ハンドサイクルパーツ購入まえばし自転車フェスタ

2008年11月09日

キペックス試しました5

先日購入したキペックス。今日はそれをつけて一回り。

キペックスそのものが何なのかに触れたほうがいのかな?
これは車椅子後輪シャフトに装着することにより、車輪を6+6=12cm外側に付ける事ができるようになるアジャスターのこと。

心配していた駆動輪(前輪)の空転はほとんど無かった。
その代わり、ハンドサイクルから離脱したときキャスターが上がりやすくて気を抜くと危ない。(^^;)

タイヤが横に広がったせいで体重が掛かったときに自然にキャンバーができるようになる。だから体重制限もあるのね。脱メタボのおかげでその利用範囲内になった。(笑)
で、当初キペックスそのものが固定されておらず、グルグル回ってしまうのは如何なものかと思っていたけど、この回ってしまうことにより、キャンバーの角度がちょうど力点に来るという機能も持っているのかと感心。
ただまぁ、目線がかなり下がるので違和感があるのと、車幅間隔がまだ掴めず、ハンドリムをガリガリ擦っちゃったのには参ったけど。

とは言え、安定感は抜群。
フェンスに手を掛け片輪を持ち上げようとしても持ち上がらない。その感覚から横傾斜でも不安が無い。コーナーリングでも片輪持ち上がることもなくなるばかりか、キャンバーが生まれたことにより小回りも利くし、結果、走行性能が上がった。
勿論、車道でも転倒の危険が下がったので不安なく走れる。自動車との干渉は増えたけど。

キペックス自体、ホイールシャフトと同じ機構だから取り外しもすぐできる。これなら遠征しても問題ない。輪行にはウッテツケのパーツである。
もっと早く買っておけばよかったな。(^^)

でわでわ

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ハンドサイクルパーツ購入まえばし自転車フェスタ