2012年11月

2012年11月12日

電アシ/2



先日貼付けた電アシのパーツ。こちらも組み立てに関する動画。
これを見る限り、・・・ふむふむ俺でもできるぞ。

んがしかし、わが国ではそこは法律により踏み入ることができない領域なのである。
構造上の基準を満たし、製造販売者の認可を得、その機体の型式認定を受ける行程が必要らしく、オートバイとさほど変わらないのではないだろうか?

本来、身体機能を補ってくれ、不可能を可能としてくれる装置は今以上に進化することができない。
反面、健常者は電動アシストだったり、超小型車だったり、どこまでも利便性を高めようとしている。

その差は既成概念による”ガラスの天井”にしか感じない。
ハンドバイクが不在なのも、ここによるところが大きいと感じてやまない。

ちなみに電動装置に関する文言を最後に抜粋引用する。
特に大きさの関係から想像して欲しい。既にある製品からしか大きさの基準が無いように感じてしまう。
そこから発展するのは難しいことがうかがえるのではないだろうか。

ところで、一つ気になったことが。
政令に載る昭和35年とは西暦で1960年。
また、テレウス社のwebによるとシュトリッカーがハンドバイクの製作を始めたのが、西暦1989年で平成元年であるとのこと。(なんと俺が受症した年ではないか。(^^;))
http://www.terreus.co.jp/01_handbike/geschichite/geschichite.htm

この時代の差は、もはや”なんとかすべき”時代を迎えたのではないかと感じる。

健常者が超小型車やセグウェイなどで利便性を上げるのであれば、その利便性のギャップを平行して改善していかなくてはフェアではない。
フェアではないことは機会損失であり、機会損失はすなわちバリアである。



  なんだ、またか?(@_@)



ーーーーー
道路交通法施行規則
(昭和三十五年十二月三日総理府令第六十号)
最終改正:平成二四年六月一八日内閣府令第三九号

   第一章 総則

(原動機を用いる歩行補助車等の基準)
第一条  道路交通法施行令 (昭和三十五年政令第二百七十号。以下「令」という。)第一条 の内閣府令で定める基準は、次に掲げるとおりとする。
一  車体の大きさは、次に掲げる長さ、幅及び高さを超えないこと。
イ 長さ 百二十センチメートル
ロ 幅 七十センチメートル
ハ 高さ 百九センチメートル
二  車体の構造は、次に掲げるものであること。
イ 原動機として、電動機を用いること。
ロ 六キロメートル毎時を超える速度を出すことができないこと。
ハ 歩行者に危害を及ぼすおそれがある鋭利な突出部がないこと。
ニ 歩行補助車等を通行させている者が当該車から離れた場合には、原動機が停止すること。

(原動機付自転車の総排気量等の大きさ)

第一条の二  道路交通法 (昭和三十五年法律第百五号。以下「法」という。)第二条第一項第十号 の内閣府令で定める大きさは、二輪のもの及び内閣総理大臣が指定する三輪以上のものにあつては、総排気量については〇・〇五〇リツトル、定格出力については〇・六〇キロワツトとし、その他のものにあつては、総排気量については〇・〇二〇リツトル、定格出力については〇・二五キロワツトとする。
(人の力を補うため原動機を用いる自転車の基準)
第一条の三  法第二条第一項第十一号の二 の内閣府令で定める基準は、次に掲げるとおりとする。
一  人の力を補うために用いる原動機が次のいずれにも該当するものであること。
イ 電動機であること。
ロ 二十四キロメートル毎時未満の速度で自転車を走行させることとなる場合において、人の力に対する原動機を用いて人の力を補う力の比率が、(1)又は(2)に掲げる速度の区分に応じそれぞれ(1)又は(2)に定める数値以下であること。
(1) 十キロメートル毎時未満の速度 二
(2) 十キロメートル毎時以上二十四キロメートル毎時未満の速度 走行速度をキロメートル毎時で表した数値から十を減じて得た数値を七で除したものを二から減じた数値
ハ 二十四キロメートル毎時以上の速度で自転車を走行させることとなる場合において、原動機を用いて人の力を補う力が加わらないこと。
ニ イからハまでのいずれにも該当する原動機についてイからハまでのいずれかに該当しないものに改造することが容易でない構造であること。
二  原動機を用いて人の力を補う機能が円滑に働き、かつ、当該機能が働くことにより安全な運転の確保に支障が生じるおそれがないこと。

