押し歩き五輪

2013年08月29日

オフロード

どうもシュミッキング社がオフロード用のハンドバイクに活発のようだ。




とはいえ、その固定車のフレームにローロフ社のハブギア。
どれだけ贅沢なのか。実売でも100万円にほど近いのではないだろうか。

そして、その活発さの現れにこのようなサイトを見かけた。
UKのハンドサイクリング協会だそうだ。

http://www.handcycling.org.uk/index.html

そして、そのなかにはオフロードとしての記事と、ATH、即ちオールテラインハンドバイクとしての記事があり、そこにはドイツのシュミッキング社とアメリカのトップエンド社の機体を取り上げている。

しかし、ATHとしてはその名称も、機体に関しても下記のラッシャースポーツ社のものが従前より認識しているのだが、その記事は見えてこないのが不思議である。

もしかすると、オフロード用としてのスタンダード争奪戦が繰り広げられているのかもしれない。
下記の動画とその元としてのFacebookのページ画像からラッシャースポーツ社の完成度のスゴさが伝わる。

http://www.lashersport.com/products-ath.html



元は前2輪のオフロード車、例えばエクスプローラーII(http://www.offroadhandcycle.com)で採用されているスイング機構。そのスイング機構を後ろ2輪で採用してしまったのである。

さらにこのカラーリング。まさに派手。
まだ、ラッシャースポーツ社のwebには登場していないためその詳細は不明ではあるが、ここまで凝ったものが作られていることに驚く。

しかし、オフロードでも最近は電動化の波がジワリジワリと近づいていると思え、その表れとして下記があるだろう。


ハンドバイクとしてどうしても越えられない、立ち漕ぎ分の出力。これだけは電動を使い始めたら止まらないだろう。
もっとも、電動化の正反対の位置にレースとしてのレギュレーションが存在するのであれば、もちろん手動のみとしての規則性ゲーム性が存在する訳であり、そこには肉体の修練の固まりが集う場所がある。うーん、マッチョだ。^^;

オフロードと言っても、レースやホビーとしての悪路が存在すると同時に、発展途上だったり未開発の地域へのアクセスという存在の仕方も考えられる訳であり、ただのマニアとしての扱いとしての見方だけで捉えると、肝心な社会貢献の度合いも見落とすことになりかねない。そんなことを感じた。

それにしても、日本では(以下省略)。

tetchin01 at 00:39│Comments(2)TrackBack(0)動画でどーだ | 日記

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by のら隊長   2013年08月29日 09:59
エクスプローラーのように、前傾で乗り込むのはちょっと引いてしまうけど、リカンベントタイプだと、ちょっと乗って見ようか的な気楽さはありますね。私はプロアクティブのNJ1に26インチMTBタイヤを履かせてプチMTB的に楽しんでいますが、ロードタイプより気持ちいいですよ。ハンドバイクの裾野を広げていくためにも、どんどんこういった話題を取り上げて行くとともに、自分たちも「変人」と揶揄されようがトライしていかねばと思っています。ところで、電動のMTBのハンドバイクを試乗したことがありますが、乗ったのがALOISのspeedbike comp ccってモデル。慣れも必要かもしれませんが、ハンドル操作がめちゃくちゃ重い。まぁ、グリップからいろんなワイヤーが出ているのでその辺りも見直しが必要かもです。
http://www.praschberger.com/de/handbikes/speedbike-comp-cc/
2. Posted by 徹人tetsuzin   2013年08月29日 20:21
どうも、変なおじさんですっ。(古)

のら隊長さん、コメントをありがとうございます。
ところで電動化にもいくつか考え方があると思うのです。

1)あくまでも原動機としてガンガン走る。
2)薄く長くモーターを使う。
3)必要なときだけモーターを使う。

こう考えた時、オフロード用は1)の使い方が主になるのではないかと考えていますし、ひょっとしたら重く感じられたのもモーターを使うことを前提にしているからこそかもしれません。そのなかでも、そのBionXシステムは回生ブレーキモード(エンジンブレーキみたいなもの)を持っているので、下りでは回生ブレーキを使うことによって走行距離を伸ばせるモデルですね。

私が使っているものは回生ブレーキはないものの、電源を切った場合でもある程度手動のみで走ることができる機構です。ですので、1)も2)も低速に我慢できる場合は3)の使い方もできます。さらにアダプタですのでトイレも行ける。(^^)
悪路を考えた場合、タイヤは太く、キャスターも外せ、セットバックできる車いす。
じつわちょっと狙っています。<<<<(-_- )

結局はトラクション、タイヤ、動力。これらを理想に近づけるのがオフロードの考え方かと感じます。でも、これってハンドバイク(それもアダプタ)乗り始めたときと同じ悩みのようで、またかと思うと苦笑いです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
押し歩き五輪