2013年11月

2013年11月10日

下見

来週、ポタリングを企画してまして、その名もハンド☆バイクパーティ。
ついでにロゴも作りました。
hbp1

バイク(この場合は自転車)に関係なく、好き勝手に集まって、ワイワイできれば良いなと。
ついでに連なって走って、冒険すればいいじゃん。
とドラクエにちなんでみました。

昨日、その試走に行ってきました。
お台場発着の30km。
第6回夢舞いポタリングのコースをそっくりお借りします。
57
このコースの皇居から右側をぐるっと回る訳です。

そしてクライマックスはレインボーブリッジ。
自転車として走れないことに不満を持つ方もいるようですが、一つのアトラクションとして楽しんでしまえば良いでしょう。
IMGP1240

IMGP1244

IMGP1241

DSC_0303

IMGP1243

IMGP1242

DSC_0302


tetchin01 at 13:58|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2013年11月06日

抄録

ーーーーー
デジタル大辞泉の解説
しょう‐ろく 〔セウ‐〕 【抄録】

[名](スル)原文から必要な部分だけを書き抜くこと。抜き書き。
ーーーーー

先日の大討論会の議事録が

自転車活用推進議員連盟・PT大討論会 議事抄録
http://www.cyclists.jp/legist/symposium-2013.html

として自活研のページにアップされている。



是非、良い方向に向かって欲しい。

自転車のように前向きに。



先日亡くなられた友人に直に報告できなかったことに悔いが残りますが、「ハンドバイク」の言葉にその想いを託しました。私自身の「ハンドサイクル」を「ハンドバイク」に書き換える目標と共に。

第一目標に到達できました。今までお会いした、全ての方のお陰です。
お礼とともに、これからもよろしくお願いします。

2013年11月04日

(動画)第3回自転車活用推進議員連盟プロジェクトチームの模様

自活研のUSTチャンネルからの引用。
(チャンネル: http://www.ustream.tv/channel/自転車活用推進研究会
先日の大討論会の前、10月13日に公開された、第3回自転車活用推進議員連盟プロジェクトチームの模様の動画です。

1時間と長いですが、これは必見です!

プレゼンの方は徳島大学の山中先生。
特にアダプターで出掛けてみたいと思う方は、本を読み漁るより充実した、わかりやすく、大人な内容です。
また、パラリンピックに対するご意見も(残念ながら”まだ”タンデムに限られていますが)聞けます。



Video streaming by Ustream

お恥ずかしながら、動画の存在を忘れていました。
先日の大討論会の前に見ておけばと思ったのと同時に、もしかしたら、見てしまうことで話しがブレてしまったかもしれません。

しかし、結果的にスピーチの内容がぴったり沿ったものであったと安心すると同時に、”高齢者障がい者向け自転車”の取り組みに関わることができたことも含めて、将来への期待に興奮しています。
(参考記事:「1分間」http://blog.livedoor.jp/tetchin01/archives/50772209.html

まちづくりに向けて、アダプターが街の風景を変えることができることができます。
そして、パラリンピックに向けて、レースタイプが勝利へと導いてくれます。

これならまだ間に合う、本当にそう思います。

(動画配信を理事長ありがとうございます。)

業務連絡

昨日、テレウスカップでTDLの周りを走る、とのドラゴンさん。
また、都心を走るのはと言われた内装11段をご検討の方。

連絡手段をお聞き忘れてしまいました。
アドレス掲載はちょっと抵抗があるので、恐れ入りますが、のら妻さんからFaceBook経由からとか、テレウスさん経由とか連絡先をお知らせいただけますか?

