co.jp/blog/matsuura/201004/201004191900.html

この著者の記事をまとめた「のりもの進化論」。
ことらを見て、笑いすらしました。図を考えたヒトは考えていることは同じだな、と。
ちなみに、この著作の中でも感じることは多々あり、意見もありつつ。やはり足りないのはハンドバイクを含めた3輪の世界だと確信をし、中でいわれている「自転車2.0」に結びつくように、進化とはできないことへの代替である。と主張してやまない。

そう考えると、ハンドバイクの電動アシストは健常者の身体機能の代替であり、では健常者の電動アシストは何の機能の代替なのだろうかと考えると、歩道を走り回っている姿はなんともコッケイであると結論付けられるのである。




と、ここまで長々綴ったわけだが、結局、進化とは「できない」ことが「できる」ようになるということであり、共生とは「どのような立場」のひとも受け入れるということだろう。そして、「自由」とは自分の意志で「選択」することができることと考える。
また、日本人はヒトと同じことをする文化とよく言われるが、同時に感じたのが、ヒトと同じことをしたうえでヒトと比べる文化。なのかなと感じる。

最初に述べたように、ハンドバイクでマイノリティの中のマイノリティというのはこの先にあるのが確実なモノであるためには、同じようなものであるその他普通自転車がまともな社会になってこそ発展できる訳であり、今からハンドバイクの理想を唱えることはきっと普通自転車にとって「良き地ならし」ができるものと考える。

3輪に乗らなくてはならなくなった時、普通に「普通じゃない自転車」に乗れますように。

ひとまず、おわり。

tetchin01 at 19:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 車いす補助車等(仮称) | Hand Bike

中速の中のハンドバイク(その2)

2、中速グリーンモードとは

もう、このリンクを見てください。(と、ナゲヤリに。)
「自転車等の中速グリーンモードに配慮した道路空間構成技術に関する研究」
http://www.mlit.go.jp/road/tech/jigo/h20/pdf/report20-3.pdf

注視するのは、最後のまとめ部にある(P60)

「・中速グリーンモードの共存性分析「共存性」を[様々な交通モードが同一交通空間 内で共存していくための交通システムの能力]と定 義した.交通モード(の諸元,安全性能,特性)、道路空間(の配分とデザイン)、交通制度・規則・マナ ー(の設計・確立)によって共存性は規定され,こ れらを同時的に最適化する交通社会を設計していく ことが重要であると捉えている.」

とあるところの「共存性」である。

正直、この時点ですでに負けているとさえ感じている。何に負けているかといえば、自分のアイコンにも使っている「SHARE THE ROAD」。これは以前訪れたハワイにあったものだが、まじまじとアメリカ側から見せつけられて、それと日本をくらべてみれば、どうして共存性と言うあと付けの概念を控えめに出すのだろうか、と感じずにはいられない。

中速モードという概念を定着させたいとするならば、学会のセミナーでも発言があったように、交通手段それぞれの優先順位を明らかにする必要があると考える。

そこで、前号で触れたように「車いす」が「徒歩」の代替であるという視点から考えを始め、交通手段全体を代替という関係でつなげて行くと、結局、移動という行動の全ては「徒歩」の代替であるとの考えに行き着いた。

それを図化すると
b1歩行手段の代用

上記のように考える。
ちなみに、歩行補助車とは歩行以外で歩行者扱いされるもの全てであり、車いす、電動車いす、シニアカー等の総称として表現した。

次に、中速モードとの関係性から、低速・高速の概念があり、その概念を図に落とすと次のようになると考える。
b2歩行手段の代用

ただし、問題はバス、電車、モノレール等の故郷交通機関の扱いである。速度だけ、車輪数だけ、走行環境だけと切り口を断定してしまうと他の交通機関と同化してしまい、カテゴリー分けしづらくなるが、この図式化により、中速モードの次の部分とすると説明がうまく行く。ということは、公共交通はそれだけ本来は優先順位が高いということがいえる、と考えるのである。

