2008年01月27日

City7改造第2弾

City7_20inc_XT_01



年末から構想していた
ディスクブレーキ(機械式)の装着をした。

前回の改造はintegoで内装3段外装8段で24インチタイヤと上位機種と同じ装備にしたけど、車体が重すぎデカすぎて遠征にはちょっと使えない。

で、24インチ用延長プレートはそのままにKIDの改造で作った3段チェーンリングのクランクを移植。ハブはXTなんだけど24インチのリムはまだ入手できていないので手元の20インチのリムで組み替えた。

まだまだリム組みは下手のヘタ。更に20インチともなると教科書どおりに行かなくて参った。

ともかく組み上がったホイールにディスクローターをつけてなんだかんだと装着。

出来上がって今回の問題点は、ギア板を最大限大きくしたのでディレーラをSGSの長いものにしたせいで荷台にチェーンがあたってしまう。すでに少し切り落としているけど、更に切らないといけないみたいだ。
最初からの荷台はなにやらバネでバッグを押さえられるような構造になっているので、同じような物を入手してそちらで試そうかな。

それと、チェーンリングも3枚使っていることにより、以前のままではチェーン保護チューブの可動部が少ないせいで上手く機能せずガラガラと異音を発ししまう。
このチェーンはひきバネを使ってそれなりに改良終了。

年末からのらりくらりやって、なんだかんだでついに完成。

で、実走してみるとロックを効かせるためにtech77の短いレバーにしたせいかもともと機械式だからなのか、思ったほど制動力は強くない。ジャックナイフするほどかと期待していたけど、ま、逆に丁度いいけどね。
改めて24インチで出来上がりさえすればVブレーキが復活できるはずだからレバーを変えてみよっと。

このところ16インチで慣れていたから気にしてなかったけど、きつい坂道が多い家周りはよほどタイヤを大きくしてしまうと登れなくなってしまう危険がある。
26インチのときなんてマウンテンドラブまでつけて3×8×2なんておバカなギア比にしていたし。
City7が20インチ標準なのは利に適っているわけだね。2輪の感覚で大きいければ良いってわけではいことに今更気づく。

そういえばまだ持ち上げて重さ確認してないや。ま、でもクイックレリーズでタイヤも外せるし、車載も楽だろう。うっしっし

今年はこっちで遠征するかな。City7_20inc_XT_00

tetchin01 at 20:39│Comments(0)TrackBack(0) Hand Bike | HandBike改造日記

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字