多様性と調和eV - electric wheelchair

2015年03月01日

R246

昨日、自活研のイベントで世田谷区に行きました。

image


自活研メルマガより引用
ーーーーーーーーーー
自転車利用者が、日本を代表する幹線道路に敷設された
「路線バス/自転車レーン」を実走して評価し意見交換す
るイベントです。
【246バス自転車レーン実走評価会】
主催:特定非営利活動法人 自転車活用推進研究会
ーーーーーーーーーー

また、会場へ向かう道中でも

DSC_0298

DSC_0301

この様な表示がされ、期待が膨らみます。

いよいよナビラインの矢羽根が現れ、先ずはその1kmを往復してきました。
エプロンと呼ばれる路肩もキレイに整備され、矢羽根も路肩を覗いた幅にペイントされていて、ハンドバイクで通るになんとも安心して走れます。

ただ、路上駐車さえ少なければ・・・。

と、残念ながら画像とり忘れ。
こちらのニュースからどうぞ。

NHK NEWS WEB>
バス専用レーンの左端に自転車通行レーン
2月27日 13時05分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150227/k10015789181000.html

サイクルスポーツ>
R246で「自転車ナビライン」提供開始 サイクリストら実走評価
2015年03月01日
http://www.cyclesports.jp/depot/detail.php?id=11596

シンポジウムでの画像
DSC_0325


DSC_0308


また、実走の時間帯にはあえて参加せず、主催者側で用意していたマイクロバスに同車させていただき、バス的な視点からもその道路を見てきました。

DSC_0327


マイクロバスとはいえ、以外にも車内から見える、さらに渋滞で車が連なった道路はバスレーンで車が不在でも、狭く感じました。

せっかくできたナビラインも、それが機能しなくては意味がありません。
是非うまく行って欲しいものです。

その道が自分たちの足下まで伸びてくるまで。

tetchin01 at 14:39│Comments(0)TrackBack(0)日記 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
多様性と調和eV - electric wheelchair