ハンドサイクル

2008年10月01日

ハンドサイクルの社会的立場4

ようやく自分の中のハンドサイクルに対する考え方がまとまり、嬉しさのあまり同じ文面をさまざまなところにマーキングしている。(^^;)

----------

先日の北海道行きから、釧路をひた走りながら考えていました。釧路の居酒屋で車椅子で入れないところが多い。(笑)居酒屋に限ることは無いのですが、一昔前では首都圏でも車椅子で入れない施設が多かったものです。しかし、今回は鉄道から空路まで使って車椅子一人でも釧路まで来ることができました。

疋田智さんという方の著書「自転車に乗る7つの理由」のなかで「日本には車輪の文化が無い」と書かれていたのですが、はたして文化が無いのでしょうか?古くは大八車、馬車、荷車、戦車まで、車輪の文化はあったと思います。無くなったのはその車輪を持った車両そのものではないでしょうか。

そして、よくよく考えてみれば他にも車輪の文化がありました。私達が毎日乗っている車椅子。これこそ車輪の文化の一つだということを忘れていました。朝起きてから夜寝るまでどう転がすか考えているものですから。

しかし、以前は車椅子を活用させる環境は施設内程度の極限られた範囲でした。現在は交通バリアフリー法という決まりまででき、交通機関に歩行者としての立場から車椅子のあり方が社会性を持ちました。

そのバリアフリーに関する法整備のお陰で、スロープやエレベータ、歩道の摺り切りが整備され、車椅子が移動しやすくなったことは勿論ですが、その副産物としてそれより活動の幅が増えたのはベビーカーや運送業者のキャリアカー、はてはビジネスマン・ウーマンのキャリアカートが増えたのもこれが影響したのかもしれません。

そう考えると、ハンドサイクルが自転車世界の中で最大公約数になりえる存在だと思います。なぜかといえば、最低限ハンドサイクルが活用できることを条件に掲げることができれば、大抵の自転車が走りやすくなる環境が必然的に出来上がるものと強く思っています。

そのことにより、ニホラのような3輪のものも走れ、そこから降りた幼児も親と一緒に自転車で走り、そのうち友達と自転車で走るようになる。大人になりメタボを気にしてまた自転車に乗り出す。(笑)もし不慮の事故にあって車椅子になってもハンドサイクルでまた走り出す。

お金をばら撒くよりもより効果的な福祉であり、少子化対策であり、はたまた環境問題対策に成り得るかもしれない、などと考えます。

また交通バリアフリー法の趣旨には、
 高齢者、身体障害者等の公共交通機関を利用した移動の利便性・安全性の向上を促進するため、
I.鉄道駅等の旅客施設及び車両について、公共交通事業者によるバリアフリー化を推進する。
II.鉄道駅等の旅客施設を中心とした一定の地区において、市町村が作成する基本構想に基づき、旅客施設、周辺の道路、駅前広場等のバリアフリー化を重点的・一体的に推進する。 と、あります。
兇魍搬膕鮗瓩靴疹豺隋▲魯鵐疋汽ぅルを活用し居住地から駅・駅から駅の間を行き来するために積極的にハンドサイクル(自転車)を走らせられる整備をしなくてはならない。そんな可能性を持っているものだと考えます。

すると、その副産物として、2輪の健常者が乗る自転車の環境が整い、それに対応したルールの見直しがされる。

本来、道路がどのような基本理念に基づき整備されているのかも含めて考えなくては、道交法を見直すということの本筋を捉えることができないのではないかと考えます。

現在はハンドサイクルそのものが高価であるため、今だ持ってマイナーな乗り物であり、ヤモすればタンデム車と同様に交通手段として否定されるかも知れません。そのタンデム車でだって視覚障害者が乗ることができる自転車なのですから、交通手段としては有効だと思います。

しかし、ママチャリを最大公約数にすることによって起きてしまった不具合を考え直すとき、ハンドサイクルがその基本軸を少しでも変える役割を持っているものと考えます。

自転車そのものも市民権を得たいと思っているなか、ただその根底にハンドサイクルがいることを想定してもらえることによって、より幸せな世の中を享受できるものと考えます。

