復習から、レポートとして問題提起新松田駅

2008年06月18日

疑問、不安3

交通計画素案パブリックコメントの自転車政策についての意見に対し、「今年施行される歩道走行の緩和などについても」と答えてしまっていることからも、今回の法改正に絡む一連の問題(車道の自転車通行禁止論)については、例の事の深意が反映されていないとも受け取れる。
さらに、都市交通手段における自転車の速度についてどのように受け止められているのかも不安が残る。車道を当り前に走れず、脇道のたびに止まり、それでも車との事故の危険があり、歩行者との事故の危険まである。本当にこれだけで良いのかな?車道走行の原則は?

さらにその基本はH18.3横浜自転車道ネットワーク整備指針とのこと。この指針中 、「1整備の背景と目的」の「安全で快適な自転車利用」「自転車の利用しやすい環境を整えるため」と表現している事と「2整備の基本方針」の「〜既存の広幅員の歩道を活用した改良や車道等の幅員構成の見直し等による再整備を行います。」の前半。また、「3整備基準」の「既存ストックの有効利用の観点から、」との解説。
これは「安全性の確保」との優先順位が逆転してしまっていると思うけど、良いのかな?などと考えてしまう。

tetchin01 at 21:54│Comments(0)TrackBack(0)Hand Bike | 日記

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
復習から、レポートとして問題提起新松田駅