RAPTOR 4all弱者とはなんだ?

2014年05月11日

いじる。

どもです。

久しぶりに走るための改造を施しました。
久しぶりというより、やっとできたという処が本音ですが。


まずはバッテリーの積載アダプタです。

SmartLupoのフォークには元々から不思議なプレートが溶接されていて、どうも観察するとリクセンカウルのアダプタと穴位置が同じ。

とはいえ、板面に付けられる様なアダプタは存在せず、自分で加工するしかないのですが、ちょうどと言うか、あれやこれや試しにアダプタを買いそろえていたので余剰分が有った訳で、これを使わない手はない、と。

元々の穴も塗料で埋まっているため、一度ネジ山立て。
image


で、付けてみた。
image


オッケーそうなので、両側に。
image
しかし、こうして見るとアダプタだらけだ。使い方も変化できるかも。

で、バッテリーを積むとこんな。
image
思っていた以上に幅があり、しっかり固定はできているものの少々たわむ。
使う機会を長距離ツーリングだけに限定すればこれでいいかな?てな感じで。



次にグリップ。
今まではバーテープを巻いて使っていたものの、ちょっと気になっていたエルゴグリップを組み込んだ。
image

健常者の乗る自転車のバーハンドル用に作られたグリップなので、ハンドバイクで使うのとはその使い方が90度違うこととなるけれども、どうもこのページの記事が気になっていた訳で。

Bike-On.com の Bike-On Ergo Lite Handcycle Grip のページ
http://bike-on.com/product/bike-on-ergo-lite-handcycle-grip-1060.htm

以下、商品説明の抜粋。
ーーーーー
Product Description
We think our Ergo Lite Handcycle Grips will become the new standard in handcycle grips. They are ergo-shaped and rubber cushioned for a comfy feel, and they are light too. You'll appreciate the lack of that pesky spindle that your fingers get wrapped around - they feel good! This unique spindleless method of attachment, originating from the bottom of the grip, is the basis for our patent - we think it is long overdue!
ーーーーー
以下、Google先生の直訳
ーーーーー
製品の説明
私たちは、エルゴLiteのグリップハンドサイクルは、ハンドサイクルのグリップに新しい標準になると思います。彼らは快適な感じのためクッションエルゴ形状とゴムであり、彼らはあまりにも軽い。あなたがその厄介なの欠如を認めるだろうとスピンドル指が巻き付け取得する - 彼らは良い感じ!アタッチメントスピンドルレスのこのユニークな方法で、グリップの下部から発信は、当社の特許の基礎となっている - 我々はそれが長年の懸案だと思います!
ーーーーー

という訳で、興味津々だった訳です。
とは言ってもグリップそのものを個人輸入しても高くつくので、ここはお試し、なのです。

image

こんな感じで、親指の付け根がちょうど当たります。
これによって、握るための余計な力みがなくなるのですね。

とはいえ、逆に握り込んでいないことへのフワフワ感もあるので慣れも必要かと。
しばらくはちょうどの角度を見つける作業が続きそうです。



そんなこんなで、上記に反してアシスト無しでお出かけ。

image
耕したばかりの畑の足跡。特に意味はなく、なんか気になった。

image
公園のアイドルか?これだけの望遠の数、多分目当てはカワセミ。

image
なんだかんだと母の日。川沿いを走っていて、いつも気になっていた花屋さん、どうやらドライフラワーと造花の専門店らしいが、さすがに今日は店頭にも生花がありますね。

そんなこんなで、休みもアッという間に終わってしまったなぁ。

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
RAPTOR 4all弱者とはなんだ?