2008年01月19日

ハンドサイクルのワイヤについて

前々から気になっていたことでもあり、mixiでも話題になっていたので、今一度アウターワイヤについて考えてみるこにしよう。

そもそもアウターワイヤって言っている事自体、和製英語であり、ケーブルハウジングが正式名称らしい。(自転車探検隊のサイトより)
日本人でよかった(^^;)??

ハンドサイクルにおいて問題となるのは、走行しているうちにアウターがバラケてしまうこと。
ブレーキ用のものに不具合が発生すると減速静止ができななるという点では致命的では有るが、その頻度は少ない。
シフト用は変速が効かなくなり、さらに頻度も多く、ことさら走り辛くなってしまう。
この差はワイヤ自体の作りの差も影響する。
ブレーキ用のものはらせん状の鋼線入っているのに対し、シフト用の物は一直線の鋼線が入っている。
これは収縮の精度と動きよさの重要度の差により、同じような外見で違うものを作る必要が出るのであろう。

何故アウターが必要なのかといえば、引っ張りに角度のある部分の曲線の取り回しと、ハンドルなどの可動部の取り回しにある。思い出せば、昔の自転車はワイヤでなくロッドだったなぁ。
可動部を考察するに、2輪車の場合はハンドルポストと最近ではサスペンションによる可動部くらいかと思われる。動く幅はハンドルを切る動作とサスペンションの伸縮のたわみ分。アウタのたわみの長さは長くても30cmほど。
対し、ハンドサイクルの場合はハンドル=クランク、となるので走るためには回さなければならない。結局、動きっぱなし。動く幅はハンドルを切る動作とクランクの回転分の収縮+90度ほどの回転。たわみの長さはフォーク部の50cmとハンドル部の100cm。補助具としてグリップ部分はスプリングでアウタを保持している。

問題はハンドル部。触角のようにたわませたアウタの回転と収縮が常にかかってしまい、しまいには鋼線がバラケて調整ボルトからはみ出し、シフトが機能しなくなる。
ブレーキ用のアウタは前述の通り、らせん状なため蛇腹状になり、回転や収縮からの影響は少ないので故障は少ない。対しシフトの鋼線は直線のため、たわみに動きが出ると鋼線がそのせいで抜けてきてしまい、結果アウタがバラける。

対応策として、極度の角度をつけないようにレバーからたわみのカーブまでは必ず直線になるような長さに調整すること。全体が長過ぎても短過ぎてもレバー付け根の角度が急になり、アウタの機能は長く持たなくなる。

ならばとブレーキ用のアウタをシフトに付けようとしても、蛇腹が収縮してしまいシフト幅が変わり、動作に影響が出るため使用することはできない。

そもそも、既存のアウタはこの回転の動きは想定してない。2輪では不具合が出る頻度が少ないため距離や時間が長くても不安が少なくてすむが、ハンドサイクルはワイヤ調整の必要を気にしながら走行しなければないのはかなりストレスを感じる。いざ調整するにも結構作業も頻雑だし、第一、買い物のチョイ乗りですらトラブルに見舞われることを考えると億劫になる。何か代替できるものはないものかなぁ。

以上、ワイヤについて考察してみた。

tetchin01 at 10:22│Comments(0)TrackBack(0) HandBike改造日記 | 日記

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字