日記

2018年06月19日

走る警告

脱力。

先日のパブコメ結果が公表されています。

掲載ページ
『「自転車活用推進計画(案)」に関する意見募集の結果について』
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=155180602&Mode=2

PDF
http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000174735


3−1−1ー(3)
『3「自転車車線」設置に関する 規定の追加』

に対する回答。

ーーーーーーーーーー
計画案に対する意見>
○道路構造令「自転車車線」を規定することについて賛成する。(件数1)
意見に関する考え方>
○本計画への賛同意見として承ります。

計画案に対する意見>
○「自転車車線」について、「普通自転車専用」とはせず、多様な自 2 転車が利用できるよう十分な幅員を確保すべきである。(件数2)
意見に関する考え方>
○いただいた御意見につきましては、今後の自転車活用を推進する上で 参考とさせていただきます。
ーーーーーーーーーー

ぉぃぉぃ、多数決なら「却下」というのでは!?などと。


後の祭りというか。
まぁ、10年後くらいに「だからいったこっちゃない」とならなければいいのだけどね。

ならばというか、結果的に重なっただけのところで、こんなポロシャツを製作。
DSC_0649









同時というか、最初にこちらを注文していただけど、結局同時に入荷した。
DSC_0650








お仲間のM氏によるデザインを以前してもらっていたのを思い出し、陽の目を見させようと別注。
ロゴがなかなか良い感じでた。

なぜ、これらを作ったか。
現在、自家用車が故障し買い替えの納車待ち。
その間、ハンドバイクによる自転車通勤をしている訳で。

それで、これからの時期は汗もかくし着替えが必要。
 ↓
沢山買うなら遊ぼうか。
 ↓
あのデザインがあった。
 ↓
どうせなら、さらにアピールするか。

ということで、ハワイに行った時に見たSHARE THE ROADの標識と、日本の警告標識、さらにこのブログで使っているハンドバイクのマーク。
P1190038_4 handbike_logo2








このイメージをかき回して「ハンドバイク注意」のような意味あいで作画。

ユニクロの自作注文を利用してインクジェットプリントで製作。

背中にゼッケン風に大きく。
全面、左のポケット上。
BlogPaint



















それなりにイメージ通り。



DSC_0646



















さぁ、バリバリ走るぜ!

ただし、晴れたなら。

明日も雨、梅雨まっしぐら。(T_T)





ちなみに、標識のデザインについて、著作権に関してはこのような表示がされているので参考に。
国土交通省
「質問
  道路標識のデザインを使用したいが、著作権や許可をとる必要はあるのでしょうか」
http://www.mlit.go.jp/road/soudan/soudan_04a_04.html


tetchin01 at 22:10|PermalinkComments(0)

2018年06月01日

ヘルメット考2018

最近、ヘルメット関連のブツを諸々購入。

DSC_0631
いわゆるカスク。
どうしても、「カスク + 車いす」という絵に失礼ながら違和感があり手が出ないでいたところ、カバーがセットのものがあり、入手してみました。(自腹)
もうひとサイズ下であればもっと選択肢があったものの、大きめのこのサイズにはこの一択。
後述するイベントで販売店の方がいらしたので諸々話しをしてきました。


次に
DSC_0624
これもカスクの一種。


これらは先日行われたバイシクルシティエキスポ(http://www.rising-publish.co.jp/bicyclecity-expo2018/)に出展されていたものです。
BlogPaint


なんと広げるとクッションに早変わり。いや、クッションがヘルメットに、どちらでも良いか。
DSC_0623
目的として、脊損向けではある。
もしやのパンクや、人によっては風呂に入るとか、ただ、逆にカスクとしてどの程度の衝撃耐久性があるのか、客観的な判断基準が欲しいところ。

イベントには関係ないものの、最近のお気に入り。
DSC_0627
ヘルメット用シールド。

本当は専用のヘルメットをかう予定が売り切れ。仕方なくシールドのみの購入。
ネットで拾った情報で、百均のマグネットを貼付ければいけるとか。
おっかなびっくり、ホットボンドでマグネットを盛りつけ、シールド装着。DSC_0629

