社会実験学園祭

2012年10月08日

第5回

今年も夢舞いをしてきました!

IMGP1052


予報とはちょっと変わって、降り続く雨。

IMGP1036
ジョシケイリン
アダプタのを見てもらいましたので、次はレース用を誰か見せてあげてください!

IMGP1038
ご挨拶。

IMGP1040
安全宣言。



そんな中でもスタート!

マラソンの方達との合流が楽しかったり、
IMGP1043


ハンドバイクはもう一人、頼もしい助っ人。
IMGP1045


所々、コース案内の方
IMGP1050


予定通り、食べ歩きも完了。

試走だけでは見えてこないところもあったり、予想に反して路上駐車が多かったりとはしたが、今まで参加した他のイベントに比べて自動車からクラクションを鳴らされる事もなかったように感じた。もちろん最近の報道などの影響から意識されやすいのも有ると思うし、多分に「ルールを守ってのんびり楽しみましょう」のコンセプト通り、各人が臨機応変にジテンシャを楽しめたからではないかと思う。

結局、時差スタートしたとはいえ大人数で走ることは少ない故、2段右折の場所などでは渋滞を起こすことも有るだろうけど、その”待つ”ことも一つの経験としてイベントの一部だと思う。

昨今イベントの形態を変えて多様な方式がある中、オーソドックスに一つのコースを走る方式にしている利点として、皆で景色を共有できることがあると思う。その中で待つ行為もあることで参加者には体内時計の微調整がされ、「このくらいの人数ではこのようなことがある」という経験値が上がったはず。

もういっそのこと、これは来たる自転車で起るだろう「渋滞の社会実験」をしている。と考えてしまえば良い。

レースでも、オリエンテーリングでも、ましてやブルベでもない。
普段できることができていない今だからこそ、「ポタリングする社会実験を大勢でしてきました。」



個人的に思う来年の課題は「自転車乗りのコミュニケーション」だと感じた。
なぜか無口、追い抜きざまも黙ったまま。ルールを守れてもその先のマナーがなくちゃ楽しみが減っちゃうよ。
クラクションやハザードのあいさつがない分、言葉やハンドサインで合図しようぜ。
あ、でもこちとりゃターンシグナルだけどね。

tetchin01 at 21:48│Comments(0)TrackBack(0)Hand Bike | 日記

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
社会実験学園祭