ちなみにホノルルではスクールバスを朝の通学時間帯に自動車が追い抜くことは交通違反だと読んだ。

次に、歩行ができない(しにくい)者の視点から、歩行の代替手段と交通機関との関係性を図式化してみると、次のようになると考える。
b3歩行手段の代用

どうだろう、超小型車もしっかり当てはまる。ただし、個人的にはホイールハンドルでの操作に縛られたままというのはあまりにも健常者向けであり、そこに障がい者が融合する部分がどれだけあるのかが気になる。WCVだけだとしたら、あまりに寂しすぎないかと感じてしまうのである。

次に、今一歩戻り、なぜ歩行を基準線として考えたのかという発想を振り返ってみると、そこには兎にも角にも”3.11”があり、あのガソリン入手困難な状況を思い出さずにはいられない。あの状況下、結局は徒歩が頼りとなり、次いで自転車なのである。自動車も電車も目的地にどう向かうことができるかを考えた時、全ての選択肢は時間・経費・距離に関係がなくなり同列になる状況がそこにあった。
b4歩行手段の代用

結局のところ、ヒトは朝起きてから何をするか?床から起きて歩く。それが行動の基準である。
余談ではあるが、脊損は折れた骨が繋がってから何をするか。手を使って起きることから訓練の始まりである。起きられるようになってから、ケツを移動させる練習をし、ベッドから車いすに乗り移るように練習し、そうして初めて歩き出すのである。赤ちゃんが立ち上がって歩き出すまでの道のりと同じであり、いわば人生のやり直しだと私は感じたのであった。

では、ヒトは足を使って何をしているのかを、考えてみる。
つづく。

tetchin01 at 19:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 車いす補助車等(仮称) | Hand Bike

中速の中のハンドバイク(その1)

いやはや、だいぶ月日は過ぎたものの、改めて中速モードについて書きたくなったのである。
もっとも、8月の土木学会のセミナーに参加したあと、とある先生に無理矢理送りつけたレポートのようなものをもう一度見直したものなのであるが。ま、自己満足である。(次回以降、貼付けた図に付けた表題のアルファベット記号が順不同なのはご容赦あれ)

1、はじめに

車いすに乗り始め20年以上も経ち、ハンドバイクに乗り始め10年近くになり、改めて「車いすとはなんだろう」という視点で考えてみると、そもそも「歩くことの代替」であることに改めて気がつかされた。
とはいえ、街中でハンドバイクはおろか車いすでさえ見かけることは希有であり、マイノリティの中のマイノリティとなる現状がとても不可解でしかたないのである。

そこで、脊損(脊髄損傷)であるところの我が身が今まで移動手段と考えられるのは、
1)車いす
2)公共交通機関
3)タクシー
4)自家用車
といったところで、さらに自分自身の感覚でいえば、
1)車いす
4)自家用車
だけが移動の基本としか考えていなかったのがハンドバイクを活用する前までの、今までであった。

自動車で建物から建物までの移動をし、建物内は車いすで移動をする。
単純にそのような感覚でいたように思う。

しかし、その考えにも壁に当たることが起きる。

週末となれば渋滞を起こし、もはや低速道路とでも呼べそうな高速道路。
停めたくても停められない、車いすマークの駐車場。
許可されたものが停められず、違法者がのうのうと停めている、路上駐車。
正直、週末の自家用車は車いす移動者にとって、移動手段としての選択肢としてその役割が果たせているか疑問に思える状態だと感じてやまない。いや、嫌気すら感じた。

それで車いすで遠出をするも、急な勾配があったり、水はけのための平ではない路面があり、視覚障がい者のための2cmの段差があり、とても4インチのキャスターでは路面から目を離せる状況ではなく、その緊張感の疲労から散歩とは言いづらいのが本当姿だと感じていた。

しかし、最近はハンドバイクや電車での移動が常になった週末。

この飛躍的な変化に「共存すること」への関係性があると感じ、整理するのがこの記事の目的である。

そして、あちら側(健常者)であと少しで現実となるであろう「超小型車」について、打ち出の小槌から飛び出した「中速グリーンモード」について考えたいと思う。

つづく。

tetchin01 at 19:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 車いす補助車等(仮称) | Hand Bike