(原動機を用いる身体障害者用の車いすの基準)

第一条の四  法第二条第一項第十一号の三 の内閣府令で定める基準は、次に掲げるとおりとする。
一  車体の大きさは、次に掲げる長さ、幅及び高さを超えないこと。
イ 長さ 百二十センチメートル
ロ 幅 七十センチメートル
ハ 高さ 百九センチメートル
二  車体の構造は、次に掲げるものであること。
イ 原動機として、電動機を用いること。
ロ 六キロメートル毎時を超える速度を出すことができないこと。
ハ 歩行者に危害を及ぼすおそれがある鋭利な突出部がないこと。
ニ 自動車又は原動機付自転車と外観を通じて明確に識別することができること。
2  前項第一号の規定は、身体の状態により同号に定める車体の大きさの基準に該当する車いすを用いることができない者が用いる車いすで、その大きさの車いすを用いることがやむを得ないことにつきその者の住所地を管轄する警察署長の確認を受けたものについては、適用しない。

ーーーーーーーーーー(引用終わり)

tetchin01 at 23:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 動画でどーだ | 日記

2012年11月11日

Y.E.R

YRP野比って駅、知ってます?ユニークですよね。
って何って、ヨコハマエコライドに行きました。

遠足気分で早朝に目が覚めたものの、遅刻はまずいと行きは輪行。
DSC_0036


その甲斐あってかか、ちょうどいいくらいに到着した。あーよかった
IMGP1118


今となっては、東京夢舞いポタが主体となった感覚の今日この頃、ハンドサイクルの言葉に引かれて申し込みました。
が、参加者の中にはこの1台のみ。それでも、見てもらうことに意義があるだろうと感じながらイベント参加。
IMGP1120


ここのところ夢舞いだけになっていたので、違うイベントにも参加して違う空気感も必要だろうと思った訳で。

IMGP1122

開会式で(すげー可愛かった。(^^))


案内ハガキでは3番手スタートの8:30のはずが・・・「もう、どの順番でもいいですよーぉ」となし崩しのアナウンス。

IMGP1123

そして、いきなりの歩道スタート。まぁ、次の信号までだし、混乱を避ける為だろうと、徐行。

ちなみにこんなコース。
DSC_0037


毎年、必ずコースに入る山手町。その名のとおり、ヤマシタに対してヤマノテ。山の上な訳で激坂なのである。以前のコースだったら登れたかも知れない坂も今回のはダメだった。仕方なくハンドリムを持ちヨチヨチ進むもいつ終わるかわからない雰囲気。

しかし、救世主あらわる。バイクもそっちのけに押してくれるのだけど・・・「げっ、足つった」と叫び出し、まさか冗談だろうとヘラヘラしていたら、口からよだれを垂らしモンドリ打っている。

すぐ後続のペアが、大丈夫ですか?と声かけしてくれるも、ますますトドのようになる介助者。

本部に連絡を入れようとスマホを取り出すと、「なにしてんだコラ」とどうも連れらしき人物が現れ、肩に蹴りを入れていた。(^^;)

とりあえず頂上まで押してもらい、再スタート。
この山手町。山の尾根であるとは思われるのだが、これがどうしてワインディングロード。
右に左に上りも下りもと走りが一定しない。

そして、渋滞が始まった。
DSC_0039


これがえらい長い。
信号場所に来てみると、5叉路をさらに右折する設定で、クルマもひっきりなし来る状態。
自分の番のときはバスが来る始末。

その最中・・・痛恨の鳥糞ボンバー!こりゃウンが付いてる。(T-T)

