サイクリング

2008年09月28日

飛行機で輪行、釧路湿原へ5

ハンドサイクルを片手に釧路湿原へ行きました。念願の飛行機での輪行です。

釧路空港釧路空着







釧路路肩2ホテルへの道中で







ちまみに釧路のドライバーは車道の自転車苦手なよう。
雪の季節があるため、すり抜けのスクータが居ないのが影響しているのだろう。タダでさえ大げさな追い越しかたをされているけど、軽自動車でさえ、さらに輪をかけて1車線以上空けて横を抜けていく。なんか屈辱的。
釧路路肩更に路肩







また、雪解け水のハケを良くするためか、側溝のふたは大きいし、掘り込みが深く3輪のハンドサイクルにはキツかった。ほとんど落とし穴的存在。
せっかくの北海道。もっと大手を振って走れるのかと思ったけど、さほど首都圏と変わらないじゃないか。
釧路自転車道更に自転車道(?)







ならば自歩道は走りやすいのかと、入ってみると、傾斜・凸凹・車道への擦切りどれをとっても大雑把。とても3輪では走れん。
歩道上の”自転車道”を見た。これは学校の近くだったけど、だれも気にはしてない。自歩道と同じ。追々こんな作り方で歩道に追いやられたら嫌だな。
阿寒釧路自転車道いざ、釧路阿寒自転車道へ







阿寒釧路自転車道2景色もいいなー、香りもなんとも。







釧路ソフト謎の物体







釧路丹頂鶴牧場のカタワラで







釧路牛横断注意帰りの峠道で







釧路湿原3釧路湿原の木道







釧路湿原2更に木道







釧路湿原1おっとコース内に未舗装が







釧路ゴミ箱ある商業施設で見かけたゴミ箱








・・・、日は変わって群馬県で走行
新幹線にも乗り、ハンドサイクルの集まりがあったため、群馬県高崎市に行きました。(^^)

自歩道1高崎市内の自歩道







自歩道2更に高崎市内の自歩道








高崎市は自転車推奨をしているらしいのだけど、それは用水路などをコースに取った自転車道の整備が中心らしく、市街地は似たり寄ったり。

特筆すべきは車道の路肩が少ない、っつうか無い。

自歩道の整備はかなり行われていたが、車道は2輪車でも追いやられてしまうのではないかと思う。ライン1本分も無いし。
ハンドサイクルじゃ、ほぼ自殺行為。でも行った。行くしかない。

tetchin01 at 12:55|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2008年06月17日

以外な答え

ハンドサイクルは作らないんですか?と尋ねたところ、「めんどうで」ってそれだけ?もったいないなー。
前からおいらは主張していたことではあるけれど、後輪の前だしが当たり前の昨今、セットバック(後ろ出し)が良しとされるアダプタタイプのハンドサイクルとの相性は最悪なのである。
それ故、空転して走れない。この関係を把握して設計すれば、問題無く、さらに良いモノができると思うのだが。


tetchin01 at 20:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年04月29日

車道は誰のものか

先日読んだビジネス雑誌に自転車に関する記事が有った。やはり皆さんメタボ対策?何だ同じじゃん。乗ってるねぇ流行に(笑)ってぉぃ

その中でも最後の"ジュニアスポーツ車”についての言葉が気になる。やばい衝動が抑えられない。

で、読み始めた。

その本は「それでも自転車に乗り続ける7つの理由」疋田智著

まだ読破できてない状態で書き込むのも失礼だとは思ったけど、途中まででも久しぶりに強い思い感銘を受け、これは伝えなくちゃならんと書き込みに走った。旅番組とかで一口入れただけで美味いと大声張り上げているかのようで恥ずかしいけど。(笑)

上のジュニアスポーツ車のページはもう保存版って感じ。おいらより上の時代からのことが書かれていて、フンフンと博物館気分を味わえた。更に自分は絶滅寸前のリトラクタに憧れていたんだと思い出した。

しかし、これはコメディな部分としてよだれをたらしたけど、この本の本質はこんなところではなかった!