これはメガネのままでも装着可能。
ずぼらマンにはうってつけ。
もしかしたらガッチャマンみたいになっているのかなぁ?若干の羞恥心あり。



しかし、前述のバイシクルシティエキスポ。
そのテーマは「自転車を活用したまちづくりの推進」

う〜ん。
そのほとんどが普通自転車。カーゴバイクの様なものがコンセプトモデルとしていくつか。

話題の中心はシェアバイク。
しかし、講演会で出た言葉「そもそも日本人はシェアする考えが馴染まないですからね。」
文化よりも市場の方が先行する、言い換えればオカネでヒトが動かされていると言えるのではないか、そんな気持ちになり、とても疎外感を感じた。

シェアするというのは、統一されたも(普通自転車)を、決まった規格内(普通自転車車線)で、文句いわせず使う(ルール遵守)。ということなのか?

まつづくりを考えるのならば普通自転車によって劣勢になっている、カーゴバイク、タンデム自転車、トライク(三輪)自転車、ハンドバイク、事故ばかりがクローズアップされるシニアカー、これらが公平に行き交うこと自体が「まちづくり」ではないかと思えてならないのです。

このままでは、自転車(普通自転車)というバリアであり、差別がまた始まってしまう。
バリアフリーとか、差別解消とか、無駄な作業はもうやめませんか?

DSC_0618
そんな中でも、例えばこのような駐輪機材。
横幅80cmだということでハンドバイクでも利用可能なレベル。さらに設計でもっと広げることも可能とのこと。
ただし、ハンドバイクが使うような、その様な考えを持っていなかったのです。
場合によっては、急なスロープと階段という組み合わせの施設が今後も増設される可能性もあるわけで。

省庁横断が自転車活用推進法の神髄ならば、ユニバーサルデザインを設計基準に歩行できない自転車乗り=ハンドバイクがあることを配慮のスタートにする必要があるでしょう。

このことができなければ、まさに絵に描いた餅になるだろう、と言わざるを得ないのです。

tetchin01 at 09:36|PermalinkComments(0)

2018年05月10日

パブコメ

筆者本人が提出したコメントです。
文章に洗練さがないのはこの際ご愛嬌で。

主張は下記の2点

<1.ハンドサイクルの名称について>
<2.自転車車線について>

ーーーーーーーーーー
続きを読む

tetchin01 at 06:49|PermalinkComments(0)

2018年05月06日

勉強中

パブリックコメントのために読み込み。
なお、以下は個人的な意見。



DSC_0552

DSC_0553

この「自転車車線」は現段階においては危機的文言としか思えない。

普通自転車専用通行帯とは?
現ガイドラインの規制帯とはどう違うのか?
その分の車線幅を確保するため、という基本があるとは思う。

しかし、これは普通自転車では活用の機会を奪われる者にとって、普通自転車以外の自転車が差別を受ける規則である。とも言えるのではないだろうか?

あえて問いたい。普通自転車とは何か?

目に見えるもので例えれば、新虎通りを後付けで正当化するためだけに作られたもの。とも感じてやまない。

そうではなくても、たった60cmを無理やり物理的分離して確保して済ます、などという事は避ける必要がある。

これはかつて歩道のガードレールがあるために車いすが通れない。と同じ現象といえる。

普通自転車に乗る人たちも、本当にそれでいいのか?

その代償はタンデムやパラサイクリングのみならず、トレーラーや普通自転車以上の3輪構造も含み通行できなくなる、ということだけは断じてあってはならない。

なぜ、道路の憲法といわれる道路構造令に、いわば昇格させてまで普通自転車専用通行帯を明記させるのか?

その説明が不足していないか?
活用すべき自転車は普通自転車のみでいいのか?
道路をシェアすることとは何か?

一度決まってしまえば後戻りできない。
善は急げというが、ここは慎重に、利用者への説明を含めて、決めてもらいたい。


tetchin01 at 23:50|PermalinkComments(0)

2018年04月29日

パブリックコメント

さてさて、いよいよきました。
国土交通省のパブリックコメントです。

募集期間は4月27日〜5月10日。
すでに始まっていますし、期間も少しです!

この計画、何よりも「ハンドサイクル」の文字が2個あります!!

