サイドカー文化Lupo Bionx

2013年08月08日

車いす文化

そして、動画垂れ流しは続く。今度は車いす関連。
いや、前号もそれだけど、少し角度を替えて。

Walter - Wheelchair Design Project

シートを前に出すというこのフレーム構造はアリだ。アフリカの悪路だからこそ考えられるそのデザイン。
そしてこれはアダプタ式ハンドバイクをより利用する上で、革新となり得るアイデアだ。
悪路とハンドバイク。これは流行りの兆しか!?

ちょうど、PROACTIV社のLiftとは縦横の真反対の考え方。
http://www.terreus.co.jp/05_wheelchair/01_proactive/lift/lift.htm
縦にも横にも動けば、言うことなし。(w)

しかし、残念ながら、日本でここ20年ほど進化して来た「前出し」文化の真反対となる考え方なだけに採用されることはまずないのだろう。

動画にあるキャスターを見ると、以前に貼ったMITの関連のプロジェクトなのだろうと思う。
それにしても、このモザイクの使い方。それだけ神経過敏にならざるを得ない状況というのはどのようなことが考えられるのか。厳しさのある環境なのだろうな・・・。


つぎ。

New Wheelchair Lift Promises More Access

自分の手で動かすリフトの開発プロジェクト。
確かに、後輪で駆動できれば電動車いすでもリフトが可能になるが、それでも、ハンドクランクなどを使ってもっと効率的に動いてくれると嬉しいかもしれない。


つぎ。


フル電動ハンドバイクのもう一つの形式。
もちろん、アダプタ式で構わない。しかし、こういう方式も考えられる訳で、見ている側で何が足らないか。
電動を利用できるその環境でしょう。ってことで。


つぎ。


ベビーカーのキャスターを車いすのキャスターのように使うことで、一緒に移動するという考え方。
個人的にはまったく関係ないが、このアダプタが目に留まった。
Oーエックスさんのアダプタにそっくり。
ということは、すんなりできてしまいそう。
ベビーカーに限らず、ペットのカートでも、ショッピングカートでもいいのだと思う。



tetchin01 at 21:59│Comments(0)TrackBack(0)動画でどーだ | 日記

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
サイドカー文化Lupo Bionx