2012年12月

2012年12月31日

大晦日

今年もあと少しで終わりです。

今日も、今年もこちらをご覧いただきありがとうございました。

DSC_0044
有終の日の入り。

今年もさまざまな方にお会いでき、いろいろとお世話になりました。

自分自身でもやっと探していた、信念というものが見つかった気持ちで一杯です。
来年はその気持ちを育み、成長させてゆければと思います。

一年一年、一歩一歩、と自分が高齢者になっても困らないようにすることが目標。

ということで、来年も引き続きレースだけとはチト違う、ハンドバイクから見た交通社会にこだわって、何か発信できればと思います。





でも、こういうアクティブな野心も忘れませんよ。
なんかカッコいいので貼ってみました。







でわでわ、よいお年を。(^^)/~


tetchin01 at 18:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

2012年12月27日

続・ローラーだい




キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!





なんと!bike-on.comから先日発注したローラー台がもう届きました!!

http://bike-on.com/product/sportcrafters-handcycle-roller-1934.htm
Spin_Zone_Handcycle_Mini_Roller_Trainer_Page_1
(上記リンクから引用)

本体 • Handcycle roller : $225.00
送料 • US Mail Freight Out: : $65.00

ということで合計約25,000円なり。
(というか、こうしてお取り寄せできるところがなんちゅうことだと自分で驚く。)

今日はハンドバイクを持ち込めないため、とりあえずホイールを載っけてみる。
IMGP1141

16インチと12インチを載せたところ。

IMGP1144

12インチのみ。

うししし、思惑通り。

ま、たいていは25-540サイズの24インチとか、せめて20インチなのだろうけど、ここはあえて12インチ。
以前、一度ミノウラの固定台をもっていたものの、知り合いにあげてしまった。
そのミノウラをはじめとする固定台やローラー台だと多分12インチは載らないと思われる。

しかし、これは載る。

ローラー台の利点は固定しなくもよく、ホイールごとの調整も不要。
この手間のなさは、すなわち使い易さである。
そして、ハンドバイクは倒れない。倒れないから固定しなくていい。ただそれだけ。
さらに、前輪分だけでよく、後ろは要らない。すなわちコンパクト。
ハンドバイクもアダプタだからお手軽に、だからホイールは12インチ。

まさにお茶の間サイズ。

今年の冬はすこぶる寒いから、これは嬉しい。(^^)y


明日で御用納め。
掃除も年賀状もそっちのけになるかも知れないゾ。

実装は・・・明後日かな?

tetchin01 at 19:58|PermalinkComments(2)TrackBack(0) Hand Bike | 日記

2012年12月26日

共同溝

前号のクリスマスライドの際、青山墓地の自転車道の脇を通りました。

あるコミュニティで話題になった”ダメダメな”自転車道の設置された場所です。
なぜダメダメか。道路構造令で定められた通りの”柵で区切られた”、”相互通行の”、”でたらめな運行がされてしまう”道なためです。
せっかく一車線を区切ったわけですから、同じ構造でも一方通行化するか、あえて柵ではなく自転車レーンになれば良かったのにと残念な意見が聞かれた訳です。

で、下記のグーグルマップの画像では設置前のようですが。

大きな地図で見る


ま、実際には設置されている自転車道の墓地の向かい側に当たる方が工事をしており、何の工事かと見てみると「共同溝」の工事でした。電線なのか水道なのか、具体的に何の共同なのかはわかりませんでしたが。
IMGP1138


そこで、ふと素人ながら思ったのですが、自転車道としての柵を使って重量のある車両を避けることにより共同溝が作れるのならば、市街地での無電柱化を勧めるきっかけになるのではないかと。

そしてそれは自転車レーンであればもっと場所の明示をすることができるので、
共同溝を作ることに関して、

工事の際に注意する場所を特定し易く、
自転車通行では損傷を与える度合いが低く
駐車禁止の確たる理由になる。

そのようなことが考えられるのではないかと感じました。

無電柱化を勧めるのは駅周辺の市街地の方がより求められるのだろうと考えられ、同様の地域の場合、

放置自転車撤去区域、
交通バリアフリーとして歩道整備の重点区域、
(道路の損傷と矛盾しますが)バスレーンの整備区域、

これらがうまい具合に重なるのではないかと考えられます。

電柱がなくなる、又は少なくなることで見通しが開ける。
狭い歩道はその有効幅員を見直しされ広くなる。
場合によっては広すぎる歩道を見直し再配分する。
複数車線の車道を見直し、歩道と自転車レーンに再配分する。

その副産物として無電柱化をすることができる。
地中の電線は倒壊などでの分断の危険がなくなる。
自転車レーンとして共同溝を明示することができる。
工事の際は自歩道として歩道を迂回路として共有する。

このように進めて行くことができればかなり開けた街並にもなるのではないかと、勝手に想像してしまいます。

問題点は、
管理する側の体制がそれぞれ違うこと。(ヒトはこれを縦割りと言う)
客観的に見れば、自転車利用者が今はまだデタラメな走り方をしている。
やはりこの2点でしょうか。
ま、後者にあっては自動車の脅威から逃げ回っていると考えることができますが。

それでも、道路を利用する者全てに共有できるような自転車政策を通して目標を持ち、それを進め管理する体制を持ち、時間をかけて持続的に勧めることができれば、将来に向けてとても大きな投資になることでしょう。

そして、その中にハンドバイクも入っていて欲しいと考えます。

また、バリアフリーとは障がい者だけを対象として行うことにバランスの悪さを感じ、こと自転車もまたもう一つのバリアに直面しているのだと感じて止みません。

以前感じた苛立ちを再燃させてしまいました。人間は学ぶべきで、やはりまたかと感じずにはいられません。ならば経験者であるモノが何かできないかと考えずにはいられない、のである。(^^)


ただの素人のぼやきです。
ツイッターならぬ、ボヤッキー。なんじゃそりゃ

tetchin01 at 22:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

サンタライド

今年もいよいよ年の瀬です。

ということで、先日のクリスマスイヴに自転車友達が企てましたポタリング企画に参加しました。

日にちが日にちなだけに、サンタの格好で都内を駆け巡る!というこの企画。

IMGP1131


163341_479068078798763_437448785_n
(k藤さん、お借りしました、その1)


クリボッチのクリスマスイヴ、寂しさをかき消す満喫するにはもってこい!


