バイオペースブレーキレバー増設

2007年05月04日

チェーンリング交換4

d94b4b52.JPG先日入手したバイオペースを付けるべく、チェーンリング周りをいじってみた。
38Tから52Tに変更するにあたり保護板を作らなくてはならないのでここから着手。実際にはこれだけで半日以上かかってしまった。不毛だ。
作業は至って手作業。コンパスで円を書き、分度器で穴あけ位置を書き、カッターでくりぬき。材料が思ったほど安くなかったので、仕事以上に緊張して取り掛かる。(笑)しかし、採寸ミスで2枚中1枚を補修していたため余計に時間を喰う。これは仕事と同じだ。(苦笑)

試しにと、ディレーラーハンガーを付けるべくハブのナットを緩めると・・・あれ?異様にフォークが拡がる。なんだ、多段のハブが広いんじゃなく、内装ハブのほうが狭いのか。拡張用の工具注文したのは失敗だった。などと反省。急いては事を仕損じる。

このままディレーラー付けようかと思ったけど、16インチタイヤからアームが飛び出てしまう(笑)のとコースターブレーキをもうちょっと使おうと思い、取り付け延期。チェーンリングも思ったほど楕円ではないのでディレーラーなくても室内テストでは問題なし。ましてやこれからグリップだ何だとはじめたら徹夜になってしまう。

前回のマウンテンドライブ取り付け時にハンドルポストを延長するためにパイプを継ぎ足したのが逆に幸いして、継ぎ足しの切れ目にチェーンガイドのステムを挟むと高さがちょうど。にしてもこの円盤デカツ。

次回はブレーキレバーとDIY店で購入したブレーキランプを付ける予定。
んがっふふ。

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
バイオペースブレーキレバー増設