疑問、不安銀座と通りと自転車と

2008年08月10日

新松田駅5

今回は酒匂川サイクリングロードを走ろうと、ハンドサイクルと共に小田急線新松田に降り立つ。

前回断念した御殿場線松田駅を視察。やはりホームへは階段での移動であった。聞いただけだけど、御殿場だけ車椅子に対応しているだなんて。どうせならあと両端の国府津と沼津だけでも作ってもらえれば、ハンドサイクルでも移動手段として使えると思うんですけどね。
金太郎祭り
ちなみに前回見かけた金太郎祭り。






酒匂川起点
で、新松田駅からすぐにサイクリングロードを下ってしまっては短いかと思って、とりあえずサイクリングロード最上端まで行ってみる。





鮎釣り人が多いなぁ。そんなこんなで思ったより早く最上端。更に上の方まで道が続いていたので進んでみると、バーベキューしている人たちでにぎわっている。いいなぁ。
いい香りの煙を切って進むと小田原と御殿場山北との標識。ムラムラと山北方面への挑戦欲が沸きあがったけど、ぐぐぐっと飲み込んで小田原方面へ南下。もと来た道を戻るだけじゃつまらないと国道を走る。途中スタートの新松田駅方面へ曲がって向かうとガードレールの続く道。更に車道の幅も狭い。こうなると、もうどうでにもなれと開き直るしかない。昭和の香りのする道だ。
酒匂川道中1
再び酒匂川に戻り下流へ南下。







先日ネットで気になった大井町のそば屋へ向かう。途中、開成フォレストスプリングを発見。先日は電車から見ていたけど、これなら輪行でも来れる。うっしっしっし。
川原から国道へ移り、店を見つけるも駐車場が埋まっている。やーめた。そのまま国道を南下。特に名物でもないかもしれないけど、雰囲気のよさそうなそば屋を発見。なめこそばとミニ野菜天丼を頂く。まんぷくまんぷく。国道一号線手前で杉の木に囲まれた神社が気に掛かり境内へ。自治会館や公園まで一緒になった場所で誰一人居ない寂しいところだったけど、囲まれた杉の木の四方から響くセミの鳴き声を聞いて、そのうちセミの声が気にならないチャンネルが脳内に見つかると不思議と静かなのである。すごく久しぶりな感覚。

そのまま国道1号から海沿いを早川港へ。
早川港JAZZ早川港JAZZ2
おや?何処から音楽が?






おっとガード下で一人サックスとCDでセッションしている。漁港でJAZZ、いいかもしれない。しかし今日は時間が無い。ぽちぽち写真を撮り出発。

早川港の港湾内に入る。結構釣りできそうじゃん。寒くなったらイカ釣りに来ようっと。
小田原駅に一直線、帰路に向かう。改札を通ると急行あるじゃん。これ幸いと乗り込み今日降りた新松田を過ぎたら先ほどの満腹感のせいか睡魔が。車だとこれが怖い。しかしここはとウトウト。あっちゅう間に到着。本日の日程終了。

〜〜〜〜〜

6月からドキドキではじめた輪行。
最初は田園都市線から始まり、横浜線、八高線、小田急線と神奈川県西を中心に構想範囲を拡大中。
車椅子の電車での移動自体もさほど慣れていなかったので、なんだか「特訓しないとだめだ」とばかりにこのところ週末は輪行兼ねて電車で移動しているのである。

車で移動するのは好きだったし、短時間に移動できる場合が多いので自分の中では「有意義」だと思っていたけど、「たまにはどこかに」なんて思うと、駐車場の都合が付かずに目的地の目の前で引き返すなんてことがあった。

ところが輪行は鉄道の行動範囲とハンドサイクルの行動範囲が足され、車での移動範囲とは違う未体験を味わえる。

とはいえ、田舎に行こうとすると、その駅が未対応だったりするので事前調査も一苦労するのである。だいたい適応範囲が見えてきた気がするけど。階段を車椅子にハンドサイクルも持ってもらうってのは何処まで対応してもらえるのかチュウチョしてしまうし・・・。

次は八高線で更に北に向かってみたい。

でわでわ

tetchin01 at 21:27│Comments(0)TrackBack(0)Hand Bike | 電車でポタ

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
疑問、不安銀座と通りと自転車と