駐輪パラダイムシフト

2012年11月17日

車学、補講

車学とは「愉しむための自転車学」。補講とはその後の飲み会。(^^)

昨日はその本年度秋期講座最終回があったのであります。

さらに塾長こと疋田先生の誕生日前。塾生の方の手作りデコレーション。
DSC_0018
(あららピントがずれてる(T-T))

この講座に関して私が行くとなると学習院側に部屋の変更をしてもらう必要があるのと、仕事を早引きする必要もある為お恥ずかしながらもう数年、本講座には行っていない。

とはいえ、やはりここが自分の生活を転換してもらった場所であり、離れられないのである。
今はその分、自活研であったりと行動場所をシフトしてさらなる活動の幅を求めている訳で、本当にここに来ると原点回帰できる。

ハンドバイクの自分が何者なのかを知り、文字通り愉しんでいる人たちを知り、同調できること差があることを知るきっかけもでき、それを解決することで次なる目標ができる。

自転車の中での異端児であるハンドバイクの中で、さらに異端児であるとは思うけれど、この路線はやめられません。

何も気にしている訳ではないだろうけど、その存在をフツーに居させてもらえるこの疋田塾は貴重な存在なのである。

tetchin01 at 13:55│Comments(0)TrackBack(0) 日記 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
駐輪パラダイムシフト