いいかも知んない前輪ユニット見つけた

2010年09月12日

しかし、車止め

mixiでも書いた事でもあるけど、今日は夢舞いポタの試走に再び行った。

前回の試走でバンドバイクではキツイと思われるところに回避ルートを設定してもらえるように話したものの、実際に走った事がなかったので感じがつかめなかった。

全部で3カ所あるうちの2つは登り坂がキツイところ。
飯田橋から神楽坂に回り市ヶ谷に向かうコースを飯田橋から市ヶ谷、四谷まで外堀通りを一直線。

他の人はわからないけど、どこに行っても川や池があると思わず水面を眺めてしまう。
釣り好きなこともあるけど、近所のサイクリングコースでも大抵の人がそうなる事を考えると、なにか本能的な物があるのかも知れない。

で、その外堀も植物性プランクトンで真緑な水面ではあるけれど、これはこれで都会の雑踏の中に現れるとそれでも思わず目が行ってしまう。

大会までにどれくらい秋を感じる様な風景に移り変わっているか楽しみ。


次の回避ルートは、四谷から赤坂御用地沿いを通る本来のコースは大きな谷を通るため、その坂を避けるように設定されたコース。

この距離の最後にこの坂はちょっと勘弁というくらいのお坂だったので、回避してとても楽になった。
回避したからといってつまらなくなる道なりでもなかったので、よかった。


それと、3つ目は車止めがあるために回避しようと設定したコース。
回避した結果、駐車場を通らなければならないのはなんか寂しかった。

で、今日、もう一度行ってみた。

IMGP0175_2


見ただけで素通りしようと思ったけど、しかし、どうにかならないモノかなぁ。ともう一度行ってみて、思った。

なんでこんな作りにしているのかな?なんて思いつつ、「このやろー」とばかりに手でにぎるとユレルではあーりませんか!

で、もっと強く押せばかなり倒れる。
あれれ?って、無理矢理ハンドバイクで突き進んでみると、通れちゃいました。

車止めだけ見てて、周りを見ていなかった。
自分で撮った画像を見る限りだけど、そもそもこの道は何が通れる道なのかの表示がないのかも知れない。
平坦な道なのに車椅子が通れない(と思てしまう)道だなんて悲しい。

たぶん、オートバイが入ってしまうのだろう。けど、それがエスカレートしてしまうと、ペダルだけが入るパイプでできた車止めだとか、車椅子用U字ゲートだとか、とてもつまらない作りの道になるのだろうな。

多摩川とかを通ってみて感じた事は、U字ゲートって電動車椅子やシニアカーは通れないんじゃないかな?
業者さんとかもがんばっているのだろうけど、でもこれって無法者を物理的に排除しようとしながら、あまりにも自由がなくなっている様なそんな気になる。
スクーターとかを排除したいのはわかるけど、せめて交通の基準はシニアカーの設計を最低基準にして欲しい。

そうしてくれれば鉄道業界のシニアカー対応と同じ目線で考える事になるし、そうすればアダプタ式のハンドバイクならば同等の寸法になるのだし、今後増えるのではないかと勝手に思っている前輪ユニットや前輪電動ユニットにも対応できるようになるので、個人的には嬉しい。

要はもっと街を楽しみましょう。ということだ。

tetchin01 at 20:59│Comments(0)TrackBack(0)Hand Bike | 日記

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
いいかも知んない前輪ユニット見つけた