ちょっと休憩かとエイドステーション。
配られているのは水のペットボトルなので今回は遠慮した。
IMGP1124

つうか、公園だし、飲んだら出るでしょ。と思いつつも・・・トイレが無い。うーん、これってアリか!?マップにもトイレ表記が無いし、行き当たりばったりなのだろうか。

山の手コースもいよいよ終盤。ここから一気に下り。
IMGP1125

デスクブレーキパッドを替えて正解。
しかし今度のBBBのパッドは熱で焦げ臭くなることが判明。(T-T)
あれ?メタルパッドだったっけ?結構、摩擦音が大きい。

さてはて海岸沿いのフラットな道に出た。
しばらく進むうちに、横浜スタジアム前で、ここはスクランブル交差点。
そしてあわせて横浜市役所前なわけで、いわゆる目抜き通り。

View Larger Map

信号で引っかかり、ボラさんからの言葉「ここは信号が変わったらそのまま渡れますから」。
ん?と耳を疑い質問、「押し歩きではないんですか?」「いえ、そのまま入れます」
いやそれは、と言うか言わずかしているうちに信号が変わり後ろからのプレッシャーに出てみるものの、歩行者が縦横無尽に歩き出す。こりゃ無理だとハンドリムを回した。減点50点級である。

県庁前から西にワールドポートサイド方面へ向かう途中、みなとみらい大橋前で横断の指示。
あれ?直線では?と思いつつも指示通り進むと、歩道”走行”の指示。横断歩道も乗ったまま、その後の(逆総方向の)歩道も乗ったまま。減点50点。

嫌気がさし、押し歩きしつつ通るも誰一人押し歩きなど目にしないまま、どんどん抜かれる。
歩行者を追い抜いてどんどんと。徐行なんて有名無実。

やっと苦痛の歩道通行が終わったかと曲がる為の交差点人さしかかると、「車道は怖いでしょう?」と聞かれた。間髪入れす「歩道は嫌です!」と正直に申し上げた。

次に大きくUターンをするようにみなとみらい橋へ。ここでも歩道”走行”の指示。
悪いがここは逆らった。いや、あちらが逆らっているとしか思えないからである。
だって、ほら
IMGP1127

こんな道をですよ。歩道・予備車線・車道。何の為のポールなんでしょね、個人的感想。

ここまで来てようやくわかった。要は3.5m歩道の道路は乗るように指示しているようなのである。
誰がそう指導したかは言わずもがなであろう。

それが”エコ”か?これが”ライド”か?なんつって。

その後、コスモワールド前の最近できたバイクレーンを通りつつ、赤煉瓦前を通り、つつがなくゴールを向かえる。

完走証と参加賞をもらい終了。
DSC_0040


繰り返すが、押し歩きが指示されず、結局歩道を”走行”するのであれば、どうせなら終始歩道走行してしまう方がその意味があるのでないか?と感じてしまうのは乱暴なのか。その感じたところは「事故を起こさないようにする」ことの意味の強さだった。

どうしても比較してしまう夢舞いと。ハンドサインの説明もなく、走行ボラもその仕草を見かけず、ましてや走者は終始無言。走路誘導の方に声かけたりも見かけなかったし、あれじゃ何も残らないのではないのではないか?余計なお世話ばかりしてしまう。





もう一つわかったことは”並走禁止”の影響。
前述した大渋滞がそれで、こちらは一列になってヘビの寝床状態の所を地元の自動車が抜き去っていく場面。
一見、”地元民に迷惑をかけない”ことにより、クレームが出ないように運営することが正しいように思えるが、急加速して抜き去っていく自動車に煽られながら信号待ちすることがフェアだろうか?
道路を全て封鎖しろとは言わない。この様なイベントのときだけに限って、バイクボックスのようにまとまって信号待ちから吐き出す仕組みとして、自動車と交互であることの方がフェアであると思えるし、それでこそ意味があるのではないかと思う。

一時、イベントに出尽くしていたときがあったが、あの頃は本当に、ハンドバイクでどこを走ることができるのかがわからなかった。
自動車でハンドバイクを運び、川沿いのサイクリングコースと呼ばれる道路を走り、クタクタになることが意味があると思っていた。

今では自動車の移動は停めるところを考えると窮屈であり、輪行という移動方法が健常者にはあることがわかった。
川沿いの道もサイクリングロードではなく国の管理道路を使わせていただいているだという窮屈さがあることがわかり、さらに歩道の設計方法の段階的な違いから、そこはハンドバイクの通り道ではないことがわかった。
ならばと飛び出た車道通行の理想的な方法と、法律を基準とする”規則正しくも危険が潜む状態”であることを知った。

