灰色出現

2012年02月28日

共有

提言、まだ読み砕きちうです。

今回のは交差点部の設計のイラストを見せられ「これなら」と感心するも、やはり対応例3を見せられ、

「これじゃハンドバイクでは通れない・・・でも、普通自転車が対象なのではしょうがないしなぁ」

などと悶々と考えるばかりで、意見を考えるも言葉尻をとらえるだけでこれという言葉が出てこない。

確かに、対応例1は理想的だし対応例2は現実味が一番高い。でも、この消化不良はなんなのか。
とにもかくにも、この提言案の中で気になった言葉「分離」。じゃあ、ということで検索でカウントしてみると、

  分      42件
  (うち、分離 25)
  (   分かり 8)

  共       9件
  (うち、共有  1)
  (   公共  6)

となった。

イラストで見て納得できても、文章では納得できなかったのはこれから来ているのかも知れない。

以下は個人の意見の事柄。
「自転車が通るところはあくまでも自転車道。車道はその共有部分の総称である。」
ちょっと強引すぎるかも知れないが、普通自転車ではないものが生き残るためにはこのぐらいの考えがあってもいいのかと、長過ぎの感もあるけど、下書きも兼ねて理屈を書いてみた。

以下、理屈ーーーーーーーーーー

「(1)道路交通状況を踏まえた整備形態の選定」について。

この提言案では整備形態の名称を「車道、自転車道、自転車専用通行帯、歩道」とし、すべてに於いて分離することが目的のように見受けられます。しかし、自転車専用通行帯の理念は別のところにあります。歩道とそれ以外の道路は歩行者と車両の住み分けにより分離されて当然ですが、自動車専用道以外の車道には自転車の通るところが必ず含まれています。その自転車が走行できるべきところがあること、走行することの権利を視覚的にわかるようにする方法が自転車専用通行帯です。あわせて、自転車道については車道に含むことが妥当ではないために、現在の車道とは別に自転車の専用の道として整備するというのが本来の整備形態だと考えます。

そこで、提言案にある「自転車道」「自転車専用通行帯」「既存の自転車歩行者道」については、その名称を整備方法の型式とし、今ある道路に属するという考え方ではなく、自転車が通行するところがすべてが自転車道であり、自転車道の存在する方法として「車道分離型自転車道」「車道共有型自転車道」「歩道共有型自転車道」という表現法に置きかえることができると考えます。

そして、普通自転車のみ「歩道共有型自転車道」を徐行により通行することができる。と現行法に沿わせる方法が考えられる一方、「車道分離型自転車道」および「車道共有型自転車道」については普通自転車の規格外であり自転車規格の車両について通行することを阻害するものではない。とすることが望ましいと考えます。

これにより、車道において「車道共有型自転車道」がある場合には自転車の通行部分について「自転車専用通行帯」で示す、とします。

また一方、歩道においてはその表現を追加し、「歩道共有型自転車道」がある場合には自転車の通行部分について区分線及びカラー表示とともに”歩行補助車を表すピクトグラムで表示する”。とします。
これは、歩道内における優先順位として歩行者と自転車の間に歩行補助車があり、その通行を妨げることがないように明示をするためであり、歩行補助車の安全な通行を整備することを含めて考えられるためです。

これらにより、自動車が自転車の通行を、自転車が歩道者の通行を妨げることに違和感を覚えさせられる事により安全を意識し、より走行及び通行することが円滑になるであろうと考えます。

ーーーーーーーーーー

(追記)

今一度、分離について考える。

なぜ今回、分離にこだわったのだろうか?
分離によって解決するのは「混沌とした状況」と仮定する。


    分離  ← →  混沌


また、ハワイで見てきたように「共有(Share)する」(Share the road)という考え方もあり、分離とも混沌とも混ざらないところにある。


         共有
          ↑
    分離  ← →  混沌


住み分けるという意味合いにおいて、分離することだけより共有することも取り入れることにより、その応用の幅が広がると考えられる。

分離だけに頼るのは、そこにコミュニケーションという人間的な行動を忘れた、非人間的な行動からの解決策なのかも知れない。と、ターンシグナルに頼るしかないモノは思うのである。

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
灰色出現