弱者とはなんだ?共存

2014年05月23日

ヨコハマトライアスロン

もう、とっくのことですが、今さら。トホホ(T_T)
FBで書いた記事を加筆訂正しています。
また、思い込みも強く書いているため、かん違いした表現があるのではないかと感じています。変な表記についていはご指摘いただけると幸いです。

もう、単純な見物してヨコハマトライアスロンを見に行きました。

P5174139 P5174111 P5174264 P5174147


この日は現地まで自走。それなりに早くつくつもりで出たものの、たかが20km、されど20km。
そのせいか、着いたのもパラトライアスロンのバイクが始まっていた頃で、どうにか見られた。といったところ。
そんなこんなで、順位とかそういうことを気にしている余裕がありませんでした。^^;

それにしても、ニッポンの国旗のアピールが少ないのは何か信条が有ったのでしょうか?
P5174171 P5174166
この対比がなんとも、かんとも。

テレウス社のページでも記事が。
「横浜パラトライアスロン大会 木村選手3位獲得!」
http://www.terreus.co.jp/07_iventinfo/racedetails/paratriathron_yokohama2014.html

どうやら、ブランドの表記はないものの、シュミッキングだったということは上記の2枚は、シュミッキング vs カーボンバイク、なんですね。


なんだかんだと、レース終了後の知人(イベントの手伝いをされていた)方の一言が胸につかえて消えません。

「国外選手は今日のレースでポイントを狙ってきている。そのせいで当初日本人選手の立ち位置が危なかった。」と。

スイム・バイク・ランのトライアスロン。

個人的に思うところ、ひょっとしたらバイクとランの機材の差がわからない観客がいる、というのが残念ながら日本でのハンドバイク文化(あえての表現)の認知の仕方なのだと思っています。

(手前味噌なこともありますが)そこであえてこの文章を引用します。
http://cyclists.jp/legist/images/suggestion.pdf
「提言 平成 25 年 12 月 20 日 自転車活用推進議員連盟 自転車活用プロジェクト・チーム」

<引用始まり>

5) 国及び地方自治体は、平成24年11月に政府が示した「安全で快適 な自転車利用環境創出ガイドライン」に基づき、速やかに自転車レーン及 び自転車ネットワーク路線を選定し整備を進めるともに、その他の路線に おいても歩行者・自転車・自動車すべての交通の安全を高めるため、車道 における自転車走行場所を、自転車利用者のみならず、特に自動車の運転 者から視認しやすいよう明示するよう努力すること。また、複数の幼児や 荷物を安全に運ぶことができる3輪あるいはそれ以上の車輪を持ついわゆ るカーゴバイクや、障がい者が利用するハンドバイクなどが利用できる走 行空間と駐輪空間の整備計画を検討すること。

<引用終わり>



問題は”ハンドバイクの文化があるかどうかの差”だと思っています。




P5174259


P5174246


P5174234


P5174185


P5174242


P5174192


こんなのは偏見かもしれませんが、フレームの横にブランド名が有るか無いかを2分して見てしまいます。

1)ブランド名を押し出し、カード決済で購入することができるサイトがある。
2)ブランド名を出さず、購入できる方法が一般化されていない。

すなわちこれが1)海外、と、2)日本、の二つに直結するのかと。



もしや噛ませ犬の様に見られていた反面、それを覆せる要素も持ち得る。
これがニッポンなのかな、と。

機材も、走る場所も、走る機会も、限られている。だからこそ残せた結果であるという見方もできるかもしれません。

しかし、それをさらに伸ばせる可能性も十分にある訳です。何せ、何も表立ったことがわからない程なのですから。


先のウインターゲーム(シッティングスキー)のゴールドメダリスト達もそうだったと聞きました。

「機材や運営、そして旅費も個人負担をすることから始まっています。」と。

できることができない、それは体の障がいだけで十分です。
機材を得る機会、そして何しろ練習をする機会が必要だと思います。



当たり前のことですが、トライアスロンはスイム・バイク・ランで成り立っています。

とすれば、水泳・自転車・マラソン、これらの競技を確立させることで、その複合体であるトライアスロンも確立させることができるのではないでしょうか?

ということで、大変長らくかかりました。



結論は、
ハンドバイク文化を確立することで、そこからの利得を結果として残せます!

そしてその結果、
それは必ず健常の方々へ恩恵として還元できます!!



もっとレース慣れするために、マラソン大会に記録無しということでセットしてくださる。ということを、どうかお願いしたいものです。

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
弱者とはなんだ?共存