ハンドバイクか、ハンドサイクルか。良いか悪いかはおいといて。
ここは是非、ご自身で意見してください。

全てを読んで理解できるまでも時間を要すると思われますし、そこから意見をまとめるのも一苦労。
でも、いよいよ、ここから始まるわけです。もう、ひとふんばりですね。




善は急げ





掲載場所
>ーーーーー

e-Gov

ホーム > パブリックコメント(意見募集中案件)> 意見募集中案件詳細

パブリックコメント:意見募集中案件詳細
その他

「自転車活用推進計画(案)」に関する意見募集について

http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=155180602&Mode=0

ーーーー<続きを読む

tetchin01 at 11:23|PermalinkComments(0)

2018年04月14日

スタートライン

絹代さん(サイクルライフナビゲーター)のブログが更新され、4月13日に行われた国交省での自転車活用推進計画策定のための会議について記事が書かれています。

提言が出されてからはや1年、次はパブリックコメントとなる、まとめの会議だったようです。
ブログ記事↓
それなりに、日々更新
http://hurray.kinuyoworld.net/?eid=1235105

その中でも、ここは外せません。
ーーーーーーーーーー
措置のなかでは、
「障害の有無にかかわらず誰もが安全に自転車を楽しめるよう
走行環境のあり方をに検討する」とか、タンデムの解禁の検討にも触れてくれていて!
「タンデムのニーズはない」と言われちゃう状況だったところから
こんな短期間でここまで来られるのか!と感動しました。
ーーーーーーーーーー
(ブログ記事から引用)

本当にそうで、感動というよりも感慨深く、少しでもその役に立てたのであればこれ以上嬉しいことはありません。


とはいえ、あらためて考えると、

「障害の有無にかかわらず誰もが安全に自転車を楽しめるよう走行環境のあり方をに検討する」

この一言に少し言葉を尖らせれば、なぜここから自転車施策をスタートができないのか、不思議でなりません。
この言葉がなければ始まらないのであれば、誰のため、何のための道路なのか?施策なのか?自転車を利用する目的そのものが、他者を差別することを前提とした社会になってしまう。そのように思えてならなかったからです。

これでやっと社会の入り口が開いたわけで、まさにここから先の「道」を作っていかなければならない、いよいよその地点に来ました。

具体的なスケジュールは未定なものの、ハンドバイクユーザー、一人一人がその声を伝えることが必要です。

ハンドバイクを使ってしたいこと。(理想像)
ハンドバイクができないこと。(課題)
ハンドバイクを使えるようにして欲しいこと。(解決策)

日々ハンドバイクを使っている中で「ふと」上記のようなことを思ったら、ちょっとメモをとっておくといいでしょう。
日記みたいなものでもいいかもしれませんね。
せっかくのアイデアも、夢のように後になると消えてなくなることも多いですからね。

まだまだユーザーが多いとは言えないハンドバイクも、そんなちょっとしたコメントがこの先10年、20年後のことまで思えばとても大切なコメントになるでしょう。

点と点を、線で結ぶ。
自転車で、ハンドバイクで、線を引いてみませんか。

tetchin01 at 12:53|PermalinkComments(0)

2018年03月24日

ヨシアシ


アダプタ式ハンドバイクに新たなスタンドが発表された。
360度回転するキャスターがついた。

古典的な人からすると前に進む恰好のキャスターではないことに違和感も若干ある。
しかし、逆に考えれば「お尻が振れる」わけであり、使い勝手が向上することもある。

さて。一番手はドナタかな?(^^)

tetchin01 at 18:37|PermalinkComments(0)

2018年03月17日

アンケートの募集がされています

昨年5月1日に施行された「自転車活用推進法」における「自転車活用推進計画」の骨子について、国土交通省アンケートがスタートしています。期間:3月14日(水)〜3月27日(火)


国土交通省:自転車活用推進計画の骨子について、アンケートを実施します!
      〜本年夏までの計画策定に向け、引き続き検討してまいります〜
http://www.mlit.go.jp/report/press/road01_hh_000955.html

