懸賞横浜 = ハンドバイク

2016年01月24日

子どもから自転車を取り上げなければならなかったこと

自転車利用環境向上会議in京都からの帰り、ふと夕飯にと寄った店のカウンターで、隣に居合わせた息子さんを連れたお母さんとそのご友人とふと会話が進み、自分からも自慢げに京都に行ったことや自転車の話しをしたり。

そして、子どもから自転車を取り上げなければならなかったことを聞くことに。
その息子さんも以前は楽しく自転車に乗っていた頃があったのに今では乗っていないといと。なぜ?

補助輪から練習して、次第に上達していき自分から補助輪をワザとずらして2輪車として乗り出すようになり、ドンドン上達してそれは楽しそうに乗っていたのだそう。
でも、その上達と同時に冒険心も大きくなり、だんだんと距離が長くなり、とうとうお母さんが探せないところまで行くようになってしまったのだそう。

ここまでは自分もかつて経験した話しではあるし、結局は叱られながらも学年とともに行動範囲が広がるというのが通説だろう。

しかし、息子さんには軽中度の知的障害があるということで、お母さんの心配はより大きなものだったのだと。
一つのことに集中してしまうと周りが見えなくなってしまうこと、交通ルールなどを理解して行動していないだろうこと。
血マナコで探したのだろうなと想像がつく。

日常生活のこともあり、常に付き添うこともできないため、とうとう自転車を取り上げなければならなくなったそう。
どうして自転車を教えてしまったのか、お父さんにまでそう感情が向いてしまうほどだったそう。

その言葉の裏には、本当ならば自転車に乗せてあげたいだろう気持ちも感じられ、どうにもいたたまれない気持ちになった。

幼少期からの自転車に対する教育が制度化されていたら?
健常者も障がい者も区別無く、知る機会があったら?
理解が難しい場合でも、ストーカー(後ろに乗る人)としてタンデムが使えたら?
リーダーのボランティアがいるサイクリングのイベントに参加できたら?

まるで自転車利用環境向上会議in京都の集大成かのような話になったことに不思議な感覚に襲われた。

まだまだ絶対数が少ないことから、どうにも遊園地の遊具のようだったり、福祉的存在に扱われるタンデムやハンドバイクの車両。
乗りはじめや練習のため公道とは違う囲まれた環境での乗ることがどうしても多くなる。
でもそれは、ほんの一場面でしかない。

なぜ自転車に乗るのか?と問われれば、楽しいからと答える。
その楽しさは健常者の楽しさと何ら変わらないはずで、とすれば、教育にしろ使い方にしろ何ら違いは無いだろうと思う。

ただちょっと補わなくてはならない”こと”がある。
できないことが何か、なぜできないか、それを補う方法は。

きっと、自転車という交通の社会にどう組み込むかを考えることができれば、健常者の自転車が好きだという、あり余る情熱を少し有効活用できるのでないか。そんなふうに感じた。

お母さんには最後に、自転車に乗りたくても乗れない事情をどこかに伝えれば、きっと答えが返ってきますよ。と伝えた。

tetchin01 at 10:05│Comments(0)TrackBack(0)日記 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
懸賞横浜 = ハンドバイク