それらを団体行動によってかえることができるのであればと参加したイベントでも、自分の持つ信念とのギャップから、失望にも似た感覚に陥ることは、自分が求めていることとのミスマッチが既に存在することである。

どうにもこうにも、こういう思考を持つようになったということは、ついに卒業の時期を迎えたのだと思う。

この先にあるものはと考えると、カーフリーデイなどのイベントによるクリティカルマス活動(自転車デモ)などなのかも知れない。

通勤では自動車を使わざる得ない身としては、歯がゆさこの上ないのである。(T-T)



何か消化不良な寒が否めず、帰りは自走した。
海辺から山間部(?)まで、緩やかな上り坂を延々と40km。
あれ?イベントより2倍乗っているじゃん。あわせて60km。(^^;)

途中ハンガーノックに見舞われながらも、特製五目チャーハンをかき込み、復活!
DSC_0041


やっぱマイペースなロングライドは楽し。(^^)y

そうか!今日のイベントには”食の要素”がなかった。これか!!(ぉぃ)

tetchin01 at 18:56|PermalinkComments(1)TrackBack(0) Hand Bike | 日記

2012年11月08日

本日の転載

ハンドバイクで取り入れらることがあったらいいな♪
ストリーミングあります。

(以下、抜粋)

【11/8夜の研究会「青木陽子・世界を走る」】実況中継のお知らせ
自転車動画シクロチャンネル on USTREAMで中継する予定で
す。インター
ネット環境がある方なら無料で見られます。(定額制でない場合
は通信料
だけはかかります)

http://www.ustream.tv/channel/hatomori
放送予定:2012年11月8日(木)18:30ー
20:30

「第5回自転車活用研究会」はロンドン在住のジャーナリスト・
青木陽子
さんを迎えて「オリンピック閉幕後のロンドンをはじめニュー
ヨークなど
の最新事情」を聞きます。欧州で一番遅れていると言われていた
英国で起
きた「自転車革命」、環境オリンピックの象徴ともなった自転車
利用。次
のリオデジャネイロはいち早く自転車導入を宣言。さてこうした
流れにT
OKYOは着いていけるのか。イタリアやアメリカの最新事情も
含め、世
界の自転車ブームの本質に迫ります。
講師:青木陽子さん:Cafeglobeファウンダー(創業者)・
編集者
女性誌編集者時代、自分を含め周りの女性たちが本当に読みたい
媒体がな
いことに気づき、1999年にCafeglobeを立ち上げて6
年間編集長を務めた。
現在、パートナーの暮らすロンドンと東京の二重生活を実践中

(抜粋終わり)




(追記)

いやいや。いって参りました。

気になるロンドン事情のみならず、ニューヨークの事情まで聞けたことに感謝。
それよりも、当の青木さんにお会いできたことに感謝。

いつもながらの延長戦まで、お話しできたことに感謝。

気になるニューヨーク。どうやら、まだ正義感丸出しで向かうには時期尚早のよう。
レーンの使い方とか、多車種の乗り入れとか、もう少し整理が必要とのこと。
おまけにオーストラリアもヘルメット着用義務のせいで混乱とか。(いや、知っていたけど。)
やっぱりニュージーランドくらいが性に合いそうだ。

日本の事情なんて、所詮、そんなもんだ。(!?)

tetchin01 at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

2012年11月04日

ショックッション

レースタイプの方にご提案。

お話を聞いているとポジションを決めるのに難儀しているようですが、シートの背中を支えているパイプにこんな油圧や空圧の機構ができれば、その日の気分でポジションが決められるのではないかと。

レースのレギュレーションにひっかっかる?そりゃ失敬。





組み立てその他はわかりません、あしからず。
機械として物欲にかられる、そんな機構でした。

tetchin01 at 22:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 動画でどーだ | Hand Bike

サイクルモード’12

3日目の最終日に行きました。

本当は2日目の塾長のとか見たかったかったし、青木さんのコーナーも中止になったから、今年はやめようと思ったのだけれど・・・行って良かった。(^^)

