自活研in関西多様性と調和

2015年02月28日

よもやまばなし

(コメント用記事)

tetchin01 at 07:42│Comments(5)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 徹人tetsuzin   2015年02月28日 07:48
(転載しました)

ドラゴンさん
2015-02-27 07:53:49

おひさです。
元気してますか?

2月の休日2回は、ドラゴンで出勤しちゃいました。
平日も、ドラゴンで出勤できないか、確認するためです。
やっぱ途中の激坂が問題で、ハンドリムでグリグリのぼると、尋常じゃない汗が・・・・・。これでは出勤できないじゃん。ってことで、頭よぎったのが、アシスト付きアダプタ。

激安のアシスト付きアダプタってないんですかね?
また、ドラゴンのアシスト付きを、個人で輸入なんてできるんでしょうか?

あと、
アダプタ付きの車椅子は、自転車か?車椅子か?
レースタイプのハンドバイク自転車か?車椅子か?はたまた、違う新種の乗り物か?

法的な事ってわかりますか?

友人がハンドバイクで車と接触し、車椅子?自転車?自動二輪?の扱いで揉めているんです。 分かる範囲で力貸してください。
2. Posted by 徹人tetsuzin   2015年02月28日 08:26
ドラゴンさん、コメントをありがとうございます。
また、転載したことをお許しください。


>激安のアシスト付きアダプタってないんですかね?
>また、ドラゴンのアシスト付きを、個人で輸入なんてできるんでしょうか?

高い安いは個人の価値観の問題もあり、がんばってくださいとしか言いようがありません。(^^;)
また、個人輸入はあくまでも自己責任で行う以外ありません、不安については警察に確認する他ありません。
ただ、Riomovilityの製品が日本の法律に沿ったものなのか不明です。あちらに直接確認できればその道もあるでしょうし、合法である証明をもらえれば一番でしょうね。
私は販売業者さんの販売に至る経過と、アシストに関する条件を見て自分なりに判断しただけです。
なので、他の方にOKとまで言い切れません、すいません。


>法的な事ってわかりますか?

これも自分なりに解釈しているだけであり、法律家の資格を持っている訳ではないので他の方に責任を持って伝えることはできません。
ただそのうえで、直接禁止されていない自転車にほぼ類似する軽車両。短く言えば「その他軽車両」と言えるものと思っています。

(つづく)

3. Posted by 徹人tetsuzin   2015年02月28日 08:26
(つづき)

>友人がハンドバイクで車と接触し、車椅子?自転車?自動二輪?の扱いで揉めているんです。 分かる範囲で力貸してください。

これに関しても、資格を持っていない第3者ですので、紛争に立ち入ることはできません。
ただ、事故であれば事故処理をした事故証明を警察に請求することができますし、その内容に納得できないのであれば警察の方と相談された方が良いと思います。私はそれをしました。
また、損害賠償ということであれば弁護士と相談する必要があると思います。先ずは弁護士会などの無料相談をされては如何でしょうか。裁判となれば裁判所の判断に従う他ありませんので。

いずれにしても有利不利で歩行者/自転車と使い分けることはせず、「あくまでも自転車である」と主張することが、その方ご自身の為でもあり、社会の将来の為であると思います。
そのうえで、上記の通り判断をする機関の判断に従い、また、違うところは違うと伝え、誠実さをもって対応されることをお勧めします。

もし、自転車と主張することでその方が不利になるのであれば、これを機にハンドバイクも自転車であると再認識していただき、真正面から自転車と向き合って欲しいと思います。
これらの点では健常者障がい者の差はありません。

お力になれずすいません。

また、ADRという機関もあります。
http://www.kokusen.go.jp/adr/
4. Posted by どらっごん   2015年03月02日 08:01
毎度です。

回答ありがとうございます。
かなり勉強になります。

ADRと言う機関のこと話してみます。


5. Posted by どらっごん   2015年03月02日 08:01
毎度です。

回答ありがとうございます。
かなり勉強になります。

ADRと言う機関のこと話してみます。


コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
自活研in関西多様性と調和