ハンドバイクと障害学と共存

2016年05月22日

シンボルマーク

自転車を袋に入れて公共交通期間を使うことを輪行と言う。
どうやら日本だけの分からしい。

ならばその文化に対するシンボルマークを作る事ができれば立派な輸出できる資源となりうるだろう。
漫画やイラストを描く人の自転車乗りが多いのだから手を取って取り組んだらおもしろいだろうに、そう思う。
いやはやもったいない。

天城越え路線、自転車持ち込みOK サイクリング人気で /静岡
http://mainichi.jp/articles/20160520/ddl/k22/040/075000c

54


記事で「車椅子利用者いる場合を除く」とあるしそう状況もわかる。

けど、何かが引っかかる。

どうせ滅多に車椅子利用者なんていないし、なんてつぶやきが聞こえる気がしてならない。
事実、そうだと思う。

たぶんこの魚の骨が刺さった感覚は、シンボルマークの表示と同等の表示がされないまま、自転車が積載されている絵から受ける、感情的な印象だろう。

車いすトイレに掃除道具が並んでいる。

昔よく見た風景が重なって見えた。
これが常識化してしまうと、シンボルマークの意味が陳腐化してしまい、非障害者が持つ意味が変わっていくと思う。

ヒステリック?

でも、この記事から受ける印象として、同等の権利が感じられない、これがモヤモヤしている気持ちだと思う。
ちょうど障害学のことを調べていたからか、真逆な印象を受けた。

自転車のことを考え、ひと席分だけ潰してつり革を増やしたけど、はみ出してしまうため、除外の項目を入れた。
まずは自転車の積載もできる事を表示した。
たったこんな対応があれば、「どーぞどーぞ」と見守る気持ちにもなれるのだけど。

タイヤの上にイスがある。
むしろ、同じ事なんだと当事者目線で思ってもらえたと。
そしてなにより、ハンドバイクをつけた車いすが利用できる、ここまでで同等なはず。

危惧するのは、じゃあ車いすマークのところは便利そうだからちゃっちゃと使っちゃえー、とばかりにたがが外れてしまうこと。かも

路線バスに車いすマークがついたその歴史を知ったとき、どう感じるのだろうか。

医療モデル、施設モデルから、社会モデルへ。
変わるためるには変えなくてはならないだろう。







トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ハンドバイクと障害学と共存