今年中に一回はどこかでポタリングしましょう、日程を組めればボランティアとして2輪の方もお願いできるとも思います。

でわでわ

tetchin01 at 11:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

サイクルモードからテレウスカップ

今年もこの季節となりました。

今年は丸かぶりでサイクルモードの期間中にテレウスカップが開催されるという、願ったり叶ったりの自転車な日々。

サイクルモードも出展ブースは目新しいものは何だろうと、文字通り目が回ってしまう程ぐるぐる回る。
正直、アタリの製品に出会えることが少なく、釣りでもしているような気分になる。
DSC_0230

その中で
IMGP1223
ホイールに凝ってみても良いのかも。

IMGP1224
モード期間中の割引に衝動買いのトルクレンチ。機械的なクラッチ機構ではなく、ビープ音による測定であるため、こんなに小さい。正直、ハンドバイクにトルク測定は必要ないかもと思っているが、力任せだけでもいかんだろうと思っていたし、この小ささに惚れてしまった。

DSC_0227

そして、サイクルモードの楽しみは様々な講演を聴くことができること。
疋田氏の講演は上のトルクレンチにハマっていたために途中参加。
しかし、どうやら聞けなくて良かったのではないかという程の衝撃的な内容だったようだ。(@_@)

DSC_0229
KEEP LEFTブースでのミラクルサイクルライフの公開収録も参加。

その後の講演も聞いて、本日終了。


翌日のテレウスカップのためホテルへ。
ホテルの予約を甘く見て、前の週に電話したものの、取れたのは成田空港のホテルのみ。もう、激混み。
渡航する訳でもないのに成田空港。非常に残念な気持ちにもなりつつ、以外にワクワクもしたり。
DSC_0231
輪行でついた訳だが、改札から空港内に入るにはセキュリティチェックがある。(@_@)
保健証の提示で良かったので持っていて良かった。

DSC_0233
部屋もたまたま取れたにしては広すぎ。(^^;)これで1泊とはもったいなかったかも。

翌日また、空港へと向かうと、
DSC_0236
やべ!高速に入ってしまったか。
と思ったら、これがセキュリティチェック。
自動車と同じに停止バーの前で停車を求められ、また保険証をごそごそしていると、後ろにデカいトラック。「少し先に出ましょうか?」と言っても向こうも譲らず。さすがセキュリティ。こんな自転車相手にスイマセン。(^^;)


さぁさぁ。テレウスカップです。
DSC_0240


DSC_0241


DSC_0242
ロードバイクがデモ走行です。

DSC_0244


IMGP1229


IMGP1238


自分はアダプタで出場していたため、そのアダプタの画像は無しです。

なにか、お決まりのセリフのようで、帰りは皆さんから「今日も電車?」と言われました。
みんなもシティコンパクト買って、カバーとして大きなキンチャク袋を作れば、結構どこでも行けるのに。と逆に可哀想に思えてしまうよ。(^^)

DSC_0249
参加賞です。今年は平凡な成績でした。(^^ゞ


議連の大討論会、サイクルモードに、テレウスカップ。怒濤の1週間が過ぎました。

スピーチの言葉選びから、超緊張のスピーチ、その後もあれで良かったのかと不安が続くも、逆に超興奮。ノミの心臓では最近本当に寝られない程だった。

そして、自活研のイベントでお誘いし、遠路はるばる某シマノ社の方をお迎えでき、ハンドバイクを目近に見ていただくことができたことに、また興奮。

実現できたら夢のようだと、まさしく夢に見ていたことが、こうやって本当に実現してしまった。
この方々のつながりでなにか”惑星の軌道に乗っかった”のではないか、そんな気がしてますます興奮。

バリアフリーという問題の見方から職場や社会の問題を見ていっても、今までは何か他人行儀と言うか、それこそ一線向こう側の視線を感じずにはいられなかった。

しかし、自転車という共通項から社会を見たとき、その問題点にも共通なことが多く、車いすの生活からすれば、もはやこれは第2のバリアフリーだと言える。これはスピーチでも伝えたことであり、ならば第1のバリアフリーを見てきた車いすの者はそのノウハウを持っていると言えるのではないか。

ならば、自転車の抱える今の問題を考えるにあたり、ハンドバイクはその第一当事者になることができ、もしかしたらハンドバイクをもって問題を解決できるのではないか。というのが一押しの持論。

これからは、それを一つ一つ証明していくだけだ。

tetchin01 at 11:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記