一応、それなりの格好をして。
150640_479067738798797_1422617453_n
(k藤さん、お借りしました、その2)


でも、これでもちょっと悩んだんです。
あまりにサンタをしてしまうと、あまりにもソリに見えてしまうのではないかと。
ま、それならいっそハンドバイクをトナカイに仕立ててしまえばいいのですが、そこまで準備ができなくて。次はキメたいゾ

素質の違いがありすぎるのも確かですが、ねぇ。こちらの方、あまりにハマり過ぎです(^^)

IMGP1137

DE ROSAでのコーディネートはさすが。
(この写真あんまり良く見えなかったですね。)

しかし、ハンドバイクにはこういう世界観はないもんなぁ。
マッチョなだけではいかんかも。だから女子には受けないんだろうな。


いかんいかん。

えーともかく、別なカタチでこのサンタ(ラン)ライドには、ここ数年お付き合いさせていただいておりますが、なにより、見方はさまざま。笑い方もさまざま。

でもサンタライドは、”笑う人がいても、怒る人はいない”

これが魅力であります。たぶん道化師にも似た感覚なのでしょうね。
人に迷惑がかからない範囲と方法であれば、心の内に秘めた何かが湧き出ることを感じられるこの企画、まさに自転車との相性はばっちりです。

願わくば、ハンドバイクが数台連なれて行けば、また印象も違うのではないかと思いますが、ただ集団が大きくなり過ぎてしまうと逆効果になるので、いいかげんが良い加減。

ハンドバイクがヒトのためにできること、その1。

tetchin01 at 21:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Hand Bike | 日記

航続距離

そうか!




発電しながら走ればいいのか!

いや、ないない。(^^;)

tetchin01 at 20:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 動画でどーだ | HandBike2.0

続・ジャッキアップ

先日上げた動画、どうやらこれは既製品をDIYするために考えられていたようだ。


ローラー台を発注したこのサイト、以前から情報収集のために見ていたのだが、最近、気になる商品が。

Bike-on.com>
http://bike-on.com/product/bike-on-handcycle-lift-seat-1874.htm

Handcycle Lift Seat(上記サイトから引用)
Liftseat-single


よく見ると、吸盤がある・・・。
ハンドバイクと何の関係があるのか、腑に落ちない。



モヤモヤしながら調べてみたら、やっぱり流用であることが判明。
それはこれ↓




なんだ、風呂釜用のリフトなんだ。だから吸盤か!
Handcycle Lift Seatとまで言い切るのであれば、最初からハンドバイクのフレームに組み込んでしまえばいいのに。:-)


しかし、この速度。耐えられるかなぁ(^^;

tetchin01 at 20:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 動画でどーだ | Hand Bike

2012年12月20日

ハンドバイクの取り説



これでもう迷わない!?

ぜひ日本語化を。




しかし、調整にしろ、動画にしろ、人にやってもらえたら楽でいいなー。

そうそう、どうせなら↓こんな斬新なものがイイカモネ!


tetchin01 at 20:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 動画でどーだ | Hand Bike

2012年12月17日

ローラーだい

おおぉぉ。ハンドバイク用のローラー台がついに登場!!



これは大きさといい、機能といい、これからの寒い季節にはもってこいだ。

しかし、お取り寄せできるのか!?

SportCrafters>
http://www.sportcrafters.com/products/mini-rollers/handcycle-adapter


続きを読む

tetchin01 at 23:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Hand Bike | 動画でどーだ

Murderball DVD

久しぶりに売り物DVDを買った。
アマゾン見ていたらひょっこりあったし、探す労力と逃す機会を思ったら、値段相応なのかと。



本編も楽しかった。
けど、他の動画もたのしい。
なんだ、このJacksとの相性は。



彼はいわゆるスーパー頚損ってやつなのか!?

tetchin01 at 23:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 | 動画でどーだ

2012年12月15日

忘年会

本日は疋田塾の忘年会。

OBOGが集い、あーでもないこーでもない話しをしながら、楽しいひとときを過ごしてきました。

夢舞いの話しから、他のイベントの話しを交わし、何か聡明期からの転換をする時なのかなと感じました。

もちろんハンドバイク、車いすなんて自分一人ですが、何か原点と言うか我が家という感じがします。

その分、その他大勢の塾生が自転車を愉しまれている姿も拝見でき、やはりその姿とのギャップを感じさせられますが、だからこそそのギャップもまた愉しめるところがこの集りへ参加することの醍醐味なのです。

取り入れられることは取り入れ、ダメだと感じることはあきらめる。この線引きは固定なものではなく、常に変えることができる。このギリギリ感がたまらないのである。

車道走行も、輪行も、電装化もここが無かったら成し得なかった。
今日の塾長のご挨拶は「自転車にとって厳しい年だった」。
でも、その分「浮き足たたずに自分たちの立ち位置を再確認することができた年」とも言うことができると思います。

今年も一年お世話になりました。
塾生の一人として来年も何か一つだけでも成果を残せますように。
塾長、塾生の皆様よいお年を。



tetchin01 at 23:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記