広告理由

2012年05月20日

クロカン

後ろ2輪でのクロスカントリーモデルということらしい。



他者で以前出ていたもの



共通して後輪にもディスクブレーキを装備。

この二つのモデルの差はギアにあるよう。
前者は内装なのに対し、後者は外装。

オフロードにおいては内装の方が有利と個人的には判断するが、それでもハブギヤはその精度によってかえって使い勝手が良くないものがあるのもまた事実。
とはいえ、ワダチなどで突っ掛かった場合、停止しているその場でギアポジションを変えられることにその利点があると考える。

しかし、背もたれの長さ、ベルトがないことから、かなり状態の良い者を想定しているのではないかと思われる。
やはり、それだけの基礎体力がないとオフロードは難しいのか。



こんなコースが身近にあればなぁと、ただ、うらやましく思う。



最終的に求めているのは「非現実」なのだろう。
だとするとその走行を持続して楽しめるのかに疑問が残る。
確かに憧れはするが、ある時点で飽きが来ないのか?ということ。

ハンドバイクは目的なのか、手段なのか、それを見極めないとただの”おもしろ自転車”で終わってしまう。
志は高く、視線は低く。これがハンドバイク。

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
広告理由