ロモの新型だぁお買い物仕様

2008年03月30日

油圧ディスクブレーキ4

前回は203mmのローターにメカニカルディスクブレーキの組み合わせで、まぁこんなものだろうと思っていたけど、結局ローターが203mmであると上手い事タイヤを外せないことがわかった。
これでは遠征メインの機体にできないのでこれは直そう。

致し方なくローターは160mmに戻し、制動力不足は油圧のキャリパーにすることで解決しようとふんぎった。
結局、最初からこうすればよかったのか・・・。下手な意地で金と時間を無駄にしてしまった。
またホースはステンレスメッシュにしてみた。
膨張分などを考慮してなんて、理屈よりもメッシュの響きが良さそう。それだけ。

不安だった空気抜きも作業が面倒なだけで意外と面白い。

と、ここまでは先週までで何とか作業を終わらせ、本日試乗となった。

今年の桜は週末の抜群のお花見日和となったため、走りは朝だけ絞り込んで花見もかねて走行。

で、ブレーキの効きは、いい。すごくいい。

油圧付けるなんて考えてなかったときはホースがよじれて使えないんだろう、なんて思っていたけど、そんなことは無いことがわかった。

考えられる弱点としては、ワイヤーの場合は
アウターがこすれや伸び縮みでバラケてしまうなどのトラブルが多く、
ワイヤー自体の伸びと空中で遊んでいる部分にたわみがあり効きが悪い。
ハンドサイクルの特徴でもあるこの空中で遊んでいる部分が問題なのだろう。

油圧の場合は、
エア抜きの作業が気を使ったりして面倒、
オイル漏れなどのとき現場では修復は難しい
(↑だろうけどたぶん事故以外トラブルは無いんだろうな)、
ホースは固定されているためハンドリングのヨジレを吸収できない。

と考察できるけど、効きを考えると油圧には勝てない。
この前までの意地でメカニカルをつけたとき、レバーを3本指用にして手がつりそうなくらい力んでもタイヤがロックもしないのに、油圧だと2本指でもロックどころかジャックナイフでもしそうな勢い。

これでCity7の改造はひとまず完結だなー。今年は走ることを充実させたい。

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ロモの新型だぁお買い物仕様