2012年10月20日

レーザートレイルライト

届きました。

a1d7061e.jpg
レーザートレイルライト


パッケージに驚き。裏面は一面中国語で、香港が制作会社。
e-bayで落とし、はるばるアメリカから到着です。

必要と思い製作をして、売れると思いオークションで売り、欲しいと思って購入する。

欧米からするとアジアは売れる場所だということだ。
いやはや、情けない。

ま、そのへんは置いといて、結果レーザーはたぶん、レジスターのバーコード読み機を応用したのかと思え、線がか細い。どうせなら二重にでもしてくれれば良かったかと思う。さすがに昼間はアピール力はなさそう。

しかし、この線は点滅表示もすることが可能で、点灯よりも良いのかなと。
結局、自動車のドライバーは脳内の空間認識力を使って感覚的に自転車を避けている処を、「自転車はこの幅です」とアスファルトに明示して走る訳で、相手の立場に立てば”避けやすく”していることから、これは”あり”だと思う。

どうせ、白線にしろ青だろうが茶色だろうがペイントをされるのを待つよりは、これを付ける方が手っ取り早く、さらに5台、10台、100台とこの点灯が連なって走っていれば必然的にレーンができあがる訳である。

レーンが欲しいと思う人が積極的にこれを付け、推進したいと思う人が積極的にこれを売れば、善のスパイラルが起きるんじゃないか!?
素人考えにそう思うのであった。

こっちの旧作は楽天でもあるとのこと。個人輸入とどっこいどっこい。上のは防水バージョンですけどね。:-)
テールライト(自転車、レーザー照射、LEDライト)
テールライト(自転車、レーザー照射、LEDライト)


待つも攻めるも個人の自由。でもね(^^)b

tetchin01 at 22:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) HandBike改造日記 | 日記

2012年10月08日

油圧

油圧によるシフトレバー。

ひょっとしたら、押す力の小ささ、ワイヤーばらけ故障の少なさが望めるかも知れない。



tetchin01 at 23:03|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 日記 | 動画でどーだ

学園祭

東京サイクルデザイン学校の文化祭に行ってきました。

正直、この学校の規模がわからず、場違いなところに来てしまったかのような錯覚が。
IMGP1053


それもそのはず、造形デザインの中に自転車がある。そんな体系とのこと。

受付係の方に問いかけ、そのままデザイン学校の教室を案内してもらいました。
DSC_0006


IMGP1057
リサイクルバイクの売れ行き好調とのことで、すでにほとんど売約済み。

DSC_0012
購入

IMGP1054
ふと見ると、隣の建物の窓越しに自転車が。これも本来の教室なのかな?

まだ一通りのカリキュラムが済んでいないからか、授業の様子はモニターに流されていた動画が全てのようで、その隣でロウ削りの実演をしていた。
お話を伺えば、授業でロウ付けも習得し、フォークの作成もされたとのこと。うらやましー!

ひとまず、自転車の教室は見終え、隣から他の教室を。
IMGP1060
靴のアクセサリー?

IMGP1068
付けるとこんな。そのアイデアに購入。

広場でもいくつも出店が。シルバーの彫金などが並んでいるものの、到底おっさんの自分が付けるというものもなく、見ているばかり。でも、
IMGP1073
赤色が目を引くのか、なぜか気になって購入。

正直それぞれは安くはないのである。^^;しかし、値引きはしなかった。
それも投資のつもり。

若さがみなぎるこの場は”これから”という空気が満ちて、羨ましさが抑えられず退散。
どうせなら、自分がその中に入ることができていたらどんな時間が過ごせたのか、いや入ることすら叶わなかったのかも知れない。
その前にそのようなきっかけを自ら消した自分が恨めしかった。

