到着PREMIUM BIKE IMPRESSON

2013年03月23日

赤いヤツ

P3233695

夜桜見物をかねて、シェイクダウン。

いまいちセンターが取れていないため、肩によけいな力が入る。
こちらの機体にはあえて、マウンテンドライブを付けなかったため、坂が上れるのか不安だった。しかし、その心配は無用で、登る登る。^^

IMG_0028


バッテリーさえ切らさなければ何とかなりそう。
一つ余ってしっているマウンテンドライブのヘッドを移植できないかと散々見回してみたののの、いくつか不都合が見つかり、これは純正品でのマウンテンドライブのヘッドが必要なのかも知れない。
峠道を目指すまでにはまだ少し先になりそうだ。

とはいえ諸元からすると、平地で40kmがバッテリーの容量での限界らしいが、スイッチもいくつかあるので、その組み合わせにより走行距離も増やせるのかも知れない。

繁忙期が過ぎたらデータ収集をしてみよう。
スピードメーターが反応せず、原因も不明のままなのが残念。それでも10km程走った感想として、パワーハイブリッドとなるこの自転車ははアリ、だ。

上り坂でヘロヘロになるあの感覚が激減する。
今まで遠ざかっていた上り坂にも行ってみて、本当に登る。

かえって、息が上がって休むこともないため、回し続けることとなる。

これは今までとは何か違う効果を引き出すのではないかと、なぜか久しぶりに筋肉痛になった肩をかすりながら、そう思う。

しかし、立ち漕ぎができないハンドバイクが電動化によってこれだけ走ることができるようになるとなると、健常者が電動アシストだけを使うというのは実にもったいない。
きっとそれは、立ち漕ぎをする権利を放棄してしまうことになる。

「座って漕いでばかりいると、美容と健康に悪影響を起こす恐れがあります。」
とまるでタバコのパッケージのように注意書きしても良いのかも知れない。

その上で、電動アシストなんて、我々歩くことができない者が乗るための機構だ、と主張してみたい。

というよりハンドバイクそのものの市民権の方が先か。

tetchin01 at 23:00│Comments(2)TrackBack(0) HandBike2.0 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by タニグー   2013年03月24日 09:55
5 ついに来ましたか。おめでとうございます。

距離かトルクか、思うままに調整できるといいすね。

繁忙期が過ぎたらロングライド行きましょう。

あ、ぼくが着いていけないか(笑)
2. Posted by 徹人tetsuzin   2013年03月25日 06:45
タニグーさん>
コメントをありがとうございます。^^

まずは人間がその性能に馴れることが必要ですね。
そして、思うままに調整できるようになった時、さらなる可能性が生まれるだろうと期待しています。

ロングライドいいですね。大丈夫です、ちゃんと牽きますから。WWW(←強気)

でも、40km弱以内でお願いします。自宅付近の坂を登らないといけないので。
あ、弱点をばらしてしまった。w

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
到着PREMIUM BIKE IMPRESSON