また、この次にパブリックコメントが行われるとのことです。


ただし、このアンケートによって自転車利用者が、

 「どのような種類の自転車が、どのくらい人数の、どのような考えで、」

この骨子を読んでもらえるのか、を見られているものでしょう。


アンケートの前半は以前のものと同じで回答者のニーズを聞かれます。
そこでハンドバイクを含めたパラサイクリングなどの利用者を見ることができます。

もちろん、言葉も難しく、骨子のため具体的なイメージが頭に思い浮かびづらいかと思います。

また、この骨子、一つ不思議ですが、「高齢」の言葉はあるのに「障がい」の言葉はありません。
ま、大人の事情といったところでしょうが、障害者差別解消法があり、ハンドバイクが存在する意味は本当はここなのだろうと個人的には思います。

繰り返しお伝えしますが、バリアフリーの将来のバリアを作らないため、ここから始めていきましょう。

tetchin01 at 08:52|PermalinkComments(0)

2018年03月14日

みんなで、たまには自転車交通安全の未来を語り合ってもいいんじゃないか会議

DSC_0487

行きました。

ソーシャルデザイン、プロダクトデザイン、コミュニティデザイン、ときて、、、あら。



そこまできたら、ユニバーサルデザインでしょう!



もぅ。ということで、その後も打ち上げに参加。
その筋の方に、普通自転車の普通とはなんでしょうか?などとしつこく。

しかし、そのことに賛同を得られたのが最大の収穫であることは間違いない。

初めの一歩。


tetchin01 at 01:37|PermalinkComments(0)

2018年02月18日

1771分の1

国土交通省の「第3回自転車の活用推進に向けた有識者会議」のページが更新されています。
(国土交通省の当該ページ:http://www.mlit.go.jp/road/ir/ir-council/bicycle-up/giji03.html
配付資料も各種掲載されています。

<配付資料>
議事次第(PDF形式)PDF形式
資料1   自転車活用推進計画の構成等について(PDF形式)PDF形式
資料2   自転車の活用推進に関する目標(PDF形式)PDF形式
資料3   自転車の活用推進に関して実施すべき施策(PDF形式)PDF形式
資料4   今後のスケジュール(案)(PDF形式)PDF形式
参考資料1 自転車活用推進法(PDF形式)PDF形式
参考資料2 自転車活用推進計画に関連する主要な法定計画(PDF形式)PDF形式
参考資料3 関係者ヒアリング結果(PDF形式)PDF形式
参考資料4 アンケート結果(PDF形式)PDF形式
矢ケ崎委員提供資料 自転車の活用の推進に関して実施すべき施策について(意見)(PDF形式)PDF形式
(上記webページから引用)

さすがに情報量も多く、全てを読み込むまでは行かないまでもざっと斜め読みし、ハンドバイクに関するようなところを見ることができました。(あまり強調しすぎると、結局は自分の意見でもあり、手前味噌、我田引水といったところになってしまいますが。^^;)

上記、配付資料内の「参考資料4 アンケート結果」において「15 その他の意見 (その他の意見)」の項目があり、その表数が「【合計】1771」。

注目する点は2つ。

【その1】
「•タンデム自転車やハンドバイクなど多様な自転車の利用に対するルール整備、公道走行の制度整備が必要」

票数 37

是非、抑制するようなネガティブな整備ではなく、より活用されることを考えたポジティブな整備になることを期待するところ、と同時に、利用者側からも積極的に意見をすることが必要だと思います。

【その2】
「•脊髄損傷のリハビリテーションの一つにハンドバイクを取り入れ、乗り方の習得だけではなくルールの習得などを車いす利用者も学べる施設があると良い」

票数 1

スポーツにもなり、移動手段にもなる。受症から社会参加するまでの間に経験しておいて間違いのない知識と技量が身に付くととなると思います。その分、レーンの整備などインフラが追いつく必要があるはずであり、この様な社会とのつながりこそが単に車いすに慣れるだけのリハビリから「脱・施設モデル」=「社会モデル」となる一部だと考えます。



なお、3月から4月には推進計画の原案が示され、合わせてパブリックコメントの募集がされるとこのと。

日本においてハンドバイクが社会の一員になるための一歩を踏み始めた、まさに夜明け前です。
普通自転車の動向も合わせてお互いに「対岸の火事」とならないよう、もう少し注視する必要がありますね。

tetchin01 at 11:48|PermalinkComments(0)