IMGP1102

IMGP1103

Di2 Alfine11
これは良かった!うわさを聞いてから1年遅れで実物を見たけど、サーボの動きが「にゅいっ」という感じで利便性は上がるはず。やっぱり頚損とかの人はこれが標準にさえなればと思う。
ハンドバイクだとハブダイナモが使えないのでバッテリーだけの運用になるところ、シマノの人が言っていたのを横で聞いて「1ヶ月はバッテリだけでいけますよ」との言葉に、ほほぉと感じたものの、一日に何時間の使い方だ?とあとに想い出し、取材失敗。
でも、カタログに載っているので、これはイケル。先行投資してみるか。

以下雑多に。

IMGP1106

ハブナットから付けるマッドガード。意外に車いすに使えそう。
IMGP1107

自転車小屋。
IMGP1105

IMGP1104


そして馬場記者のコーナー。
初心者向けの話題からの話の組み立てには感心した。
最後には金沢市の事例まで話が及び、感動そして満足。
IMGP1108

これは自転車追い抜き禁止のマークらしい。追い禁の標識に軽車両が含まれないのか今一度議論する必要があるようだ。
IMGP1110


コメントで印象的だったのは、行政に対するコメント。
合意形成のために文句のつかない方法に行きがちで、それが民主的なのかということ。
地方分権の施策の流れにより、国が先導をきって取り組むことが難しこと。
予算・高齢化・事故防止にからみ自転車の事故防止が重点課題になっていること。
そして、民意を表す方法として自転車乗り一人一人が声を上げることが重要ということ。
行政がいちはやく本筋に気がついてもらえることが何より出るはずで、その為には何ができるか?
文化としてのパラダイムシフトが起れば、電話といえばケータイというようになったのと同じことが起るはずだろう。


最後はやっぱり弱虫ペダルのコーナー
IMGP1111

IMGP1112

IMGP1116

今年も年甲斐もなく並びました。サコッシュです。去年は赤だから来年はきっと黄色。(笑
IMGP1117
それにしても今年は若い女子のファンがすごかった。圧倒された。

このブース出演者のサイン色紙
IMGP1115

それなりに字がきれいに書けることが有名人の資質なのか。等と不毛な想いを抱く。(^^;)

他の気になったグッズはカタログだけなので、一人にやにやしてみようかと。

tetchin01 at 22:10|PermalinkComments(4)TrackBack(0) Hand Bike | 日記

テレウスカップ

今年も行われました!

私もアダプター式のカテゴリに参加しました。
周回遅れになりながらの3位。今年は参加者が少なかったからか、毎度と言われそう。

賞品
IMGP1100

けっきょくね、ポタリングが身に染み付いてしまって、必至になることを忘れてしまったらしい。
そう、家に帰るまでがイベントです。(校長談)

いや、理由はケイデンス。誰ですか、ケイデンスは90とか100とか言っているのは。
こちらはバテないことを考え過ぎて60が基本なのに。
ツーリングが中心になるとバテずに6時間も8時間も走る続ける為の方法を考えてしまうのだということがわかった。
ダメだこりゃ、ケイデンス計付けるか。

だんだんと内容が濃くなってきましたよ。

IMGP1075


パラリンピックでの銅メダリスト藤田征樹選手。
IMGP1078


そしてプレ走行
IMGP1081
IMGP1080

2輪はダンシングから出るタイヤのノイズ音が臨場感を高めますね。
スピード感がある。

カメラは持ち込めないのでアダプタ式はすっ飛ばして、レースタイプの模様を雑多に。
IMGP1084
IMGP1085
IMGP1086
IMGP1087
IMGP1089
IMGP1090
IMGP1092
IMGP1093
IMGP1094
IMGP1095
IMGP1097
IMGP1096


それにしても、こんなに走らなくて良いのかと思う位の輪行。
おかげさまで電車での睡眠で仕事疲れも取れ、息切れだけはしなくて済んだ。(^^;
次は利根川走りたい、そんなこと思った。
IMGP1099


でも、お会いした皆はその輪行に珍しさを感じるらしい。
別な機会にまとめてみたい。

tetchin01 at 21:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Hand Bike | 日記