ママチャリの存在、車の代用としての自転車、諸外国の自転車事情、そして日本の自転車事情。

前から薄々感じてはいたけど、真面目に調べてはいなかった自分が恥ずかしいくらい。
まさにこんな改造だなんだなんてやっていた間、こんなことが繰り広げられていただなんて。

ニュースから「自転車が歩道を走る様に法律を作る提案が」なんてのは聞いていた。正直、どこまで影響を受けるのかわからなかったから他人事のように思えた。

実際の話、ことアダプタ式のハンドサイクルではバンク角が付くと転倒しやすいから車道走るのは面倒だな。歩道整備してくれんならその方がいいかも。なんてお気楽に考えていたけど、そんなんではイケナイことだった。

こんな考えのままでは「車道に下りることが悪いこと」にされてしまうところだった。だって車道に下りることができなくなってしまうということは歩道を走り続けなくちゃならない。

整備されているところはいいよ。むしろ安全かもしれない。しかしだ、ガードレールだけだったり、中途半端なドブだと行き詰るんだよね。すればドウに掛かったうなぎの如く身動きができなくなる。
自分だけの乗り心地の問題ならともかく、更に歩行者に危害を加える悪玉へと変身させられてしまう。歩道のみを走って歩行者にぶつかるなって方が難しい。だって予測不能だもの。じゃあずっと徐行?それじゃーねぇ。

って車道禁止だとこれが普通になってしまうってことだ。

ただ、まだ今はまだ考えたいのは「ハンドサイクルの自転車としての立ち位置」
性能や使い方がまだ2輪の時のような感覚にならない。もう少しって感じなんだけどな。

しかし普及させることだけに目が捕らわれて足元を見ていなかった。
もっともっと外に出て、ハンドサイクルって自転車もあることを見てもらわなくては。なんてね。

願わくは、道路に普通にいる自転車の中に普通にハンドサイクルもいる。

これだけであり、ここから。

もうちょっと調べたりして自分の考えもまとめないと支離滅裂な文で終わってしまうので、ここまで。

なんかこのところ、ブラックバスの話とか六ヶ所村の話とかリサイクルの話とかこの自転車の話とか、何が本質なのかを考えるなんてことに興味がわき、そのことを考える機会が増えた。なんだかなぁ

tetchin01 at 21:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年01月14日

とあるどんと焼き3

645dc0fa.JPG久しぶりの書き込み。

去年末から再開したサイクリング。
いつものコースを通りかかるとどこからとも無く太鼓の音が・・・。
いつもはちびっ子サッカーでにぎわってるグランドで地域の町内会でのどんど焼きが行われていた。

そこに地元の方なのか招待なのか、和太鼓演奏が行われていた。
周りの民家や雑木林からもコダマする音の波動に感動。
久ぶりに生の音に触れ、気持ちよかった。

tetchin01 at 08:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年08月28日

1月分まとめて投稿

いやいやいや

今日になってやっとの書き込み。
今まで何やってたかといえば、毎週末サイクリング。

先ず1週目は、今年の目標にしていた江ノ島を目指して自宅から町田に回り、そのまま江ノ島まで一直線に南下。
目標にしていたなんていいながら、その日の朝にやっていたニュースで江ノ島の映像を流していたので、ついその気になって思いつきで行ってしまった。
帰りは思いつきの故地図も無く、そのせいで道を間違え、通りがかりのバイク屋の方に地図を見せてもらい急場をしのぎました。考えてみれば携帯で見れたのかと思ったけど、ま、これがコミュニケーションてやつさっ。なんて。
結果、往復83km。7時間。

2週目は無駄なく江ノ島までの往復64km。6時間。

3週目は100kmを目指し江ノ島から馬入川まで南下。
往復98km(あれ?)。8時間

4週目は江ノ島を基点に北上。鎌倉を通り逗子マリーナまで。
往復106km。9時間

最後、先週5週目は鎌倉を目指したが、昼に出発してしまったため時間が足りず江ノ電沿いに走り、途中の商店街のお祭りを見学して帰路につく。がその時点ですでに19時。川沿いのサイクリングロードは暗いし誰もいないし、寂しかった。予測はしていたので、ライトをいくつもつけていたので、走りには支障が無かったけどね。
往復76km。行きは海風の向かい風に遭い、寄り道も含め、平均が上がらず9時間。

