日よけそして時代は動いた!

2010年05月31日

自活研の総会へ

先日、都内にて行われた、NPO自転車活用推進研究会の総会に初めて参加してきた。

幾度か理事長へ直接メールで物言いをしていることもあり(^^;)、特に発言はしなかったけど、こうイベントが都内で行われることが多く、どのように地方ヘも発信すべきかなんて話にも発展したり。

その中で、今年の事業計画も発表された訳だけど、興味深い項目が一つ。

「自転車活用に関する調査研究」として「新たな自転車ニーズの方向を調査分析し、幅広い層が安全に利用できる自転車とその常用環境に関する情報と研究を行う。」 というものがあり、実はこれ昨年度行われた「障害者自転車ニーズ調査研究事業」を継続する段取りだとか。
(自活研のH22事業計画書http://www.cyclists.jp/pdf/H22plan.pdf)

とはいえ、すなわちハンドバイクではなく、昨年度はいわゆる3輪足漕ぎ自転車の調査研究を行われた模様。調査期間も短く消化不良の感が否めず、もし機会があればハンドバイクを主張する、いいキッカケになるかも知れません。

今年度は予算を昨年の半分まで縮減して活動されるとのこと。
自分の職場も似た様な感じだけど、一会員として凡人なりに何ができるのかな?なんて考えてしまった。

そして感じられたのは、今のところ自転車の機体にその可能性を見いだそうとしているけれど、それだけではなく、走行環境そのものも含めて考えてた方が良いと思った。ただ”障害者”のくくりだけだと3輪自転車もあればタンデムにハンドバイクにと、かなり広範囲になると思われるのだけど、どうもそこまで思いは巡られていないのかなと思われた。

物理的な問題を解決するのなら、

●走るための、道路の構造。
(自転車レーンに限らず、3輪では危険な横勾配のウネリや、段差の解消など)
●停めるための、駐輪場の構造。
(地下や立体の駐輪場への、いわゆるバリアフリーなど。それより最初から既に整備されている、ユニバーサルデザインの方が先行してほしいけど)
●走るための、自転車の構造。
(それぞれの障害に対して対応するための自転車の構造に対する基準など)

これらを見つめ直したあと、法整備などの問題として、

●走るための、交通ルール。
(登りなどで低速にならざるを得ない場合の対処法など)
●駐輪するための、駐輪禁止除外を含めた駐輪ルール。
(立体駐輪場など、停めることができない場所への対処法など)
●自転車の構造に対する、安全のルール。
(過剰防衛になることの無い最低基準の安全基準など)

これらを整備する必要があると思う。
あくまで理想論ではあるけれど、これらを見つめ直せれば、2輪にとっても良い環境が整うのだろうと信念を持っていたりする。

そんな感じで、でわでわ。

tetchin01 at 22:07│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
日よけそして時代は動いた!