動くための道具フィッシュ。

2010年10月21日

夜明け前

「自転車レーン6600km可能」(毎日新聞平成22年10月21日朝刊”1面”!)
20101021(001)

ヒキタさんのメルマガで知った新聞記事。(うちでは他社をとっているもので)
ついにキタって感じがします。

そして、

これからがハンドバイクの出番です。

”障害者手帳があれば歩道を走れて良かったね”
なんて子供じみたことを言ってはいけません。

それが許されるのは子供同様、これから走り出そうとする期間だけ。
慣れて来たら(10km/h以上で走りたいなら)車道で走るのが本来の姿。そして安全。

それは健常者と同じ。
ルールもマナーもあるからこその”自由”。
何も考えず好き勝手にやるのはただの”放漫”。

いいねぇ、6600km走ってみたいねぇ。
ハンドバイクでツーリング。ワクワクするじゃない。

正直、自分が現役でハンドバイクに乗っている期間には間に合わないと思っていたけど、

・・・これは、ヒョットしてヒョットしますぞ!

なんだ、ワザワザ買わなくてもウェブに出てたのか、ま、いっか。
内容もあるけれど、この記事が1面に出て、それが販売されて、大勢の目に留まったことが重要だと思う。(^^)b

「自転車レーン:6600キロ可能 主要道8割に設置容易」
http://mainichi.jp/photo/archive/news/2010/10/21/20101021k0000m040117000c.html
「銀輪の死角:元官僚、自転車政策「反省」 歩道走行40年放置」
http://mainichi.jp/select/jiken/ginrinnosikaku/news/20101021ddm041040084000c.html

ちょうど今日はインフルエンザの予防接種を受けるために早退してて、待ち時間や余った時間でヒキタさんの本を読みきったところだったので、とても熱い気分。
って注射のせいもあるけど。

そうそう、「自転車ツーキニストの作法」ぜひ「自転車の安全鉄則」と合わせて読んでいただきたい。

tetchin01 at 18:34│Comments(0)TrackBack(0)日記 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
動くための道具フィッシュ。