サイクリング依存症本当の完成

2007年06月03日

改造 はじめました5

今週も天気がいいとの予報を聞き、これは乗らなくてはっ。
しかし、前回乗ってからスピードへの欲望が止まらない。
そうだ、どうせ乗るならDEOREに改造してから乗りたい。

ということで、念願のKIDの多段化の改造を一気に作り上げてしまいました。

こんな感じ。
LX多段後

車椅子のタイヤをテーマカラーとしているので、今回は赤。サイドが赤のタイヤにアウターワイヤーも赤にした。
サイドが赤のこのタイヤ一般的に出回っていないみたいだからまた買い足さなきゃ。
ハンドサイクル自体を初代から白にしているのは、こうやって色の組み合わせを楽しむため。でも、服から靴から赤くするとイッチャッテる人になるからそこまではやらないようにしよ。

んで、改造は結局まだ調子が良くなく完成とまではいかない。Fメカが角度が微妙で調整しても動いちゃうし、バンドとかでとめている始末。もうちょっとがんばろう。

それにしても、このRメカの取り付けはハンドサイクルなだけに許される、いわばメーカーへの侮辱とも受け取られかねない、こんなつくり。(^^;)
LX多段後_タイヤ部
しかし、このおかげで変速の幅が増えて、ロー側はマウンテンドライブつけたのと同じギア比だし、トップ側もメーター値で平地で28kmまで持っていけたし、理想どおりにできた。

ハブギアで大雑把に変速しても小径だから差ほど気にならなかったけど、9速のRメカで細かく刻むのも乗りやすく感じた。
前のC530のディレーラーはワイヤを引くことによってトップに移るタイプで、その動きにはシフトワイヤの張力を利用していた。そのためか動きがモッサリと遅かった。
今回のDEOREは逆にワイヤを引くとロー側に移る。ハイローどちらへも動きが良く、シフトレバーのストロークもC530に比べて格段に小さい。逆にFメカは異様にストロークが長い。親指がつるぞ。(^^;)

メーター値で30km越えるかと思ったとろ、から回しで超えなかったからどうしようかと思ったけど、結局まだ体力ないせいかそこまで心配する必要が無かった。勢いあまってロード用のメカでも買わないといけないかとあせった。

ハブを入れるのに、やっぱりフォーク自体が内装7段を入れることを想定して元から広げているらしく、ナットを外すと140mmは幅があった。けど、もうちょっとで入らなかったから、広げ用の工具で広げた。この工具が役に立って良かった。(^^)
クイックレリーズ使えるようにしては見たものの、果たしてタイヤ外す場面があるのか?

梅雨前にあらかた出来上がってよかったよかった。(^^)
ためし乗りしに出かけた先で食べたトンコツつけメンなかなか美味かった。実はつけメンはこれがデビュー。

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
サイクリング依存症本当の完成