2011年11月22日

歩道通行

ここの処、電動車いす及びハンドル型電動車いすについて考えを巡らせていて、ようやくまとまってきた。

そこで改めて「車いす補助車等」として考えてみると、シニアカーである「歩行補助車等」に比べその使い道と構造に種類があり、まずはその種類の整理をする必要がある。

例として、車いすに取り付ける(アダプタ)形式の物をシュトリッカー社の製品群から見てみると、
シュトリッカー社(ドイツ語)

◎前輪ユニット
◎原動機付き前輪ユニット

◎クランク駆動前輪ユニット
◎電動アシスト前輪ユニット

と4種類あり、歩行者側と自転車側に別れる使い道がある。

そのうち日本で販売されているのは原動機付き以外の3種類である。

個人的に、残りのその原動機付きを日本に組み入れられる為にはどのようにしていけるのかを考えたいのが今の課題である。





そんなこんなで、歩道での登場人物を速度から分類して下図を書いた。
歩行者と車両

となり、歩道での上限は時速6kmを目安に法整備をまとめている、とみているが、あわせて自転車は時速7kmを”目安”になどの話もあり、となるとランナーはなんて考えも巡る訳だが・・・!?

そして見逃せないのは”普通自転車”。
改めて、普通という名の以上に見えてくるから不思議である。

ハンドバイクも車いす補助車として重なっているようになるが、上記の通りその中に車種の分けがあるのと、障がい者手帳があると限定が解除されるので、こちらのイメージの方が正当だと思う。

そんな中・・・
2011/11/17 05:30:43
【タウンニュース緑区版】 時速20km以上に警告 緑警察署が市内初の取り組み http://t.co/YUipcVAJ


どうやら憶測するに、測定機械主体だとこうなるらしいが、それではその先に見える実体が見えてこないと思う。

原動機付車いす補助車等(仮称)を奨めて欲しい理屈を考えていたところ、歩行者とは何かを考えることができた。

tetchin01 at 06:30│Comments(0)TrackBack(0) 車いす補助車等(仮称) | Hand Bike

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字