イベントの下見いまさらながらの東京夢舞いマラソン大会

2009年09月28日

渡良瀬のイベントが終わって

イベント中の写真、撮るの忘れてた。

ま、ただただ一定ペースで走っていただけだし、見てくれがつまらないけど雑感と云うことで。

ほんと渡良瀬は広大な場所に舗装道(ただし管理用道路)が何筋が有り、コース取りによってキロ数は如何様にも増減できる面白いところ。
でも、総勢8人、トイレの事情とかハンドバイクの経験とかの個人差は如実に出てしまうだろうと思ってたので、引率経験が無かったので気になっていたけど、なんとかなった・・・かな。

そのため、最初から遅く走ることを前提とし、あくまで集団走行することを意識して走ってもらうことを目的としました。

多少走りなれている人には短く感じた距離だから早く走ればあっという間に終わってしまうし、一心不乱に走れば息継ぎの記憶だけで、どんな風景だかも記憶に残らないのではないのかな?

逆にあまり経験が無い人にはこんなペースで走ればどこまでも走れてしまう、じゃあもっと行こう。という快感を味わえたんじゃないかな?

なんて自負してます。
更に、車道を走る経験を積んで、遅くてもそれが自分のペースなんだと思えてくればしめたもの。次はどこに行くかしか考えられなくなるのである。

おいらはあまりにも普通に往復してたから気がつかなかったけど、考えてみれば逆にあの場所に留まらず、あの駐車場から古賀駅に向かい駅前の商店街でポタリングしても面白いのかもと思った。それだけの目玉を見つけなければならないけど。

話題が飛ぶけど、そういえば駅構内の自転車乗り入れ禁止の画像だけは撮っていた。
20090927

偽善かもしれないけど、この言葉表現に思わず逆らってしまう原因もあるのではないかと感じてしまった。

「乗り入れ禁止(押して歩きましょう)」だと否定が前面なので
「押して歩きましょう(乗り入れ禁止)のほうが何をすべきかが明確で良いと思う。

そして、急にイメージが結びついてしまったのだけど、前に書いた車止め。確かにオートバイの進入を阻止する目的もあるのだけど、逆に自転車を飛び出させない目的も持っているのではないかと思った。だって、たいていの切れ目に横断歩道がない。ゆえに車は普通のスピードで過ぎる。その延長か、たまにある横断歩道も猛スピードで過ぎていく。

そうそう、先日ベビーカーのお母さんがもう一人お子さん連れて渡れないかと待っていた。そこでおいらがハンドバイクで横断歩道一車線分からだ前に出していたにもかかわらず、自動車はわざと目をそらして通り過ぎた。すごい悔しかった。
自分はそうしないようにといい教訓になりますよ、ほんと。

話が逸れた。どうせやるならサイクリングロードを横切る車道には一時停止と横断歩道があるくらいでもいいのかもと思った。

だとすると、上記と同じ理屈から

「バイク禁止」よりも
「歩行者と自転車の道」 の方が誰のための場所が明確になると思う。

と、まぁ、だらだらと。
でわでわ

tetchin01 at 22:28│Comments(2)TrackBack(0)Hand Bike | 日記

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 車椅子野郎   2009年09月29日 23:29
イベントお疲れさまでした!

徹人さんの気遣いある引率に加え、天気も良かったようで、初心者の方にも充分楽しめたのではないですか


歩行者を無視したマナーの悪いドライバー、けっこー多いですね。
障害者の側を通過するときは徐行!と自動車学校で習ってるはずなんですけどねぇ。。。
だから私は横断歩道を渡るときは、あえて飛び出してます
2. Posted by 徹人tetsuzin   2009年09月30日 21:51
車椅子野郎さん>
ありがとうございます。
そう、初心者の人にその差を見せ付けることではなく、楽しい世界へと導く事をしようと思ってました。
なんせ基本は6〜8時間サイクリングへの誘いですから。

ひとつ、お言葉ではありますが、ハンドバイクを付けた時からこれは"軽車両"になると思ってます。

車道では自動車に乗るときと同じで、走り出せば健常者も障害者も関係なく、歩行者より強く自動車より弱い。
その立場をわきまえつつも強調する。

そのために自転車とは?を突き詰めていこうと思ってます。
でわでわ

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
イベントの下見いまさらながらの東京夢舞いマラソン大会