なんてね。でわでわ。


tetchin01 at 23:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年09月28日

飛行機で輪行、釧路湿原へ5

ハンドサイクルを片手に釧路湿原へ行きました。念願の飛行機での輪行です。

釧路空港釧路空着







釧路路肩2ホテルへの道中で







ちまみに釧路のドライバーは車道の自転車苦手なよう。
雪の季節があるため、すり抜けのスクータが居ないのが影響しているのだろう。タダでさえ大げさな追い越しかたをされているけど、軽自動車でさえ、さらに輪をかけて1車線以上空けて横を抜けていく。なんか屈辱的。
釧路路肩更に路肩







また、雪解け水のハケを良くするためか、側溝のふたは大きいし、掘り込みが深く3輪のハンドサイクルにはキツかった。ほとんど落とし穴的存在。
せっかくの北海道。もっと大手を振って走れるのかと思ったけど、さほど首都圏と変わらないじゃないか。
釧路自転車道更に自転車道(?)







ならば自歩道は走りやすいのかと、入ってみると、傾斜・凸凹・車道への擦切りどれをとっても大雑把。とても3輪では走れん。
歩道上の”自転車道”を見た。これは学校の近くだったけど、だれも気にはしてない。自歩道と同じ。追々こんな作り方で歩道に追いやられたら嫌だな。
阿寒釧路自転車道いざ、釧路阿寒自転車道へ







阿寒釧路自転車道2景色もいいなー、香りもなんとも。







釧路ソフト謎の物体







釧路丹頂鶴牧場のカタワラで







釧路牛横断注意帰りの峠道で







釧路湿原3釧路湿原の木道







釧路湿原2更に木道







釧路湿原1おっとコース内に未舗装が







釧路ゴミ箱ある商業施設で見かけたゴミ箱








・・・、日は変わって群馬県で走行
新幹線にも乗り、ハンドサイクルの集まりがあったため、群馬県高崎市に行きました。(^^)

自歩道1高崎市内の自歩道







自歩道2更に高崎市内の自歩道








高崎市は自転車推奨をしているらしいのだけど、それは用水路などをコースに取った自転車道の整備が中心らしく、市街地は似たり寄ったり。

特筆すべきは車道の路肩が少ない、っつうか無い。

自歩道の整備はかなり行われていたが、車道は2輪車でも追いやられてしまうのではないかと思う。ライン1本分も無いし。
ハンドサイクルじゃ、ほぼ自殺行為。でも行った。行くしかない。

tetchin01 at 12:55|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2008年08月17日

銀座と通りと自転車と4

今回は下町廻りとして浅草中心に行ってきました。
そして、雨に降られました。(T-T)

コースとしては、大手町から砂町に行き両国を抜けて浅草から押上へ。

ちょうど昼食時間で砂町銀座へ。商店街を一通り眺めて、銀座ホールなる食堂に入ることにした。味噌カツ丼を食す。むむむ、なんと飯の中にエビフライがひとつ、憎いねぇ。付いてくるトン汁もボリュームがあり満腹満腹。とは言いつつもさっき見た焼き鳥屋が気になる・・・。食べてしまった、軟骨とサザエとシロの串を。ふぅ、商店街は食べ歩きできるところが何とも、(^^)b

あの秋葉原によりたかったけれど、雨が降ってきたので両国に向かう。移動中に雨足が強くなってきたので通過しただけ。車が少なくて良かったのに残念。

次は浅草。とりあえず花やしきに向かって行く。
中を覗けないのね。花やしきの中で響く歓声を聞きながら外周を回って、浅草寺へ。
入り口からの参道は人が多いのと、さすがに自転車禁止だったので裏から回った。おっ、お堂に入れるエレベータがある。今年も正月にちゃんと祈願できなかったので、ここぞとばかりにお堂へ。お守りやらおみくじやらは今回はあきらめ、お賽銭とお参りだけした。お線香の煙も人だかりが多かったので遠巻きにその空気だけ感じて、浅草寺を後にすることにした。

押上駅。エレベータの入り口がわからない。階段の入り口の案内によると、交番よりの他の入り口かららしい。回ってみると、再開発中のようで、ちょっとおくばった入り口にエレベータがあった。濡れた服を交換しつつ帰路についた。