毎回、到着するとベッドにも上がれなくなるほど放心状態。
んで、書けなかったのであります。(^^;)

次は電車を併用しての遠征ですな。ちょっと肉体疲労UP気味。
でわでわ

tetchin01 at 21:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年05月27日

サイクリング依存症4

今週もいい天気っ。

先日の飲み会の疲れもなんのその。二日酔いをおそれて早めに帰宅して正解。
またも改造も宿題もそっちのけ。KIDで快走。

ただ、テンショナーないしディレーラーが無いせいか、張りを調整しても段差の衝撃で揺れた時の拍子にチェーンが外れる。すぐに直るけど、やっぱ面倒。
それにも増して、やっぱりスピードが欲しくなってきた。そろそろ、改造時かな?

ディレーラーハンガーをどうのこうの考えていたけど、シマノのSAINT、これってなにげに良いな。シャフトに直付けってのがなんともいいね。強度も増化。タイヤからアームが飛び出る構造になるから、願ったり叶ったり。

それと物欲満点なディスカバリーチャンネルのレースウエアがメーカー在庫切れとか・・・。残念。あの地球がなんとも引き込まれてしまった。

ちなみにこれはいつものコース。緑のトンネルがなんとも言えん。
今度は早朝走って緑の香りを感じてみようっと。
地元コース1

tetchin01 at 22:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年05月20日

レンチを置いて青空の下へ5

今日は天気が良すぎで改造はそっちのけ、2時間走るつもりが気が付いたら4時間走ってました。

交通安全週間の最中、マラソンの給水所のように点在するテントをチラ見しつつ、駅前含めて市街地散策も堪能。

KIDだから平均10km/h未満。のんびりいい気分。

んで思ったのが、ホームコースは半分が桜並木が続く10kmの先クリングコース。
市街地のチョイドブ川なとことだが、途中5km地点で車椅子トイレもあるし、なかなか良いコースに思えてきた。
ここはイッチョ神奈川のイベントでも上げるかっ。
んがしかし、車止めがあるのでアダプタタイプのみのというのと、アップダウンがかなりあるのでマウンテンドラブ相当が必須だけど・・・。(^^;)ただ、田んぼの横に駐車できるし、インターからさほど遠くいないし、コンビにも程よくあるし、牛乳の自販もあるし、道が狭いけど少人数なら楽しめるぞぉ。

多摩湖のコースとか、湘南とか、鎌倉とか、逗子とか、西湘とか、小田原とか、箱根下りとか。結構メジャーなところでも思いつくところは結構ある。

早いところKIDを完成させていかなくてわっ。

でわでわ

tetchin01 at 23:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年04月28日

ラポールに行ってきました3

今日は「ハンドサイクル講習会in横浜ラポール」へ行ってきた。
脊損十ン年。今更ながら初めてラポールを利用した。(^^;)なかなか充実した施設ですね。雨の日とかは使い出があるし、なんと言ってもあそこなら仕事の帰りに寄れる。

それはさておき、参加された皆様お世話になりました。
初めて乗ってる皆さんがとてもほほえましく思えました。
横浜だと長距離乗れるコース探すのが難しいけど、もし買う人いたらきっと楽しい日々が待ってますから、一緒に楽しみませう。

ラポールの周りならいくつかコースが作れるから、イベントも打てることでしょう。
ただ事故が怖いから10人以下の少人数がいいかもね。

明日は渡良瀬とのこと。皆さん楽しんできてくださいねぇ。(^^)/~

tetchin01 at 22:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年02月13日

脱冬眠したい宣言

 正月休み以来久しぶりのハンドサイクル走行。ダメすぎ。5kmも走って息が上がってしまった。
ぐうたらしすぎたなぁ。やっぱ週一は最低限乗らなくちゃ。江戸川のときも全く乗っていなかったから目を回したんだろうな。
 最近また改造用の部品調達のためにネットサーフィンばっかりだったし、もう少しは体をいじめなくてはっ。

tetchin01 at 21:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年01月16日

ナイスなスズメ

92960aaf.JPG先週だったけど、河川敷で見つけた車止めのオブジェ。
なんかいいよねぇ。

tetchin01 at 21:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)