サイクルスピードウエイジャパンイベントとニュース

2012年07月03日

解析

先日のcycle speedwayの記事についての続報。

今回初めてGoproというカメラを使って動画撮影して、また、初めてYoutubeにUploadした訳だが、この3日弱での再生回数が予想以上に多いことに気がついた。

いや、自分としては何かの間違えではないかとさえ思った。

そこで、イヤラしくも動画の統計情報を見てみると(2012-0703,21:00ごろ)

40)


(拡大)
40)


と、なぜかイギリスでの視聴回数が多い。そこでそのリンクを叩いてみた。

http://spokesman-online.co.uk/28.html

13)


すると、なんてことでしょう。かの動画が貼付けられているではありませんか!


<その紹介文を引用(上記ウェブより)>
Cycle speedway has been launched in Japan.

The sport made its first appearance only two months ago and yesterday the first ever official tournament was held - at the multi-purpose Komazawa Olympic Park Stadium in Tokyo.

Clearly the sport is in its embroynic stage but, in typical Japanese style, is well structured and organised.

We hope you bring you more news of this exciting development shortly. In the meantime take at the video of Japan's inaugural race meeting.
<引用終わり>

<Google翻訳で直訳>
サイクルスピードウェイは、日本で開催されています。

スポーツだけで二ヶ月前に初登場したと昨日初めて公式大会が開催されました - 東京で多目的駒沢オリンピック公園競技場で。

明らかにスポーツは、そのembroynic段階にあるが、典型的な日本のスタイルで、よく構造化され構成されています。

私たちは、あなたがすぐにあなたにこのエキサイティングな開発のより多くのニュースを持って期待しています。その間に日本初開催のレース会議のビデオで取る。
<直訳終わり>


たまたまtwitterでその開催を知ったイベントに興味本位でビデオ撮影をしたら、こんなつながりを持てたことに感謝。

ぜひ、この関係を育み、発展していってもらいたいところです。
そして、そのすき間に是非ハンドバイクも置いて欲しい。

小径、ショートトラック、テント屋台、こんな日本向けな”お祭りの似合う”環境は他の自転車イベントに無い。

今までメノカタキにされてきたノーブレーキが一躍”花開く”ステージとなり、彼・彼女がトキノヒトになるのである。
アーリーキャットレースのように月の裏で行われるようなものではなく、老(?)若男女、幅の広い人間関係を広げられるのではないかと、期待してやまない。

ま、ノーブレーキについてはそこそこ、コースターブレーキに置き換えてもらえればハンドバイクで参上も可能である。
おまけに、ちびっ子によるストライカー競技であったり、インラインスケートのレースも開催可能だろう。

道路にしても、レースにしても、今、一番求められているのは”自転車が活躍できる場”ではないだろうか。
正直、今から網の目のようにバイクレーンを引けと言ってもいつになることかはわからない。
ならば、この様な小さな小さなレースの拠点を星のように散りばめて、それを正座のように線を引くという作業はどうだろうか。

実際、大規模自転車道である98路線は河川と鉄道の廃路が使われている。その場合、線だけはでき上がりはしたが目的地が無いことにより、通過場所となってしまったのではないかと考える。

ならば、その逆に拠点となるイベントスペースを常設し、主要場所からそこに向かう道路を選定してガイドマークをペイントする。
これにより、どこに向かっているかが予想でき、街中での注意箇所を発見し易くなるのではないかと、勝手に想像するのである。


最後に、そのイベンターさまの総括のリンクを貼ります。

Bicycle Ecology Japan/B.E.J.
http://bicology.exblog.jp/17718866/




うひょー。ワクワクしてきたー!
(^-^)y

tetchin01 at 22:30│Comments(0)TrackBack(0)日記 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
サイクルスピードウエイジャパンイベントとニュース