商店街といえば「銀座」が付く通りの商店街。
検索するとそれをブログにしている方もいらっしゃるようですね。
おいらもそれに便乗して、輪行で行けるし銀座通りを回ってみよう!と決意をあらたにできるテーマができた。むふふ。食べすぎには注意しないと。(^^;)

自転車で回るとなると、商店街が面白い。いや、商店街だから自転車が面白い。
ママチャリ文化と深い関係があると見た。商店街が衰退し、郊外大型ショッピングモールが拡大した。そんな背景を考察すると。

    商店街+ママチャリ vs ショッピングモール+オートマ車

こんな対象物の因果関係の仮説はどうかな?
へ理屈は後日考えるか。

でわでわ


tetchin01 at 21:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年08月10日

新松田駅5

今回は酒匂川サイクリングロードを走ろうと、ハンドサイクルと共に小田急線新松田に降り立つ。

前回断念した御殿場線松田駅を視察。やはりホームへは階段での移動であった。聞いただけだけど、御殿場だけ車椅子に対応しているだなんて。どうせならあと両端の国府津と沼津だけでも作ってもらえれば、ハンドサイクルでも移動手段として使えると思うんですけどね。
金太郎祭り
ちなみに前回見かけた金太郎祭り。






酒匂川起点
で、新松田駅からすぐにサイクリングロードを下ってしまっては短いかと思って、とりあえずサイクリングロード最上端まで行ってみる。





鮎釣り人が多いなぁ。そんなこんなで思ったより早く最上端。更に上の方まで道が続いていたので進んでみると、バーベキューしている人たちでにぎわっている。いいなぁ。
いい香りの煙を切って進むと小田原と御殿場山北との標識。ムラムラと山北方面への挑戦欲が沸きあがったけど、ぐぐぐっと飲み込んで小田原方面へ南下。もと来た道を戻るだけじゃつまらないと国道を走る。途中スタートの新松田駅方面へ曲がって向かうとガードレールの続く道。更に車道の幅も狭い。こうなると、もうどうでにもなれと開き直るしかない。昭和の香りのする道だ。
酒匂川道中1
再び酒匂川に戻り下流へ南下。







先日ネットで気になった大井町のそば屋へ向かう。途中、開成フォレストスプリングを発見。先日は電車から見ていたけど、これなら輪行でも来れる。うっしっしっし。
川原から国道へ移り、店を見つけるも駐車場が埋まっている。やーめた。そのまま国道を南下。特に名物でもないかもしれないけど、雰囲気のよさそうなそば屋を発見。なめこそばとミニ野菜天丼を頂く。まんぷくまんぷく。国道一号線手前で杉の木に囲まれた神社が気に掛かり境内へ。自治会館や公園まで一緒になった場所で誰一人居ない寂しいところだったけど、囲まれた杉の木の四方から響くセミの鳴き声を聞いて、そのうちセミの声が気にならないチャンネルが脳内に見つかると不思議と静かなのである。すごく久しぶりな感覚。

そのまま国道1号から海沿いを早川港へ。
早川港JAZZ早川港JAZZ2
おや?何処から音楽が?






おっとガード下で一人サックスとCDでセッションしている。漁港でJAZZ、いいかもしれない。しかし今日は時間が無い。ぽちぽち写真を撮り出発。

早川港の港湾内に入る。結構釣りできそうじゃん。寒くなったらイカ釣りに来ようっと。
小田原駅に一直線、帰路に向かう。改札を通ると急行あるじゃん。これ幸いと乗り込み今日降りた新松田を過ぎたら先ほどの満腹感のせいか睡魔が。車だとこれが怖い。しかしここはとウトウト。あっちゅう間に到着。本日の日程終了。

〜〜〜〜〜

6月からドキドキではじめた輪行。
最初は田園都市線から始まり、横浜線、八高線、小田急線と神奈川県西を中心に構想範囲を拡大中。
車椅子の電車での移動自体もさほど慣れていなかったので、なんだか「特訓しないとだめだ」とばかりにこのところ週末は輪行兼ねて電車で移動しているのである。