気晴らしにそのまま東京駅前からまた亀戸まで、昨日とは道は違えど30kmほど走り、昨日食べなかったレバー炒め定食を完食して食後に3駅分走って輪行で帰宅。



そうそう、お一人様社会実験の結果。
やはりワイヤーが見えない(すくない)のと、油が表面上見えないのが功を奏してか、若干珍しいものを目をされるものの、別に避難されるような顔はされずに、カバー無しのまま車いすとして往復搭乗。

でもやっぱり、それは大人の目線なのかも知れないと思った。未修学児なんかだとまだ予知は難しい訳で、やっぱりおもちゃのようなカバーをするのも必要なのかなと思う。
ま、いわゆるドレスガードだと思えばそほど抵抗はない。

あまり混む車両だと難しいだろうけど、やはりこのベルトの効用は車いすの進化だと思う。
見方を変えれば中途半端、逆から見れば変幻自在。
やらずしてコトはなしえず。実験成功。^^b

tetchin01 at 22:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 | 車いす補助車等(仮称)

第5回

今年も夢舞いをしてきました!

IMGP1052


予報とはちょっと変わって、降り続く雨。

IMGP1036
ジョシケイリン
アダプタのを見てもらいましたので、次はレース用を誰か見せてあげてください!

IMGP1038
ご挨拶。

IMGP1040
安全宣言。



そんな中でもスタート!

マラソンの方達との合流が楽しかったり、
IMGP1043


ハンドバイクはもう一人、頼もしい助っ人。
IMGP1045


所々、コース案内の方
IMGP1050


予定通り、食べ歩きも完了。

試走だけでは見えてこないところもあったり、予想に反して路上駐車が多かったりとはしたが、今まで参加した他のイベントに比べて自動車からクラクションを鳴らされる事もなかったように感じた。もちろん最近の報道などの影響から意識されやすいのも有ると思うし、多分に「ルールを守ってのんびり楽しみましょう」のコンセプト通り、各人が臨機応変にジテンシャを楽しめたからではないかと思う。

結局、時差スタートしたとはいえ大人数で走ることは少ない故、2段右折の場所などでは渋滞を起こすことも有るだろうけど、その”待つ”ことも一つの経験としてイベントの一部だと思う。

昨今イベントの形態を変えて多様な方式がある中、オーソドックスに一つのコースを走る方式にしている利点として、皆で景色を共有できることがあると思う。その中で待つ行為もあることで参加者には体内時計の微調整がされ、「このくらいの人数ではこのようなことがある」という経験値が上がったはず。

もういっそのこと、これは来たる自転車で起るだろう「渋滞の社会実験」をしている。と考えてしまえば良い。

レースでも、オリエンテーリングでも、ましてやブルベでもない。
普段できることができていない今だからこそ、「ポタリングする社会実験を大勢でしてきました。」



個人的に思う来年の課題は「自転車乗りのコミュニケーション」だと感じた。
なぜか無口、追い抜きざまも黙ったまま。ルールを守れてもその先のマナーがなくちゃ楽しみが減っちゃうよ。
クラクションやハザードのあいさつがない分、言葉やハンドサインで合図しようぜ。
あ、でもこちとりゃターンシグナルだけどね。

tetchin01 at 21:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Hand Bike | 日記

社会実験

98d9217e.jpg
今日は学園祭に行くのだ。自転車の専門学校ですね。

ま、たぶん車いすでは入口を見るのがせいぜいだろうし、じゃぁハンドバイクでってことで、せっかくなので、AutoMtixでポタろうかと、12インチのときのやりかたのままで電車に搭乗。

ベルトを外した前輪ユニット状態でどれだけしろいめをされるか、一人社会実験である。

感想は後日。


tetchin01 at 10:02|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 車いす補助車等(仮称) | 日記

2012年10月06日

勝手

テールライトの代わりに勝手にバイクレーンを残像として書いてしまう代物。



線だけではなく自転車の絵柄つき。
う〜ん、ちょっとインパクトに欠けるかな。
わかる人にはわかるが、わからない人にはわからない。^^;

とわいえ、モーションセンサーで傾きからターンシグナルになる、優れもの。
しかし、買い方がわからない。

Laser Lite Lane
http://www.3xlll.com/main.html


tetchin01 at 19:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記