歩行者というだけで良い?疑問、不安

2008年06月18日

復習から、レポートとして問題提起3

この入院中、今一度「〜7つの理由」を読み返した。
おいらが思い悩んでいたことが最後の最後に触れられていた。p280終りからの「〜少なくとも、低速車、高速車の両者が共存できるように画策せねばならんし、〜」と。
読みが浅かった。行数は僅ながらに理想像は存在していた。さすが。
やっぱりママチャリであれ、ハンドサイクルであれ、車道上の自転車レーンを一方行に突っ走って、さらにはその列への入り方のルールやマナーができあがる。ここは、そんな未来を描こうと思う。

しかし、ならば、やはり、ここまで調べた限りの内容では、地元横浜市の自転車整備計画は来るべき自転車活用社会の理想像から離れ、更には事故を増やす結果になり兼ねない、と感じるのである。
こと自転車の切口で調べた事を並べると、
(H18.3)横浜自転車道ネットワーク整備指針
(H19.12)都市計画道路網の見直しの素案(案)
(H20.1)都市交通計画素案パブリックコメント
(H20.2)CO-DO30
(H20.3)都市交通計画素案パブリックコメント実施結果
(H20.3)都市交通計画策定
となる。(ただし、ネット検索上の個人調べ)
つづく→

tetchin01 at 21:44│Comments(0)TrackBack(0)Hand Bike | 日記

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
歩行者というだけで良い?疑問、不安