車で移動するのは好きだったし、短時間に移動できる場合が多いので自分の中では「有意義」だと思っていたけど、「たまにはどこかに」なんて思うと、駐車場の都合が付かずに目的地の目の前で引き返すなんてことがあった。

ところが輪行は鉄道の行動範囲とハンドサイクルの行動範囲が足され、車での移動範囲とは違う未体験を味わえる。

とはいえ、田舎に行こうとすると、その駅が未対応だったりするので事前調査も一苦労するのである。だいたい適応範囲が見えてきた気がするけど。階段を車椅子にハンドサイクルも持ってもらうってのは何処まで対応してもらえるのかチュウチョしてしまうし・・・。

次は八高線で更に北に向かってみたい。

でわでわ

tetchin01 at 21:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年06月18日

疑問、不安3

交通計画素案パブリックコメントの自転車政策についての意見に対し、「今年施行される歩道走行の緩和などについても」と答えてしまっていることからも、今回の法改正に絡む一連の問題(車道の自転車通行禁止論)については、例の事の深意が反映されていないとも受け取れる。
さらに、都市交通手段における自転車の速度についてどのように受け止められているのかも不安が残る。車道を当り前に走れず、脇道のたびに止まり、それでも車との事故の危険があり、歩行者との事故の危険まである。本当にこれだけで良いのかな?車道走行の原則は?続きを読む

tetchin01 at 21:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

復習から、レポートとして問題提起3

この入院中、今一度「〜7つの理由」を読み返した。
おいらが思い悩んでいたことが最後の最後に触れられていた。p280終りからの「〜少なくとも、低速車、高速車の両者が共存できるように画策せねばならんし、〜」と。
読みが浅かった。行数は僅ながらに理想像は存在していた。さすが。
やっぱりママチャリであれ、ハンドサイクルであれ、車道上の自転車レーンを一方行に突っ走って、さらにはその列への入り方のルールやマナーができあがる。ここは、そんな未来を描こうと思う。続きを読む

tetchin01 at 21:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年06月17日

歩行者というだけで良い?3

っとここで再び、例の車道の話と照らし合わせてみたい。
6km/hというのは3輪カートと同じ歩行者扱い。
一方、ハンドサイクルはあくまで自転車と主張すれば軽車両だから30km/h。とは言え、実際に出せるのは20km/h位だけど、この差はちょっと大きいでしょう。さらに歩道か自転車レーンかの差もある。それなりの条件さえ揃えば、車椅子使用者でも、かなりの自動車使用を代用できる乗り物である。
確かに電動も自走車椅子が困難な場面に於いて、相当アリな乗り物ではある。
なので、どちらかではなく、是非とも平行した開発を期待したい。

tetchin01 at 20:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

電動でスポーツ?

しかし、スポーツタイプってなんのスポーツを模倣したものなのか。3輪でモーター駆動のレース。おいらの知らない何かがあるのだろう。公道も走れないなら、ま、いっか。
で、アダプタ式のものはスピードとか大丈夫かと聞くと、6kmで合法なそうだ。そうか3輪バギーと同じか。車椅子を手で漕ぐのより早いかな、駅までとかいいね。ちょっと重そうだけど。


tetchin01 at 20:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

以外な答え

ハンドサイクルは作らないんですか?と尋ねたところ、「めんどうで」ってそれだけ?もったいないなー。
前からおいらは主張していたことではあるけれど、後輪の前だしが当たり前の昨今、セットバック(後ろ出し)が良しとされるアダプタタイプのハンドサイクルとの相性は最悪なのである。
それ故、空転して走れない。この関係を把握して設計すれば、問題無く、さらに良いモノができると思うのだが。


tetchin01 at 20:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ハンドサイクルの魅力

先日、今入院中の病棟にたまたま某車椅子メーカーの面々が真新しい器具を付けてやって来たのに出くわした。
電動の前輪ユニットで、アダプタ式のモノとスポーツタイプとして一体型のモノだった。12インチ程の太タイヤにモーターでベルトを駆動していた。アダプタもシュトリッカーのそれとは違い、改良の苦労がうかがえた。
楽そうだね。でも・・・

tetchin01 at 18:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)